呪術廻戦のネタバレの144話!ついに現る全知の術師

呪術廻戦のネタバレの144話

今回は、呪術廻戦の144話のネタバレの内容をご紹介します。

前回は乙骨が虎杖の味方であることが判明しました。

虎杖を救う為にわざと一度死亡させ反転術式で救っていたのです。

そして現れた伏黒、津美紀を助けるために死滅回游の参加をすることに…!

144話では死滅回游への参戦の為にまずは高専へと戻る様子が描かれます。

それでは本題の、呪術廻戦の144話のネタバレに入ります。

また、今冬には「劇場版 呪術廻戦 0」が公開されることが決定しました!

コミックス0巻で描かれた乙骨憂太をメインとする映画となり、ますます盛り上がりを見せそうな予感です!

 

 

【145話】はこちら<<◆>>【143話】はこちら

 

 

呪術廻戦のネタバレの144話までのあらすじ

143話までのあらすじはこんな感じです。

  • 乙骨は五条に頼まれて虎杖の味方に
  • 虎杖の元に伏黒が現れる
  • 津美紀を救うべく死滅回游への参加をすることに!

乙骨の良かった~!と言った時、ファンもみんな一安心でしたね!

ではここから、【呪術廻戦のネタバレ:144話 あの場所】の内容を解説していきたいと思います!

呪術廻戦のネタバレの144話!

呪術廻戦144話ネタバレ|まず虎杖がすべきこと

加茂憲倫が仕組んだ呪術を与えられた者たちの殺し合い、死滅回游。

津美紀を救うべく伏黒に協力を頼まれた虎杖は、何かを考えらながらも乙骨にあるお願いをします。

宿儺は伏黒で何かを企んでいる。

渋谷で宿儺に身体を乗っ取られたのは、一気に指を10本も食わされたから。

残りの5本を食べても肉体は乗っ取られないと思うが、それでも宿儺と自分が代わったら迷わず殺してほしいと。

「先輩なら、できると思う。」

虎杖のお願いにベストを尽くすと答えた乙骨。

「伏黒、俺は何をすればいい。」

伏黒はまず高専に戻り、天元様との接触を提案します。

獄門疆の封印の解き方、加茂憲倫の具体的な目的と今後の出方を天元様に問うというのです。

獄門疆に封印された五条悟の封印解除はいつ?

加茂憲倫の正体や術式、目的とは一体?

死滅回游は未曾有のテロと同様、事態を収拾するにはこの二つの回答がマストになります。

九十九さんは知らないのかという虎杖に、この提案は九十九の案であり今は九十九も高専に潜伏していると話します。

どうやら九十九も上層部と関わりたくないと高専にやってきた様子。

呪術廻戦144話ネタバレ|虎杖の疑問

乙骨は問題は天元様の「隠す結界」であると話しだします。

シャッフルが繰り返される1000以上の扉のうち1つだけが天元様のいる薨星宮へと繋がっている。

つまりそれを引き当てないと天元様には会えないという事。

虎杖は一瞬悩むようにして伏黒にやっぱり今聞くと尋ねます。

「釘崎は どうなった。」

その問いに、伏黒は何も答えません。

しかしその様子を見て虎杖は勘付き、わかったとだけ言います。

釘崎野薔薇はすでに死亡した?復活はあるのか考察!

「その隠す結界とやら、なんとかなるかもしれんぞ。」

暗闇からぬっと現れたのはなんと脹相!

ぴんぴんした様子の彼は、以前真人が宿儺の指と呪胎九相図を盗み出したことと同じことをするのだと提案します。

脹相無事だった!よかったです!

呪術廻戦144話ネタバレ|高専へ戻る

高専へと戻った虎杖たちを待っていた、禪院真希と九十九。

真希の姿を見た乙骨は、もう動いていいのかと嬉しそうな様子。

火傷は反転術式でも痕は残ってしまうが、流石は天与呪縛のフィジカルギフテッド。

呪いへの耐性ではなく生来の肉体の強度が生死をわけた、ただ当主の事は残念だったと話す九十九。

「別に競ってたわけじゃないっすよ。」

真希は伏黒に結界の話はと聞き、伏黒が話そうとするのを脹相が止めます。

扉から薨星宮への途中には呪具や呪物を保管している「忌庫」がある。

その忌庫には脹相の弟たち、膿爛相・青瘀相・噉相・散相・骨相・焼相の亡骸がある。

亡骸でも6人そろえば脹相の術式の副次的効果で気配くらいわかるはずだというのです。

その提案に九十九はgoodと嬉しそうな様子。

「それはいいとして、コイツは誰だ。」

最もな疑問をぶつける真希。

虎杖は迷いながらも、とりあえず自分の兄だと紹介します。

その言葉にハッとし、感動したように大声で虎杖を呼ぶ脹相。

虎杖の正体は呪胎九相図?脹相は兄弟だと確定!

