【呪術廻戦】五条悟の封印解除はいつ?復活は遠い先?

【呪術廻戦】五条悟の封印解除いつ?復活は遠い先?

今回は、呪術廻戦の最強キャラ・五条悟(五条先生)の封印からの解除はいつになるのか考察してみたいと思います。

呪術廻戦第91話にて、偽夏油の手により特級呪物「獄門疆」の中に封印されてしまった五条悟。渋谷事変における呪術高専側の主たる目的は五条悟の封印を解除し、復活させることでしたがあえなく失敗!渋谷事変における五条悟の解放は叶いませんでした。

五条悟は呪術師界では超重要人物。早いところ獄門疆の封印から解放させたいところですが、今のところその目途は立っていないのが現状です。

本記事では、五条悟が封印された状況はいつまで続くのか、復活はいつになるのか考察してみたいと思います。

五条悟が封印されるまでの経緯

五条悟の封印解除がいつになるのか触れる前に、獄門疆に封印されるまでの経緯からおさらいしておきましょう。

(封印解除の方法や封印解除がいつになるのか今すぐ見たい!という方はこちらから記事の下部に飛べます)

偽夏油傑が五条悟の封印を画策

偽夏油傑の初登場は呪術廻戦本編の第10話でした。10話~11話にかけての漏瑚との会話や、五条悟を封印する際の「私の目的に邪魔なの」というセリフから、この時点ですでに五条悟の封印を画策していたことが伺えます。

そして、この時すでに獄門疆の存在が明らかになっています。

となると、呪術廻戦の本編開始時点から五条悟の封印は、偽夏油傑の”ある計画”の中の小目標に据えられていたことがわかります。

五条悟の封印は物語初期からの伏線だったんですね。

偽夏油は初登場以降、呪霊を操り「少年院事件」を起こすなど裏で暗躍し、徹底的に身を潜めます。五条も渋谷で偽夏油傑を目にするまでは存在を感知していませんでした。

そして、偽夏油傑は五条悟封印のために「渋谷事変」を決行します。

第91話で「獄門疆」に封印される

「渋谷事変」は、偽夏油と呪霊により”五条悟の封印”を目的に決行されました。

序盤に登場していた「獄門疆」。その発動条件等は不明でしたが、90話で解説されています。要約すると…

獄門疆の封印条件
  1. 獄門疆を開門後、対象を有効範囲・半径4m以内に入れる
  2. 対象を”脳内時間”で1分間、有効半径内に留める

となります。

条件2.の「脳内時間」というのが重要で、”現実時間”ではないのがポイント。実際、獄門疆開門後に姿を見せた夏油傑を目にした五条悟の脳内には、一瞬のうちに夏油と過ごした「3年間の青い春」があふれ出し、1分など悠に過ぎ去ってしまうのでした。

そして、計画通り呪術廻戦91話にて偽夏油の手により特級呪物「獄門疆」の中に封印されてしまいます。

封印後も抵抗するが…

特級呪物「獄門疆」は五条悟ですら自力で脱出することが不可能な、まさに最強の牢獄!

五条は自身の膨大な内部情報を垂れ流し、「獄門疆」にその情報を処理しきれないようにして持ち運びできないようにしていましたが、その抵抗も時間切れ。

138話では、偽夏油傑(加茂憲紀)の手に獄門疆が…。

この後すぐ、偽夏油はその場に大量の呪霊を吐き出し行方をくらませてしまいまます。

幸いなのは、獄門疆に封印された対象には外からは一切の干渉ができないことです。

獄門疆の特徴
  • 封印された者は一切の呪力行使が不可能になる
  • 封印された者に対して外部の者が干渉することはできない
  • 封印解除の条件は、封印された者が自死するか、獄門疆の封印可能期間(100~1,000年)を過ぎること

獄門疆の中にいる限り五条悟は何もできませんが、外部の人間から命を取られるようなことはないということです。自死という選択肢はあるにしろ、五条がそんな無意味な選択をするとは考えにくいですね。

