呪術廻戦のネタバレの145話!カギを握る人物

呪術廻戦のネタバレの145話

今回は、呪術廻戦の145話のネタバレの内容をご紹介します。

前回は死滅回游参戦の前に天元様への接触を見た虎杖たち。

高専に戻り、真希の無事も確認できてよかったですね!

そしてついに現れた全知の術師、天元様…果たして疑問に答えてくれるのか!?

145話では、虎杖たちの問いに答える点減の様子と五条の封印解除のカギを握る人物が明かされます。

それでは本題の、呪術廻戦の145話のネタバレに入ります。

また、今冬には「劇場版 呪術廻戦 0」が公開されることが決定しました!

コミックス0巻で描かれた乙骨憂太をメインとする映画となり、ますます盛り上がりを見せそうな予感です!

 

 

【146話】はこちら<<◆>>【144話】はこちら

 

呪術廻戦のネタバレの145話までのあらすじ

144話までのあらすじはこんな感じです。

  • 五条の封印の解き方、加茂憲倫の目的を問う為天元様に接触することに
  • 高専に戻った一同を迎える真希と九十九
  • 脹相を兄だと紹介した虎杖
  • ついに天元様に接触することに成功…!

脹相の嬉しそうな様子に笑ってしまいましたね!

ではここから、【呪術廻戦のネタバレ:145話 裏】の内容を解説していきたいと思います!

呪術廻戦のネタバレの145話!

