呪術廻戦のネタバレの143話!まずは俺を助けろ

呪術廻戦のネタバレの143話

今回は、呪術廻戦の143話のネタバレの内容をご紹介します。

前回は、脹相と直哉の戦いを中心に描かれました。

脹相が150年かけたオリジナルの術式で直哉を圧倒するも、乙骨によって一撃で倒れることに…。

圧倒的な強さを見せる乙骨に虎杖と脹相はどうなってしまうのでしょうか?

143話では、乙骨の目的とついに伏黒が登場します。

それでは本題の、呪術廻戦の143話のネタバレに入ります。

 

【144話】はこちら<<◆>>【142話】はこちら

 

呪術廻戦のネタバレの143話までのあらすじ

142話までのあらすじはこんな感じです。

  • 直哉のスピードに合わせるべく術式を展開する脹相
  • 150年かけたオリジナルの術式で直哉に傷を負わせる
  • トドメにかかろうとした脹相の背後から乙骨が攻撃!

乙骨の強さが桁違いということがわかりましたね…。

ではここから、【呪術廻戦のネタバレの143話 もう一度】の内容を解説していきたいと思います!

呪術廻戦のネタバレの143話!

呪術廻戦143話ネタバレ|虎杖の死

「辛そうですね、直哉さん。」

乙骨に声をかけられた直哉は、見下ろされていることに不快感を露わにします。

しかし脹相による攻撃で自身の体に毒が回っていることに気づき、眩暈がします。

赤血操術にそんな効果はない、ということは脹相は人間ではない。

つまり受肉体か、とようやく気付きました。

「治しましょうか?」

苦しむ直哉に乙骨は自分の反転術式で治すことを提案します。

「その代わり、虎杖君の死はあなたの口からも上に報告してください。」

場面はある回想へと移ります。

侘助は、仁と呼ぶ赤子を抱えた男性に話しかけます。

男性に侘助はあの女はやめておけ、死ぬぞと忠告しました。

しかし男性は赤子を悠仁と呼び、悠仁の前でそんな話はしないで欲しいと告げます。

侘助は必死な様子で説得します。

「お前が子供を欲しがっていたことも香織との間に叶わなかったことも知ってる。だが香織が死んだのは!」

その侘助の言葉を遮り声をかけたのは、額に傷のある女性。

「お義父さん、何の話ですか?」

虎杖悠仁の両親が判明!母は謎の脳みそに乗っ取られていた!?

呪術廻戦143話ネタバレ|五条からのお願い

虎杖はハッと意識を取り戻し、起き上がります。

そして側にいた乙骨と自分のおかれている状況に戸惑っていると。

「よかった〜。」

安堵の表情をみせた乙骨に訳がわからないというような虎杖。

乙骨は実は五条に頼まれて芝居を打ったのだと説明をし始めました。

9月ごろ乙骨を訪ねた五条は、嫌な予感を感じていました。

自分に何かあれば今の1・2年のこと、特に虎杖のことを頼むとお願いしていた。

ほかに執行人を立てられたり、虎杖の情報を絶たれるよりかは芝居をうったほうがいいと判断した乙骨。

総監部から執行人として認めてもらうために虎杖を殺すという「縛り」を結んでいた乙骨は、一度虎杖を殺さなくてはならなかった。

ごめんねと謝る乙骨に、虎杖はなぜ自分は生きているのかと聞きます。

乙骨は虎杖の心臓が一度止まると同時に、反転術式で治していたのです。

虎杖の死が偽装されるのは2度目、いずれはバレるかもしれないがとりあえずは死刑は執行済みとなると説明しました。

どうしてそこまでするのかという虎杖の疑問に、乙骨は答えます。

「僕が大切にしている人たちが、君を大切にしているからだよ。」

呪術廻戦143話ネタバレ|伏黒、登場

乙骨も一度見に余る大きな力を背負った。

それは自分自身が招いたモノ、しかし虎杖の背負った力は虎杖の力じゃない。

「君は悪くない。」

断言する乙骨に、俺のせいじゃないとかではなく、俺は人を…と言いかけたとき。

「虎杖。」

現れたのは、伏黒…!

