呪術廻戦161話のネタバレ!遂に死滅回遊本格参戦!!

呪術廻戦161話のネタバレ!遂に死滅回遊本格参戦!!

今回は、呪術廻戦:161話のネタバレをお送りします。

前回の160話では、虎杖と羂索の関係性が遂に明らかになりました。

また、伏黒と虎杖は東京第1結界へ、秤とパンダは五条の封印を解くカギとなる天使・来栖華の捜索のため東京第2結界へと向かいます。

津美紀が死滅回遊の泳者宣言をしなければならないタイムリミットまであと7日程度。

161話ではどのような展開になるのでしょうか?

それでは本題の、呪術廻戦の161話のネタバレをお送りします!

また、2021年12月24日には「劇場版 呪術廻戦 0」が公開されることが決定しました!

コミックス0巻で描かれた乙骨憂太をメインとする映画となり、ますます盛り上がりを見せそうな予感です。

 

【162話】はこちら<<◆>>【160話】はこちら

  • 最新話以外の各話ネタバレ
  • キャラに関するネタバレ解説
  • 伏線や謎についてのネタバレ考察

これらについてまとめています。ぜひご覧ください。

呪術廻戦161話のネタバレ:あらすじ

161話のあらすじはこんな感じです。

  • 伏黒・虎杖、死滅回遊参戦
  • 初心者狩り
  • 日車を単独捜索する伏黒

遂に虎杖と伏黒が本格的に参戦しましたが、さっそく波乱の展開ですね!

ではここから、【呪術廻戦:161話「東京第1結界①」】のネタバレをお送りします!

呪術廻戦161話のネタバレ

伏黒・虎杖、死滅回遊参戦

髪が飛行機の羽のような形をしている女が甘井と呼ばれる男を脅すシーンが描かれた後、伏黒が虎杖に「警戒しなければならないのは過去の術師たち」と戦略を話しているところから始まります。

どうやら鹿紫雲一や来栖華などの○○年前の術師、と呼ばれる者たちは何百年も生き続けたわけではなく受肉して現代に蘇ったようです。

そのため当時の価値観、つまり今よりもずっと命が軽い時代に生きていた術師のため羂索と契約して蘇ったのかもしれないのだとか。

鹿紫雲はすでに400年前の術師だと明かされていますが、伏黒は日車も過去の術師だと思っているようですね。

結界の前に着くとゲームマスターの式神であるコガネに参加の意思を問われ、参加を宣言し死滅回遊に参戦しました!

日車の情報収集を目的にさっそく結界をくぐった二人でしたが……?

初心者狩り

死滅回遊の結界は、結界に侵入してきた泳者を9か所のポイントにランダムで転送する仕組みになっています。

もちろんこれは死滅回遊の総則には記載されていない「結界の法則(ルール)」です。

つまりこれを知ることができなかった二人は開始早々はぐれてしまったというわけですね。

そしてこの現象に狼狽える新規泳者を狙い撃つのが初心者(ビギナー)狩り。

一人で落下してきた虎杖を甘井が発見。誘導灯で他の術師に存在を知らせ上空で狙い打たれます。

しかし強靭な肉体を持つ虎杖はこれをいなし、逆に呪力を込めた瓦礫を投擲することで逆に撃ち落とすことに成功。

ですが羽場と呼ばれる男が登場し、さらに場は混沌としていきます。

女を羽生さん、男を羽場さんと呼ぶ甘井ですが、どうやら虎杖のことも知っているそぶりを見せていますね。

日車を単独捜索する伏黒

虎杖と同じようにランダムに転送され初心者狩りに会うかと思われた伏黒ですが、鵺を呼び出し相手を返り討ちにしています。

鵺で虎杖を捜索しても見つからなかったことから二人の距離が2㎞以上離れていることがわかりました。

おそらく伏黒にやられたのでしょうが、頬を腫らして「どうしてこんなことするの?」と間延びした声で問う女の術師(?)に日車のことを尋ねます。

かなり強い口調で問いただしていますが「教えるかわりに私の騎士(ナイト)になって?」というボケもスルーするほど気がせいているようですね。

人を殺したくない虎杖とは違って、津美紀を救うためなら100点分人を殺したって良いという決意をにじませる伏黒。

オマエ呼ばわりが気に入らなかったのか、サソリのような髪をした女の術師は自らを麗美と名乗ります。

この後はひとまず二人で行動する意思を固め、161話は終了となります。

呪術廻戦161話のネタバレ

乙骨vs羂索の展開に?

