ヒロアカのネタバレ299話!憧れた俺の原点

ヒロアカのネタバレ299話

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)299話のネタバレと感想の記事になります!

前回は、ヴィランとの戦闘後のヒーロー達の様子が描かれました。

デクがまさかの目覚めないという展開に…!

死柄木やAFOの、そして世に出た囚人たちの動向も気になりますが…デクは大丈夫なんでしょうか?

今回は、2021年2月1日発売の週刊少年ジャンプ2021年9号に掲載された299話について解説していきます。

そして、2021年3月27日からはついにヒロアカの5期が放送開始!アニメ版でもヒロアカは盛り上がりを見せること間違いなしです!

 

【300話】はこちら<<◆>>【298話】はこちら

 

ヒロアカのネタバレ299話までのあらすじ

298話までのあらすじはこんな感じです。

  • 脳無たちが7カ所の刑務所を襲撃
  • AFOの回復の為に囚人たちを利用
  • 爆豪目を覚ます
  • デクが一向に目を覚まさない…!

デクだけが目覚めないというのも何だか死柄木と被りますね。

ではここから、【ヒロアカのネタバレ299話 邦画の辛いヤツ】の内容を考察していきたいと思います。

ヒロアカのネタバレ299話の注目ポイント

そして299話の注目すべきポイントはこちら!

  • タイトル名
  • ぶっ壊れていた家庭
  • 「鷹見」との関わり
  • ほつれ
  • 俺の原点

以上、5つのポイント!

このポイントの内容を含めて詳しく解説していきますね。

ヒロアカのネタバレ299話のタイトル名

ヒロアカ299話のタイトル名は

「邦画の辛いヤツ」

今回はホークスの過去の話から始まります。

謎多きホークスでしたが、今回幼少期の彼の話が描かれることに!

ヴィランに潜伏していたホークスの過去に何があったのか、そして誰を想い、どう行動したのか、その様子が描かれます。

ヒロアカのネタバレ299話

ぶっ壊れていた家庭

幼少期のホークスは、街から遠く離れたボロ屋で両親と共に暮らしていました。

父は金欲しさに人を殺し、逃走中に出会った母が匿いホークスが生まれた。

自分が捕まることを恐れていた父はホークスが家を出るだけで喚き散らす。

母親の個性に頼ったのがいけなかったのか、いやホークスが生まれなければ…とブツブツつぶやく父親。

「俺はまだ自由だった!!」

そう叫ぶ父親の横で母親はただ、逃げないでねとつぶやくだけ。

自分の両親はブッ壊れている、ホークスはそう感じていました。

そして自分はこうならないと、エンデヴァーの人形を抱きしめじっと耐えていました。

そんな日々にある変化が訪れます。

父親が車を盗んで捕まったというのです。

しかも、エンデヴァーに。

その瞬間、テレビの向こう側だった架空の存在のヒーローが、現実になった気がしたホークス。

ヒーローは本当に実在したのだ!と。

「鷹見」との関わり

ホークスが喜んだのもつかの間、母親は父親を匿っていた罰を恐れその日のうちにホークスを引き連れ家を出ました。

しかし母親に生活能力があるわけもなく、すぐに露頭に迷います。

そんな中ホークスは正しくあろうと、母親に警察に行くよう促します。

しかし母親は何でもいいからお金を持ってこい、と言いました。

「何の為に生まれてきたの。何の為にその羽根がついてるの。」

そんな二人に接触してきた公安は、家族ごと全面支援すると申し出ました。

その代わり、「鷹見」との関わりを一切抹消し新たな人生を歩んでいただくと。

こうしてホークスは公安に保護されることになったわけですね!