五条悟の活躍は遠分見られそうにありませんが、いつか封印を解除して出てきてくれるでしょう。

五条悟の封印を解除する方法

渋谷事変の後、虎杖や伏黒らは五条悟の封印を解除する方法を得るために、薨星宮に引きこもっている天元の元を訪れます。天元は五条悟の封印を解除するいくつかの方法を提示しました。

五条悟の封印を解除する方法
  • 五条悟の封印を解除するためには『獄門疆・裏』を「開門」する必要がある
  • 『獄門疆・裏』を「開門」するためには術式を強制解除するための呪具や、術式を解除する術師に協力を仰ぐしかない

詳しく解説します。

『獄門疆・裏』

羂索が所持していた『獄門疆』には”裏”が存在し、天元曰く『獄門疆・裏』にも五条悟が封印されているそうです。『獄門疆』を正面玄関とすると、『獄門疆・裏』は裏口のようなものでしょう。

そして、『獄門疆・裏』を開門することで五条悟の封印を解くことができるようです。

しかし、『獄門疆・裏』を開門する権限は”表”の所有者である羂索が握っており、正攻法でいくにはどっちみち羂索を倒すしかありません。

そこで、天元が提案したのが獄門疆・裏を無理やりこじ開ける方法です。しかし、これには術式を強制解除する呪具や術式を消滅させる術師に協力を仰ぐなど、回りくどい手順が必要となります。

『獄門疆・裏』をこじ開ける方法

『獄門疆・裏』をこじ開ける方法として、天元が示した方法は下記の3つです。

獄門疆・裏をこじ開ける方法
  • あらゆる術式を強制解除する「天逆鉾」を使う
  • あらゆる術式を相殺する「黒縄」を使う
  • あらゆる術式を消滅させる「天使」を名乗る術師に依頼する

「天逆鉾」を使う

「天逆鉾」とは、呪術廻戦の過去編で伏黒甚爾が五条悟との戦闘で使用した特級呪具です。その効果は「発動中の術式を強制解除する」というもので、五条の術式でも防ぐことはできませんでした。

この「天逆鉾」を使用し、『獄門疆・裏』の術式を強制解除することで封印を解除することができます。

しかし、この「天逆鉾」は11年前に五条の手で海外に封印されたか、破壊されてしまっているようで、この方法は使えません。

「黒縄」を使う

「黒縄」とは、呪術廻戦・0巻の百鬼夜行で、ミゲルが五条との戦闘で使用していた特級呪具です。その効果は「あらゆる術式効果を相殺する」というもので、百鬼夜行では五条悟を足止めすることに成功しています。

この「黒縄」を使用し、『獄門疆・裏』の封印を解除することができます。

しかし「黒縄」もまた、五条悟の手により全て消滅してしまっています。因みに、乙骨憂太がミゲルと一緒にいたのは「黒縄」の残りをミゲルの故郷まで探しに行っていたからだそうです。

「天使」に頼んで解除してもらう

「天逆鉾」と「黒縄」が使えないため、現時点ではこの3つ目の方法が現実的とされています。

死滅回遊のプレイヤーの中に「天使」と名乗る術師がいて、あらゆる術式を消滅させることができるらしいです。

名前は「来栖華」といい、宿儺と同じ千年前の術師らしいです。現在は東京の東側のコロニーにいて、虎杖や伏黒は彼女の手を借りるために動いています。

来栖華の術式や領域展開については下記記事で考察しています。

来栖華は味方?術式や領域展開を考察

 

五条悟の封印の解除はいつ?

天元からの情報によって、五条悟の封印を解除する方法が明らかになりましたが、実際に封印が解除されるのはいつになるのでしょうか。

封印の解除は遠い先?