さっさと高専に戻り先輩と合流するぞという伏黒の言葉を虎杖は制止します。

「当たり前のように受け入れるな。なかったことにするんじゃねぇ。」

虎杖の様子を見て乙骨は、まだ虎杖自身が自分で存在していいのか迷っているんだろうと考えます。

実際に虎杖と戦った際、最後までボルテージが上がっていなかったことに気づいていました。

自分は人を殺し、大勢が死んだんだと叫ぶ虎杖…しかし伏黒は迷いなく言葉をかけます。

「俺たちのせいだ。おまえ独りで勝手に諦めるな。」

俺たちはヒーローじゃない、呪術師だ。

俺たちを本当の意味で裁ける人間はいないからこそ、存在意義を示し続けなければならない。

俺たちに自分のことを考えている暇はない、ただひたすらに人を助ける。

それがお前の行動原理だったはずだ、と話す伏黒。

虎杖は苦しそうな表情で考えていました。

それじゃお前は、俺が隣にいる限り、ずっと苦しむことになるんだぞ!と。

しかしそう考えていた虎杖をわかっていたかのように伏黒は続けます。

「まずは俺を助けろ、虎杖!」

加茂憲倫が仕組んだ呪術を与えられた者たちの殺し合い、死滅回游。

それに津美紀も巻き込まれている。

「頼む虎杖。お前の力が必要だ。」

呪いの海をめぐる、死のゲームが今始まるのです…!

ここまでが143話のネタバレになります! ここからは、公開前に書いた143話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

呪術廻戦のネタバレの143話の展開を考察!

呪術廻戦143話ネタバレ考察|虎杖は宿儺で応戦する?

虎杖の心臓を貫いた乙骨ですが、虎杖が確実に死んだかどうかはまだはっきりしていません。

危機的状況であることは間違いないでしょうが、虎杖が死亡すれば宿儺がすぐにでてきてもおかしくありませんよね。

宿儺が表に出てきて乙骨と戦うという展開が高いかと思うのですが、いまだに表にでてこないのは何故なのでしょうか。

虎杖が死亡しておらず虎杖の意識のまま戦うとしたら、再度リカと乙骨相手に戦うのは正直無謀すぎますよね。

となるとやはり乙骨から逃走する間だけでも宿儺の力を借りるしかなくなると思います。

宿儺の意識となれば宿儺は逃げるという手段はとらなさそうですよね。

果たして宿儺と乙骨が戦った場合はどんな戦いになるんでしょうか。

圧倒的に宿儺の方が勝ち目がありそうな予感がしますが…。

両面宿儺の術式・領域展開や強さについて

乙骨もまだ実力を見せきっていない状態ですので、彼がどんな術式や技を出してくるのかも気になるところです。

呪術廻戦143話ネタバレ考察|虎杖は死亡する?

乙骨に心臓を一撃された虎杖ですが、本当にこのまま死亡してしまうのでしょうか?

個人的には虎杖は死亡しないと思っています。

乙骨はなんらかの目的があって虎杖を攻撃したのでしょう。

そもそも以前にも脂肪からの復活という出来事もありましたし、虎杖の心臓がなくても宿儺が生きていけることはわかっています。

きっと五条とつながりのある乙骨なら五条から聞いていて知っているでしょう。

虎杖悠仁が死亡して復活した経緯とは?

虎杖を引きずって脹相の元へきていることを考えると、虎杖はまだ死亡していない。

死亡したのであれば死体をわざわざ持ってくる必要はありません。

伏黒への切り札として虎杖の命を取っておきたいでしょうし、簡単に死ぬことは宿儺が許さないでしょう。

反転術式で傷を治した様子はないですが、宿儺が何か虎杖を救う手立てを考えている可能性も。

呪術廻戦のネタバレの143話のTwitterでの予想

乙骨の圧倒的な強さにびっくりするファンが多いようですね…。

呪術廻戦のネタバレの143話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の143話のネタバレの内容についてご紹介いたしました。

乙骨が虎杖の味方とわかり安心しましたね!!

一度殺したのは総監部との縛りがあったせいだとわかり、あのごめんねの意味がわかってスッキリしました。

ちなみに脹相と直哉はその後どうなったのでしょうか?

脹相も一応味方なのですが…無事なんでしょうか?

伏黒の登場はかなり嬉しいことですが、死のゲームという最悪の展開となりました。

果たして虎杖たちはどう立ち向かうのか!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【144話】はこちら<<◆>>【142話】はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です