ヒロアカの轟焦凍の個性の強さや家族構成についてまとめ!

こんにちは、こーです!

今回は、『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』の轟焦凍の個性と焦凍の家族構成について解説させていただきます!

轟焦凍は、強力な個性、クールな性格、実力も十分ということで、ヒロアカの中でもとても人気のあるキャラですね!

万能に見える轟にも、実は暗い過去が….。

これまで順風満帆だったというわけでは無いようですね。

 

それでは早速、轟焦凍のプロフィールからみてみましょう!

轟焦凍のプロフィール

  • 名前:轟焦凍
  • ”個性”:半冷半熱
  • 身長:176cm
  • 血液型:O型
  • 出身地:静岡
  • 出身校:凝山中学校(こるさん)
  • 好きなもの:ざる蕎麦
  • ヒーローネーム:ショート
  • 声優:梶裕貴、真堂圭(幼少期)

超難関の雄英高校ヒーロー科に、なんと推薦入学で入ってしまった知力・体力共にトップクラスの実力をもっています!

その正体は、なんと現No.1(元No.2)ヒーローのエンデヴァーの実の息子です。

父親であるエンデヴァーと、母親である轟冷それぞれの”個性”をまんべんなく引継ぎ、”個性”のスペックはかなり高めです。因みにエンデヴァーからは「最高傑作」といわれています。

見た目や性格のクールさも彼の特徴です。同じ雄英高校1年A組の芦戸からは「イケメン」との評価を得ているようです。

入学当初は、父親であるエンデヴァーとの確執(記事後半で解説)もあり、父親の個性(半熱)を使うことにかなりのマインドブロックがかかっていましたが、体育祭で緑谷から激励された後からは、半熱の”個性”も轟焦凍自身の”個性”として受け入れ、使用に抵抗がなくなったようにみえますね。

最近は根本原因であるエンデヴァーとの確執も解消に向かっているので、さらなる成長が見込めそうです。

”個性”も強いし、見た目も性格もかっこいい!
轟クラスタのファンもかなり多いはず!

轟焦凍の個性

左半身から炎を、右半身から氷を生成できる。

発動速度・範囲共に規格外の性能で、雄英体育祭では、対戦した瀬呂を開始1秒程度で氷浸けにし勝利、またその際に生成した氷結はドームの高さを超えていました。

場の制圧力はもはやプロ並!轟の個性「半冷半熱」について詳しく解説します!

氷結・炎熱が互いの欠点を補い合う

轟の氷結と炎は、お互いの弱点を互いに打ち消す役割も担っています。

雄英体育祭で緑谷と対戦した時点では、エンデヴァーに対して並々ならぬ負の感情を抱いており、自分の左半身の炎の個性の使用に対しての強いマインドブロックがかかっていました。

そのため、右半身の氷結による攻撃のみ使用していましたが、緑谷の粘りにより過度に氷結を使用してしまい、体温に影響が出て思うような戦闘ができなくなってしまいました。

この時、緑谷から「左側の熱を使えば解決できるんじゃないか?」と指摘され、敵である緑谷に諭される形で左半身の個性を開放します。

身体が冷えたら炎熱を使い、炎熱で熱が身体に篭ってきたら氷結を使えば良い感じです!

個性が弱点に?

半冷半熱の個性は強力であるが故に、轟がこれまで対峙してきた大抵の敵に対しては”氷結をただぶっ放せば勝てました。しかし、それが仇となったのか、ヒーロー殺し「ステイン」と対敵した際に、個性の使い方が大雑把であると指摘されます。

確かに、これまで轟が見せた攻撃といえば、

  • 大氷結を放ち敵の身動きを封じる
  • 氷結で道となる足場を構築する
  • 氷結を自分の背面に配置し、吹っ飛ばされるのを防ぐ

くらいしかありませんでした。

また、氷結による攻撃についてはとにかく瞬時に広範囲を凍らせる攻撃が主体ですが、氷結だけでは効果がない敵が多くいるのも事実で、確実に相手を沈められる強力な必殺技の発案が必要になると思われます。