まず、今後すぐに五条の封印が解かれた場合を考えてみましょう。

そうなると、今後五条悟のストッパーになる呪詛師や呪霊がいないので、五条悟の無双モード突入となります。

どんな事件も五条がいれば解決してしまうとなると、呪術廻戦のお話自体が急につまらなくなりそうです。

メタ的視点からも現状からすぐの五条復活は展開を萎えさせるため、可能性は低いと考えられます。

作者が「五条が邪魔だった」と言っている

上記メタ的考察と被るところもありますが、呪術廻戦の作者・芥見下々先生がフジテレビで放送された「漫道コバヤシ」に出演した際に、五条の封印計画や強すぎる五条悟について作者目線で以下のように語っていました。

  • 五条悟の封印計画は初期から計画されていた。
  • 五条がいると五条がいない理由を付けなければならなかった。
  • 五条がいなくなって良かった、五条が邪魔だった。
    (漫道コバヤシ 2021/2/27放送分より)

五条の封印計画自体はストーリーの構想初期段階からあったようです。これについては本記事の「経緯」の部分で触れました。

さらに、「五条の存在が邪魔」といったことも口にしていたのが印象的でした。強すぎる五条は、彼がいるだけで事件が解決してしまうので、作者としては扱いずらい存在だったようです。

思い返すと確かに、虎杖や伏黒、釘崎らが単独 or チームで任務にあたる際は、必ず五条が出張に出ていたりで、”五条が事件現場に顔を出せない状況”にあったように思いますね。

ここまで作者が五条の存在を煙たがっているので、遠面の間は封印されたままの状態が続くでしょう。

「漫道コバヤシ」では、五条の封印に関する裏情報以外にも、芥見下々先生自身が設定や伏線のネタバレをお話されていましたw

「漫道コバヤシ」の呪術回はFODプレミアムのみ配信中で、今のところ無料で観れます。(FODプレミアム登録から2週間無料で、料金発生日までに解約すれば月額料金がかからない仕組みです)

無料で「漫道コバヤシ」の呪術回を見る

気になる方は見てみてくださいね。

復活はいつになる?

では、五条悟が封印から復活するのはいつになるのでしょうか?

五条悟は呪術師界で最強ですから、復活する時もそれ相応の舞台が用意されそうです。

最強呪術師の復活に対するは、最強呪詛師か呪霊だろうということです。

具体的な候補を挙げれば、やはり「宿儺」の名が真っ先に挙がります。

呪術廻戦は主人公である虎杖の成長記ですが、一方では両面宿儺が徐々に力を取り戻していく過程が描かれています。

虎杖が呪術師側の重要人物だとしたら、宿儺は呪霊側の重要人物と言えるでしょう。

呪霊側の重要人物が力を取り戻すとき、最強の呪術師・五条悟も封印を破り復活する….!

なんて展開、厨二の僕はたまらなく好きです。

宿儺の完全復活の時期がいつになるのかは正直予想できないのですが、このタイミングに合わせて五条悟が復活する可能性は高いと思います!

そして、”このタイミング”というのは呪術廻戦の物語のかなり終盤になるのではないでしょうか。おそらく、それまでの間は五条悟の活躍は見れなさそうです。残念ですが….。

ここでは宿儺を推しましたが、当然、宿儺以外に五条とタメを張る強さの敵が現れてもおかしくありませんね。

自力での復活の可能性は?

現代呪術師の中で最強と謳われる五条ですから、「獄門疆を自力で脱出!」のような五条らしい斜め上の展開も期待したいです。

しかし、獄門疆に封印された人物は呪力を失いますからこれも難しいかもしれません。

獄門疆は五条悟の呪力を完全に奪い取りました。それほど強力な呪物ですから、封印された人間が呪力無しで脱出できるほど甘くはないでしょう。

五条の自力での復活は望み薄でしょう…。

【呪術廻戦】五条悟の封印解除はいつ?復活は遠い先? まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の五条悟の封印の解除や復活はいつになるのか、考察してみました。

予想としては、

当サイトの考察
  • 渋谷事変においては五条の封印解除は失敗
  • 五条の封印が解除されるのは強敵が現れる時
    • 宿儺の復活
    • 未知の敵の登場
  • 芥見先生の発言から、五条復活は遠い先と見られる
  • 封印解除の現実的な手段は「来栖華」に協力を仰ぐこと

このようになりました。

当ブログでは、五条悟の復活は呪術廻戦のお話が佳境に差し掛かってからだと予想します。

五条復活までの間、虎杖に頑張ってもらお!

逆に五条不在の方がめっちゃ成長する気がする。

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です