そんな脹相に恥ずかしくなったのか、虎杖は無視するようにみんなに行こうと声を掛けるのです。

よかったね…脹相お兄ちゃん…(笑)

呪術廻戦144話ネタバレ|扉の向こうへ

扉の向こうに弟たちの気配を感じた脹相。

ゆっくりと開けていくとそこには膨大な数と大きさの木の根のようなものが…。

奥に薨星宮へと続く昇降機があるため降りよう、と九十九が声を掛けます。

下へ降り忌庫の前で立ち止まった脹相は、後で迎えに来るからもう少し待っててくれと弟たちに語り掛けます。

昇降機で下へ降りた一同。

床に着いた血痕をみて虎杖は何かあったのかなと不思議な様子。

九十九はなんとも言えない表情で答えます。

「11年も前の話さ。今思えば、全ての歪みはあの時始まったのかもしれない。」

その言葉に乙骨や真希は「?」を浮かべました。

本殿はこの先だという九十九について行くと、そこは真っ白で何もない場所。

それを見た九十九は悔しそうに自分達を拒絶しているのだと話します。

天元は現には干渉しないが、六眼を封印された今なら接触が可能だと踏んでいた。

見通しが甘かったという九十九は、拒絶されているのは自分達ではなく自分一人かと考えていました。

津美紀には時間がない、戻ろうかと話していると突如現れた「その人」。

「帰るのか?」

虎杖たちが振り向くと子底にいたのは全知の術師、天元様…!

「初めまして。禪院の子、道真の血、呪胎九相図、そして宿儺の器。」

ここまでが144話のネタバレになります! ここからは、公開前に書いた144話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

呪術廻戦のネタバレの144話の展開を考察!

呪術廻戦144話ネタバレ考察|乙骨は味方だった

以前から乙骨は味方になるのではないか?と予想してきましたが安心しました!

やはり五条は乙骨に虎杖のことを話していたんですね。

狗巻の件は仮に本当に怪我をしていたとしても虎杖のせいではない。

上層部に関して乙骨もなんらかの疑念を抱いている可能性が高いですね。

今後も行動を共にしていくことになるでしょうが、かなり強力な味方が出来ました!

宿儺がニヤリと笑っていたのは、反転術式ですぐに治癒されたことがわかったからでしょう。

そして宿儺お気に入りの伏黒も現れました。

虎杖はまだ自身を許すことはできないかもしれません。

しかしこの2人の協力により、気持ちを切り替えていけると思います!

呪術廻戦144話ネタバレ考察|脹相は生きているのか

乙骨の攻撃によりダメージを負った脹相。

乙骨は虎杖と戦っていた場所とは別の場所へ虎杖を運んできていたようでした。

では、あの場でやられた脹相はどこへ行ったのでしょうか?

一緒にいる気配がないのが心配ですね。

そして死滅回游の参加者を描いたと思われる一コマに、気になる点があります。

それは脹相と似たシルエットの人物が描かれているという事。

これがもし脹相本人だとすると、無事ということそして死滅回游へ参加するという事ですね。

果たしてこれが脹相なのか。

今一体どこにいるのか、注目しておきましょう。

呪術廻戦のネタバレの144話のTwitterでの予想

ネット上でも、死滅回游が一体どんな展開となるのかワクワクしている人が多いようです!

呪術廻戦のネタバレの144話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の144話のネタバレの内容をご紹介いたしました。

ついに現れた天元、そして真希も無事でよかったです!

九十九が拒絶されているかもと感じた理由も気になりますが、天元の見た目のインクトがかなり強かったですね…。

個人的には虎杖が脹相を兄だと紹介したシーンにちょっと嬉しくなりました(笑)

死滅回游を勝ち抜き津美紀を助けるべく、天元は何と答えるのか。

次週、天元が語る言葉に注目しておきましょう!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【145話】はこちら<<◆>>【143話】はこちら

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です