【呪術廻戦】釘崎野薔薇の術式や領域展開を解説|死亡した?復活は?

【呪術廻戦】釘崎野薔薇の術式や領域展開を解説|死亡した?復活は?

今回は、【呪術廻戦】に登場するヒロイン(?)の「釘崎野薔薇」の術式や領域展開について解説します。

また、呪術廻戦125話にて釘崎が真人によって深い傷を負わされるシーンがあり、それ以来登場していないため死亡説が疑われています。果たして復活はあり得るんでしょうか?

「【呪術廻戦】釘崎野薔薇の術式や領域展開を解説|死亡した?復活は?」と題してお送りします。

釘崎野薔薇のプロフィール

釘崎野薔薇は、都立呪術高専1年に在籍する三級呪術師。虎杖悠仁とは同級生で、虎杖と同じタイミングで呪術高専へ入学しています。

伏黒とも同級生で、釘崎・虎杖・伏黒の3人はプライベートや任務でよく一緒に行動するシーンが描かれます。

茶色に染めたショートカットの髪が特徴。

名前
釘埼野薔薇(くぎさきのばら)
誕生日8月7日
身長160cmくらい
出身
盛岡まで四時間かかる村
所属
東京都立呪術高等専門学校一年
階級三級呪術師
好きなもの買い物
嫌いなもの田舎

東京に憧れて上京してきた地方民

釘崎の出身は東京から遠く離れたド田舎。とある理由で田舎暮らしが嫌いになり、金銭面を気にする必要の無い呪術高専への入学を決めました。

東京に来たのは上記の理由もありますが、田舎暮らしが長かったことから単純に大都会への憧れも大きく、学業の傍ら東京暮らしを満喫している様子。

地方民らしく「六本木」というワードに強く反応したり、京都へ行けると思った際は張り切る一面も見られます。

性格は男勝り

釘崎の性格は一言でいうと「男勝り」。

サバサバしており人に対してとにかく強気な性格。自分に確固たる自信を持ち、決して折れない心の強さを感じさせる人物です。

釘崎の名言を見るとわかるように言葉遣いも乱暴で、戦闘で感情が高ぶった時は二人称で「オマエ」「テメェ」といったガラの悪い言葉を連発し敵を罵倒するシーンもよく見られます。

釘崎は術式以外に過激なセリフの多さでもファンから一目置かれています。

虎杖や伏黒との初対面では「子どもの頃ハナクソを食ってたタイプ(虎杖)」「重油まみれのカモメに火を点けてそう(虎杖)」と心の中で散々な第一印象を抱いていました。

死亡説が濃厚に

釘崎は呪術高専に入学する前から釘や藁人形を用いた術式「芻霊呪法」の使い手として呪術師として活動していました。

戦闘経験もあるため、呪術高専入学当初から即戦力として任務にあたっていたのですが、第125話の真人との戦闘時に、顔の左半分に真人の「無為転変」で致命傷に近い外傷を負わされ、現在は戦線を離脱中です。

左の眼球が無くなるなど、普通の人間であればショック死しそうなほどムゴいやられように、「釘崎死亡説」がSNS上で挙がったほど。

【呪術廻戦】釘崎野薔薇以外のキャラの生存/死亡状況

復活の可能性はある?

125話で顔にひどい外傷を負った釘崎ですが、126話で現場に京都高専の東堂葵と新田新が到着し、「呼吸も脈も止まってはいるが、止まってからそんなに時間は経っていない状態」で新田の「傷が悪化しない術式」で処置を施されたようです。

そのまま新田が釘崎を連れて戦線を離脱したので、生存の可能性も少なからずありそうです。

ただし、真人の「無為転変」による外傷は反転術式でも治療が困難なため、状態が回復したとしても完治は望み薄です。少なくとも失った左目は元には戻らないでしょう。

釘崎野薔薇の術式・領域展開

五寸釘や藁人形を扱う「芻霊呪法」

釘崎野薔薇の術式は「金槌」「五寸釘」「藁人形」を使用する「芻霊呪法」と呼ばれる術式で、刺した釘から呪力を流し込み対象にダメージを与えます。

共鳴り(ともなり)

釘崎の術式「共鳴り」

対象から切り離された一部に人形を介して釘を打ち込むことで、対象本体へダメージを与える術式。有効範囲は特に決まりが無く、対象の一部さえ手に入れば遠隔攻撃が可能となります。