呪術廻戦145話ネタバレ|加茂憲倫の中の人

「私に挨拶はないのかい?天元。」

九十九はそう言うと、天元は君は初対面ではないだろうと言いました。

何故薨星宮を閉じたのかと聞く九十九の問いに、天元は答えます。

「羂索が君に同調していることを警戒した。私には人の心まではわからないのでね。」

羂索という聞きな慣れない人物の名に、九十九は聞き返しました。

羂索(けんじゃく)とは、かつては加茂憲倫、今は夏油の肉体を宿る術師だという天元。

虎杖は重要な話をしているにもかかわらず、天元はなぜそんな感じなのかと聞きました。

天元はにこやかな表情で自分は不死であって不老ではないから、君も500年生きればこうなるよと言います。

11年前に星漿体との同化に失敗してから老化が進み、個としての自我が消え天地そのものが天元の自我となった。

星漿体がもう一人いたと思っていた九十九は、どうりで”声”が増えないわけだと納得します。

天内理子の他にいたわけではなかったんですね。

伏黒と乙骨は羂索の目的と獄門疆の封印の解き方を教えてほしいと天元にお願いします。

「勿論…といいたいところだが、1つ条件を出させてもらう。」

呪術廻戦145話ネタバレ|羂索の目的

乙骨憂太、九十九由基、呪胎九相図、この三人のうち二人はここに残り自分の護衛をしてもらうという天元。

何故なのかと疑問に思う一同と、フェアじゃないという九十九。

そこで天元は羂索について語り始めます。

羂索の目的は、日本全土を対象とした人類への進化の強制であると断言しました。

具体的には何をするつもりなのかと問う伏黒。

なぜ天元の結界を利用し、「無為転変」で日本の人間を術師にしなかったのかと。

それは単純に呪力不足であること、術式で一人一人に進化を促すのはあまりにも効率が悪いためだと天元は説明します。

「羂索が取る進化手段は、人類と天元(わたし)の同化だ。」

星漿体にしかできないハズの天元との同化。

しかし11年前に進化を始めた今の天元なら、星漿体以外との同化も”できなくはない”というのです。

どうやって複数の人間と同化するのかという脹相。

今ここにいる天元は天元ですらない、天地そのものが天元の自我となったいま、進化した天元の魂は至る所にある。

天元と同化した人間は術師という壁すら超え新しい存在の形となる。

天元には結界術があったから進化後もこうして形と理性を保てているが、人類が進化しそのうち一人でも暴走したら世界は終わると話す天元。

それは、個としての境界がないため一瞬で悪意が伝播し一億人分の穢れが世界に流れ出てしまうから。

「先の東京が世界で再現されるんだ。」

何のためにそんなことするんだと虎杖は聞きますが、天元には人の気持ちまではわかりません。

真希は天元が同化を拒否すればいいだけではないのかと聞きますが、そこが問題なのだという天元。

進化を果たした今の自分は、組成としては人間より呪霊に近い、つまり。

「私は呪霊操術の、術式対象だ。」

呪術廻戦145話ネタバレ|予期せぬ出来事

天元の言葉に驚く一同。

羂索の術師としての実力を考慮すると、接触した時点で取り込まれる可能性がある。

だからこそ本体は薨星宮で全てを拒絶しているというのです。

羂索は天元に次ぐ結界術の使い手、薨星宮の封印もいつ解かれるかわからない。

「何故、今なんだ。」

星漿体との同化を阻止し、天元を進化させ、呪霊操術で取り込み操る…宿儺とも関係があるような羂索は少なくとも千年は術師ている。

なのに、何故、今なのかと語気を強める九十九。

天元、星漿体、そして六眼はすべて因果で繋がっているという天元。

羂索は過去に六眼の術師に二度敗れている。

二度目の羂索は徹底しており、星漿体も六眼も生後一月以内に殺していました。

それでも同化当日に星漿体と六眼は現れた。

そこから羂索は六眼持ちは同時に2人現れないという事を利用し、六眼を抹殺ではなく封印へと方針を変更したのです。

しかし11年前、予期せぬ出来事がありました。

「禪院甚爾の介入だ。」

天元の言葉にハッとする真希と、?を浮かべる伏黒。

天与呪縛によるフィジカルギフテッド、その中でも特異な”完全に”呪力から脱却した存在。

呪縛の力で因果の外に出た人間が、運命を破壊してしまった。

そしてそこには呪霊操術を持つ少年、夏油がいた。

意図せず六眼の封印に必要な獄門疆以外のピースが揃ってしまったのです。

そして6年前に獄門疆も羂索の手に渡った。

呪術廻戦145話ネタバレ|天元の元に残る者

では何のために死滅回游が行われるのかと伏黒は聞きます。

「同化前の”ならし”だよ。」

死滅回游とはプレイヤーの呪力と結界、そして結界で結ん境界を使って人間を彼岸へと渡す儀式。

それを慣らしとして天元との同化を始めるつもりの様子だという。

しかし天元が言うには、羂索もこれだけの儀式を成立させるために何らかの”縛り“を負っているはずだと予想していました。

その一つは羂索が死滅回游のゲームマスターではないこと。

しかしこれは不利な点で、羂索を倒しても死滅回游は終わらないという意味。

プレイヤーが全員死ぬか、全員参加を拒否して死ぬかしないと終わらない。

ルールにある”永続”はあくまで儀式を中断させないための保険であるというのです。

ここであるルールを思い出した乙骨と伏黒。

ルール6:プレイヤーは自身に懸けられた点を除いた100得点を消費することで管理者と交渉し、死滅回游にルールを一つ追加できる。

自分達が死滅回游へ参加しゲームに消極的な人を抜けさせるルールを作るしかないという結論に至ります。

五条の封印解除も並行して行うことに。

天元の元には九十九と脹相が残ることに決まります。

虎杖には乙骨の協力が必要な事、羂索が天元を狙ってくるなら弟たちの救済のために自分はここに残ると決めた脹相。

天元はありがとう、と言いながらあるものを取り出します。

「五条悟の解放、そのために必要な、獄門疆”裏”だ。」

つまり裏門だという”それ”。

羂索に見つかるまでおそらく海外にあったという獄門疆。

天元が裏門を封印することで表の気配を抑えていたのです。

裏門の中にも五条は封印されている、がしかし開門の権限は表の招集者である羂索。

これをこじ開けるには「天逆鉾」もしくは「黒縄」どちらかが必要。

しかしそのどちらも五条の手によって破壊または抹消されていました。

「黒縄」の残りはアフリカでミゲルと一緒に探していたが、無駄足だったんだという乙骨。

しかし手はあるという天元。

死滅回游へ参加しているプレイヤーの中に、「天使」を名乗る千年前の術師がいる。

「彼女の術式は、あらゆる術式を消滅させる。」

そのプレイヤーの名は、来栖 華。

彼女の協力が必要不可欠、果たして味方となるのか…!

ここまでが145話のネタバレになります! ここからは、公開前に書いた145話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

呪術廻戦のネタバレの145話の展開を考察!

呪術廻戦145話ネタバレ考察|天元様は問いに答えてくれるのか

144話にてついに接触ができた天元様。

現には興味がないという天元様ですが、九十九の言う通り六眼を封印された今だからこそ接触ができたのでしょう。

聞きたいのは五条の封印の解き方と加茂憲倫の目的と今後の出方。

加茂憲倫の正体や術式、目的とは一体なに?

天元様の答えによって今後の展開がかなりかわってきます。

しかしそう簡単に教えてくれるとは限りませんよね。

誰の味方でもないという天元様が何を教えてくれるのか、はたまた何も教えてくれないのか。

何の収穫もないままこのまま終わるということはないでしょうから、いくつかのヒントは与えてくれる可能性も。

また、虎杖の出生などの伏線に関することももしかしたら回収されるような言葉が出てくるかもしれません。

呪術廻戦145話ネタバレ考察|天元様は本物なのか

天元様と思われる人物は、宿儺と同様4つの目を持ちどこか呪霊のような見た目でした。

意外すぎる見た目にネット上でもびっくり…!

ここで気になるのは、この4つの目を持つ人物が本当に天元様本人なのかどうか。

本来ならばこのような見た目ではなく、同化しているはずの星漿体の姿をしているのではないか。

そして何故本殿ではない真っ白な空間に入れられたのか。

本殿で待つのではなくわざわざ迎え入れに行ったとも考えられますが、もしかすると天元様本人ではなく使いの者、式神といった可能性も。

偽夏油は以前天元様のことを「ただの木かなにか」と表現していました。

しかし今回現れた人物は普通に会話することが可能な様子ですし、ただの木という表現とは異なる気がします。

この4つ目の人物が本当に天元様本人なのか、注目したいところです!

呪術廻戦のネタバレの145話のTwitterでの予想

野薔薇に関しては絶対生きてる!と信じている人たちが多いようでした!

呪術廻戦のネタバレの145話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の145話のネタバレの内容をご紹介しました。

思ったよりも天元様はいろんなことを答えてくれましたね。

しかし加茂憲倫と夏油の中にいる人物の正体も明かされました。

しかし天元がもし呪霊操術によって操られてしまったらと考えると…もう世界は終わったも同然ですね。

五条の封印解除に必要な来栖華を探しながら、死滅回游で点数を稼ぎルールを追加していく…。

かなり大変な戦いとなりそうな予感です!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【146話】はこちら<<◆>>【144話】はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です