 

ホークスの過去や基本情報

 

そして回想は終わり、うたた寝をしていたホークスはベストジーニストの声によって起こされます。

「良かった。寝たか死んだかわからん。」

頭には包帯を巻き、口を覆うように大きなマスクをつけたホークスを心配するベストジーニスト。

ジーニストの運転で2人はある場所に向かっていました。

ほつれ

会話をすることが難しい様子のホークスは携帯の音声を利用し会話し始めます。

「すんません、俺だけ快眠して。」

セントラル病院の医療技術がなければホークスはいまだ死の淵を彷徨っていた。

そして同じ病院で脳無から着想を得たという仮死状態にする手術を受けていたベストジーニスト。

「おかげで今も身体はボロボロのダメージデニムのようにな!」

ヴィランに潜入するために下手な細工じゃごまかせないと思ったホークスは、セントラル病院での仮死状態手術を成功させたジーニストを荼毘の元に届けた。

遺体の鑑定ももちろんパスし、荼毘も信じ込んでいました。

そして奴らはこの遺体を効果的な場面で使うべきだと、遺体の共有保管を提案してきた。

その後ヴィランの息のかかった施設で保存されたものの、こっそり蘇生させていたホークス。

あのバッグの中の遺体は本物だったんですね!

 

ベストジーニスト死亡説について

 

そんな話をしていた時、ジーニストは急ブレーキをかけます。

「ほつれ(トラブル)がみえた。」

ベストジーニストは急発進し、商店街で暴れるチンピラを一瞬にして捕えました。

助かったと喜ぶ市民に、警察と管轄のヒーローはと問うジーニスト。

しかし、市民は暗い顔で来ないと答えます。

警察は脱獄の件で手一杯、ヒーローは批判の的にされるや否や事務所を畳み逃げてしまったというのです。

中にはヒーローなんかいなくても…と呟く市民も。

その光景にジーニストは、ここもか…と思いつつ自分のサイドキックを配置すると提案しました。

その言葉に大喜びする市民たち。

俺の原点

ホークスは回復し表に出る前に、確認しておきたいと母親が住んでいるはずの家を訪れることに。

しかしそこには誰もおらず残されていたのは、家のことをおしえろと怖い人たちが入ってきて話してしまったという母親からの手紙のみ…。

「鷹見啓悟」の名は、公安の指示であの日さよならしたはずだった。

「…やっぱ漏れるとしたら母さんだよなぁ…。」

ため息をつくホークスに、ジーニストはキツイなと声を掛けますが、ホークスはその言葉を否定しました。

「鷹見」の抹消は、自分と母親の関係が消えるという事、そしてそれでいいと思った。

救うのではなく見限った、人を助けたいという人間にそれが返ってきただけの話でむしろスッキリすると話すホークス。

公安は実質機能停止状態で自分に指示を出す人間はいない。

「縛るもんが、なくなった。」

昔外に出たいと駄々をこねたホークスに、父の目を盗んで母は彼の手を引き買い物に出た。

オールマイトは高いから、と500円で売られていたエンデヴァ―の人形を買ってくれた母。

ホークスはその時のことを思い出しながら、ジーニストに話します。

追い詰められたとき自由を得たときに人の性が表れる、だからトゥワイスも良い奴だった、と。

「俺もそうありたい。」

荼毘の語った轟家の話が本当だとしても、きっと今は違う。

どう動くかと聞くジーニストにホークスは片付けなきゃいけない事が死ぬほどあると答えたホークス。

「まずは俺の原点から…エンデヴァーさんが困ってる。」

決意を胸に、ホークスが動き出すのです!!

ヒロアカのネタバレ299話 まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の299話のネタバレと感想について書かせていただきました!

今回はホークスの話が詳しく描かれました。

ホークスの両親、そして公安との出会いまでが明らかになりましたが、家庭環境はひどかったですね…。

治療を受けたといっても喋ることも大変な様子でしたが、ひとまず動けるようになったみたいで一安心ですね。

原点であるエンデヴァーの為に彼がどう動くのか…。

最後には彼の羽根が復活する様子もみられたので、楽しみにしたいです!!

以上、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)299話のネタバレと感想についてお伝えしました!