160話では姿をくらましていた羂索が登場。

非術師の佐々木(虎杖の元同級生)をコロニーの外へ連れ出す様子が描かれました。

ということは、羂索は今現在宮城県にいるということになります。

 

そして、単独でコロニーへ潜入した
乙骨がどこのコロニーにいるかと言うと、

158話のパンダのセリフからわかるように、”宮城県”です。

 

これはもしかすると、

羂索と最初に対戦するのは乙骨かもしれませんね!

 

再登場までの間、

乙骨は里香の成仏による弱体化が

心配されていましたが、”特級”としての強さは健在のようです。

【呪術廻戦ネタバレ解説】乙骨憂太の術式や現在の強さまとめ

 

一方の羂索もかなりの実力者のようですから、

激しいバトルが展開される予感!

 

メタ的視点で考えると、

羂索がすぐにやられてしまうことは無いと思うので、

乙骨vs羂索となったら恐らく乙骨は敗走する可能性が高いですね…。

 

ゆ~い

芥見先生は「話が面白くなるなら誰が死んでもいい」という発言をしていましたから心配です…。

五条の封印はいつ解ける?

五条の封印解除には獄門疆「裏」を開けることになった今回。

そのために死滅回游のプレイヤーでもある、天使を名乗る来栖華を探すことになりましたね。

果たして彼女を無事に見つけられたとして、五条の封印解除はいつになるのでしょうか?

虎杖たちがもし封印を解くとしても、死滅回游を戦い抜きながらとなると簡単ではありません。

というか、五条の封印が解除されたら強すぎてあっという間に決着がついてしまいそうです…。

恐らく五条の封印が解かれるのは虎杖のピンチ、つまり両面宿儺が完全に復活した時の可能性が高いのではないかと思っています!

死滅回游を無事乗り越えた先で五条復活、と言った展開になりそうですね。

【呪術廻戦ネタバレ考察】五条悟の封印解除はいつなのか詳しく考察!

星綺羅羅は戦力外?今後の活躍は?

160話ではコロニーの外で連絡員として待機することになった星綺羅羅。

 

術式の性質から考えても、

戦闘要員として機能するかは微妙ですしね。

秤の判断は間違ってないと思います。

【呪術廻戦ネタバレ解説】星綺羅羅の術式を解説!激弱で戦力外?!

 

ただ、コロニーに入ってしまうと

外部との連絡が取れなくなってしまうみたいなので、

星綺羅羅がコロニーの外にいたとしても

適切に情報伝達ができるとは思えません。

 

星綺羅羅の術式の性質から妄想を膨らましてみても、

星綺羅羅が活躍する様子がいまいち想像できません。

もしかすると、秤は星綺羅羅の安全を確保するためにあえてコロニーの外に置いたのでしょうか?

ゆ~い

秤と星綺羅羅が恋仲だったとしたらあり得るかも….。(だが、男だ)

 

呪術廻戦161話のネタバレ:Twitterでの感想

虎杖のことを知っている風な甘井君が気になりますね。

160話ではオカ研の先輩も登場しましたし、元居た高校の知り合いが登場する流れなのでしょうか?

呪術廻戦161話のネタバレ まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦:161話のネタバレをお送りしました。

遂に死滅回遊に参戦!と思われた二人ですが結界のルールで早々に分離されてしまいました。

虎杖と一緒であれば日車の点を利用してルールを追加したのでしょうが、虎杖がいない今時間のない津美紀のため100点を獲りかねない伏黒が危ういですね。

髪がプロペラや飛行機の羽のようになっている新しい敵も登場し、詳しい術式も気になるところです!

今後も本誌の動向が気になります!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

  • 最新話以外の各話ネタバレ
  • キャラに関するネタバレ解説
  • 伏線や謎についてのネタバレ考察

これらについてまとめています。ぜひご覧ください。

 

【162話】はこちら<<◆>>【160話】はこちら

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です