これが轟の唯一の弱点ですかね。

一方、炎を使用した攻撃については、エンデヴァーが使用していた必殺技があり、轟がエンデヴァーに教えを請おうとする場面があったので近々披露される可能性が高いと考えられます。

轟焦凍の必殺技

穿天氷壁(がてんひょうへき)

右半身の氷結の能力を使い、広範囲を瞬時に凍らせる技

体育祭の瀬呂とのサシ勝負の際に、気が立っていた轟が思わずスタジアムの外まではみ出る程の氷結を繰り出し、瀬呂に何もさせず試合に勝利したシーンが印象的でした。

膨冷熱波(ぼうれいねっぱ)

氷結の能力を立て続けに使い、周囲の空気を冷やして収縮させたところで、極大の炎熱を放つことで一気に空気を膨張させ、大爆発を引き起こす技。

スケールでかすぎです。

光焔万丈(こうえんばんじょう)

風使いの夜嵐イナサとの混合技。轟一人ではこの必殺技は成立しません。(夜嵐以外でも”風使い”と協力すれば成立するかも)

夜嵐が竜巻を発生させ、そこに轟の炎熱を乗せて、炎の竜巻を作り出し、その中に敵を閉じ込めます。

仮免取得試験の際に、ヴィラン役として登場したギャングオルカ相手に使用し、一定時間身動きを拘束することに成功しました。

赫灼熱拳(かくしゃくねっけん)

元々はエンデヴァーの技で、この技の使用を敬遠していましたが、自身の成長のためにも習得した方が良いと考えた結果か、エンデヴァーに直接教えを請おうとする場面がありました。

轟焦凍の”個性”を使った必殺技はどれもこれも中二心をくすぐるようなカッコいいものばかりですね!ww

俺も穿天氷壁とかやってみたいよ…w

クールでカッコいい轟のカッコいいシーン&名言を下記記事で特集してみました!ぜひご覧ください^^

ヒロアカの轟焦凍の家族構成

「ヒロアカ」はキャラ毎にフォーカスしてエピソードが語られることが多いですが、轟焦凍とエンデヴァーの確執問題は、緑谷出久とオールマイト、ワン・フォー・オールのエピソードと同じくらい重要で、焦点が当てられることも多いです。

エンデヴァーとの確執

轟の轟焦凍とエンデヴァーとの間には並々ならぬ確執があります。

これは、エンデヴァーと轟焦凍の母親の結婚が、エンデヴァーが”自分の個性をより強化して子に継がせる”ためだけに仕組まれた”個性婚”であること

MEMO
個性婚とは、”超常”が人類に発現してからの、第2,3世代で問題になったもので、自分の個性を強化して子に継がせるために作為的に行われる結婚のこと。轟の場合は母親が”氷結”の個性を持っていたのでそれをエンデヴァーに狙われた。

また、エンデヴァーのあまりにも厳しすぎるヒーロー英才教育を受けており、それに反対した母親はエンデヴァーから暴力を振るわれることも少なく無く、焦凍の記憶では母親は常に泣いていました。

母親は、ストレスにより焦凍の左半身にエンデヴァーの面影を重ね、それを憎むあまり焦凍の左半身に熱湯をかけ、焦凍に酷いやけどを負わせます。

そのため、焦凍はエンデヴァーのことを「自分の欲求のために子を道具として扱い、母を傷つける”最低野郎”」という風に思っており、自分の左半身に宿るエンデヴァーの個性を醜く思うと共に、その個性の使用には強いマインドブロックがかかっていました。

エンデヴァーの確執の解消は?