 

ここまでが299話のネタバレになります! ここからは、299話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

ヒロアカのネタバレ299話の展開を予想

AFOの思惑

前回7カ所の刑務所を襲撃し、内6カ所の刑務所から脱獄囚をだすことに成功したAFO。

自身の体が回復するまでに彼らに暴れさせ、世間を混乱させるのが目的だという事が判明しました。

つまり仲間を意図的に増やすというよりも、勝手に暴れてAFOから目を逸らしてくれればいいということですね。

現状ヒーローの多くは負傷した者が多い中、動けるヒーローは逃げ出した囚人たちを止めるのにかかりきりになります。

AFOの元へヒーローがやってくるという展開はしばらくは無さそうです。

 

オール・フォー・ワンの個性は?

 

その間に身体を休ませ完成させると言っていました。

「完成」とは一体どういう状態なのでしょうか?

「完成した時…僕らの想いは成就する。」

そう語っていたAFOですが、想いが成就するとは一体…?

ずっと死柄木の身体で喋っているAFOは、もしかしたら死柄木の身体を完全に乗っ取ることが目的ではないか。

となると死柄木の意識はどこへ行ってしまうのでしょうか?

それに死柄木の身体を乗っ取ることが目的なら、わざわざAFOの本体を助け出さなくてもいいですよね。

AFOは一体何を企んでいるのか、死柄木はどうなってしまうのか。

スピナーや荼毘の今後

スピナーは死柄木の身体で喋るAFOに対し疑念を抱いていたようでした。

そもそも彼は死柄木についてきた人物。

そして死柄木を慕っていたような感じもありました。

彼はこのままAFOについて行くことは無いような気がします。

もしかしたら死柄木を救うためにヒーロー側につく…なんて展開も?

AFOから死柄木を救いたい、死柄木の意識を取り戻したい、そういった思いに駆られるんではないでしょうか。

死柄木への想いが一番熱い人物ですからね。

そして一緒にいる荼毘の動向も気になります。

 

荼毘の個性について

 

荼毘の目的は”ヒーロー社会の崩壊”つまり、自分の父親をネタにすることで目的は達成したといえます。

しかし彼にはまだ焦凍という目的が残っていますね。

そのためなら、AFOでも死柄木でもどちらでも構わないのだと思います。

荼毘に関してはスピナーほど死柄木への想いは無さそうですね。

焦凍、デクはどうなる?

荼毘は自分がやる、そう決意していた焦凍。

闇墜ちを心配するファンも多いようですが、彼ならきっと大丈夫だと信じてます!

そんな彼の元へお見舞いに来ていた冬美と夏雄。

そして二人の後ろから現れた人物に焦凍は驚いていましたよね。

この人物は入院中であった母親ではないかと予想しています。

荼毘の映像を見せてはいけないと母親が入院する病院の看護師たちが慌てていましたが、恐らく彼女もあの告発を見ていたと思います。

しかし精神を壊すことなく向き合うことに決めた…そして焦凍の元へやってきたのではないでしょうか。

家族の絆によって焦凍に芽生えそうだった闇はなくなるのではないか。

母親がどんな話をするのか、焦凍は何を想うのか要注目です。

 

轟焦凍の家族関係について

 

そして心配なのはデク!!

いまだ眠り続ける彼ですが、もしかすると意識の中で先代たちと話をする可能性も。

4代目の個性も目覚めていましたから、4代目もしくは初代と会話をする…なんて展開も?

 

緑谷出久の個性について

 

ヒロアカのネタバレ299話のTwitterでの予想

死柄木やデク、そして焦凍の心配をする人たちが多いようですね!

ヒロアカのネタバレ299話の展開予想 まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の299話のネタバレ考察について書かせていただきました!

意識が戻らない死柄木とデクですが、やはり心配ですね。

焦凍は荼毘を倒すというあの憎しみのような表情が特に心配です!

ヒーローとしての心を失わずにいてほしいですよね。

果たしてこのまま悪にまみれた世界となってしまうのでしょうか。

ヒーロー達はAFOを止めることはできるのか…。

以上、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)299話のネタバレ考察についてお伝えしました。

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました!

 

【300話】はこちら<<◆>>【298話】はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です