対象に与えるダメージ量は釘崎の術の練度と対象からはぎ取った部分の希少性により変化します。(希少度が高ければ高いほどダメージは増える)

対象が釘崎に何等かの術をかけているなど、対象と釘崎が術式を介してリンクしている特別な場合は、自分の身体の術式がかけられている部分に釘を打ち込むことで術をかけた対象に攻撃が可能。しかし、当然釘崎は自分の身体を傷つけることになります。

簪(かんざし)

釘崎の術式「簪」

対象に釘を刺し、そこから呪力を流し込んでダメージを与える術式。刺した釘の本数だけ与えるダメージが多くなります。

釘を刺してから、呪力を流し込むタイミングは任意で調節可能。

黒閃の発動に成功

発動が極めて難しい「黒閃」ですが、釘崎は三級呪術師ながらにして発動に成功しています。

その時の対象は、虎杖と共闘した「八十八橋での戦い」で対峙した呪胎九相図三男・血塗(けちず)です。

黒閃発動を経験した呪術師とそうでない呪術師では、呪力の核心との距離に天と地ほどの差があるそう。釘崎は呪力の核心に一歩近づきました。

領域展開は未収得

黒閃は一度放った経験のある釘崎ですが、呪術戦の極致と言われている「領域展開」はまだ習得していません。

残念ながら、習得の兆しも見えていないのが現状です。

釘崎野薔薇の過去・来歴

田舎に越してきた「ふみ」と出会う

釘崎と引っ越してきたふみが出会う一コマ

釘崎野薔薇の地元は盛岡から4時間かかる田舎にある村です。高校まで、釘崎はその村で産まれ育ちました。

しかし、幼少の頃から田舎特有の「閉鎖的な空気」に違和感を覚え、村の人間を嫌っていました。

そこに都会から引っ越してきた「ふみ」が釘崎と同級生になり、釘崎はふみの家に入り浸るようになります。破天荒な釘崎に始めは戸惑うふみでしたが、高校入学前には親友になります。

沙織と仲良くなる

釘崎と沙織が出会う一コマ

釘崎が中学1年生のとき、「秘密基地を見つけた」と言いふみを連れて行った先は、釘崎やふみとかなり歳の離れた「沙織」が住む豪邸でした。沙織もふみの後に東京から村に引っ越してきたそうです。

釘崎は沙織にとてもなつき、沙織も一人っ子だったためか2人を妹のように可愛がります。紅茶とお菓子でおおてなしすることもしばしば。

沙織と関わり始めてから、釘崎は口調も柔らかくなり、品のようなものが身についていきます。

沙織の一家が嫌がらせに合い、引っ越しを余儀なくされる

沙織の家が村から嫌がらせを受ける一コマ

沙織と釘崎が出会ってから少し経った頃、沙織の家の周囲に異変が起こります。

沙織の家に落書きされるようになったり、明らかに嫌がらせのために雪が積まれるようになったのです。

都会から引っ越してきた沙織の一家が田舎者を馬鹿にしていると、勝手に被害妄想を膨らませた村人が起こした行動でした。

沙織の家は村八分にされ、沙織の一家はとうとう村から追い出される形で引っ越すことになります。

沙織を見送る際、釘崎は顔をベチャベチャにするほど大泣きし、沙織と別れを告げるのでした。この一件を機に、釘崎の田舎嫌いは加速します

上京し呪術高専へ入学

釘崎がふみに別れを告げる一コマ

中学を卒業し、村を出るために都内の呪術高専へ入学することになった釘崎。

釘崎が東京へ立つ日、ふみは釘崎を最寄りの駅まで見送りに行きます。釘崎は、何と声を変えればいいか戸惑うふみに対して、「次会う時は三人で!!」と強く約束し、旅立つのでした。

【呪術廻戦】釘崎野薔薇の術式や領域展開を解説|死亡した?復活は? まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、【呪術廻戦】に登場する「釘崎野薔薇」の術式や領域展開について解説しました。

125話にて深手を負ってしまった釘崎ですが、その直後に新田新の術式で応急処置済で尚且つ安全地帯へ避難できそうなので、生存確率は上がっています。

家入も現場入りしていますが、反転術式が効かないとなると治療は困難を極めそうです。果たして釘崎は無事復活するのでしょうか。

 

呪術廻戦のキャラの生存/死亡状況一覧を見る

 

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です