エンデヴァーのことを強く憎み、「完全否定する」とまで言っていた轟ですが、No.1ヒーローのオールマイトの引退をきっかけに二人の関係は少し改善を見せます。

これまでずっとオールマイトを追いかけ続けてきたエンデヴァー。

オールマイトの引退、即ち”平和の象徴”がいなくなったことの影響を最も肌で感じていたのはエンデヴァーでした。

オールマイトの引退に伴い、繰上げでNo.1ヒーローの座につくことになったエンデヴァーは、どうしてもオールマイトのような”平和の象徴”になれるイメージが湧きませんでした。

「元No.1ヒーローよ、平和の象徴とは……何だ」

轟焦凍の仮免補講の観戦に来た際、エンデヴァーはオールマイトにこのように訊ねます。

「私の目指した象徴を君もなぞることは無い、君は君の思うやり方を焦らず見つければいい。」

「何のために強く在るのか、答えはきっとシンプルだ。」

この会話の中で、エンデヴァーは自分が目指すべきヒーロー像のようなものを掴みます。

それは、”シンプルに”息子が胸を張れるようなヒーローを目指すことだと思います。

この時エンデヴァーはこれまで自分がしてきたことを反省し、ヒーローとしてだけでなく、”人として””父親として”強くなろうと心の中で決心したんだと思います。

過去は清算できないでしょうが、少なくとも今後は立派な人間であろうという決意、熱い!
エンデヴァーの目からは以前の鋭い目つきは無くなっていました。

今後、エンデヴァーと焦凍は互いに、少しずつ歩み寄っていくことになります。

轟焦凍と母

轟焦凍の母親は「轟 冷」。

エンデヴァーからの度重なる暴力により精神を病んでしまい、焦凍の左半身に熱湯を浴びせたことが原因で、現在は精神病院に隔離されています。

焦凍の兄と姉は定期的に母の見舞いに顔を出していて、焦凍も定期的に母宛に手紙を出しているようです。

そして、エンデヴァーについては何度か面会に来たようですが、冷の精神状態を考慮し、ドクターストップで面会はできなかったようです。

彼女もまた、変わろうとする夫を理解しようとする優しい女性です。

轟焦凍の兄弟

轟焦凍には3人の兄弟がいることがわかっています。

長女「轟冬美」

轟家の家事を切り盛りする兄弟の面倒見役的存在です。

轟家がもう一度家族としてやり直すことを切に願っています。個性は不明。

長男「轟燈矢」

轟家の長男。恐らく過去にエンデヴァーと何かあり、それが原因で現在は家にはいない様子。個性は不明。

轟燈矢はヴィラン連合の荼毘(ダビ)ではないかと噂されています。

合わせて読みたい!
荼毘と轟焦凍は兄弟?6つの根拠を基に考察

次男「轟夏雄」

夏雄も焦凍と同じくエンデヴァーの後を継ぐべくして産まれてきました。

しかし、上手く個性が引き継がれなかったのか、エンデヴァーからは”失敗作”と言われ、家の中にいてもろくに会うことも無かったようです。

轟家の家庭環境にうんざりしていて、諸悪の根源であるエンデヴァーを嫌っています。

三男「轟焦凍」

焦凍もエンデヴァー以外の家族に対しては寛容な様子。

エンデヴァーが変わろうとしていることについては、「父親としてどうなっていくのか”見たい”」と言っており、これまでのように一方的に突き放すことは無さそうです。

ヒロアカの轟焦凍の個性の強さ、家族構成について まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』の轟焦凍の個性と焦凍の家族構成についてまとめさせていただきました!

完璧優等生に見える轟焦凍ですが、その過去はかなり壮絶なものでした。

完全にエンデヴァーの独りよがりな行動によるものですね。

エンデヴァーと轟焦凍の今後の関係回復は上手くいくのか注目です!

また、まだまだ個性の応用方法もあると思うんで、ことらも期待です!

 

轟焦凍のカッコいいシーンや名言はこちらでまとめていますので、ぜひご覧ください^^

 

『轟焦凍は強いの?弱いの?』気になる方は、
僕のヒーローアカデミアの強さランキング
をぜひご覧ください!

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です