呪術廻戦のネタバレの142話!オリジナルの術式

呪術廻戦のネタバレの142話

今回は、呪術廻戦の142話のネタバレについてご紹介します。

前回は、リカの登場と乙骨の攻撃により心臓を貫かれた虎杖。

脹相も直哉の速さに戸惑いつつも、「弟」を助けるべく赫鱗躍動・載を発動!

虎杖はこのまま死亡してしまうのか?

142話では、脹相と直哉の一騎打ちを中心に描かれます。

それでは本題の、呪術廻戦の142話のネタバレについてお送りします。

 

【143話】はこちら<<◆>>【141話】はこちら

 

呪術廻戦のネタバレの142話までのあらすじ

141話までのあらすじはこんな感じです。

  • 乙骨の呪霊、リカが登場
  • 乙骨が虎杖の心臓を貫く
  • 直哉の速さに驚きつつも攻撃を準備する脹相

リカの登場であっという間にやられてしまった虎杖…。

ではここから、【呪術廻戦のネタバレの142話 お兄ちゃんの背中】の内容を解説していきたいと思います!

呪術廻戦のネタバレの142話!

呪術廻戦142話ネタバレ|直哉に合わせる脹相

10人兄弟の兄だと答えた脹相に対し、直哉は自分は術式とそのしぶとさのことを聞いているのだといら立ちを見せます。

言い終わるや否や瞬時に飛び出した直哉。

しかし脹相は見切ったかのように振り向き、直哉のスピードに合わせます。

脹相の赤鱗躍動が外眼筋に能力を集中させ動体視力を挙げる者だと気付いた直哉。

しかし直哉は隠し持っていたナイフで脹相の腹部を刺します。

「残念。こっちはカウンター前提で動き作っとんのや。」

脹相がしつこいから使わせてもらった、とナイフを脹相に見せつける直哉。

赤血操術だから止血はお手の物だろう、止血に気をまわしつつ自分とどこまでやれるか試してみようと直哉は少し楽しそうに言います。

「用意がいいな。」

そう言った脹相に、ぶっちゃけ術師が得物を持ち歩くのはダサいと思っているから内緒だと答えます。

自分の兄たちも刀をぶら下げてみっともない。

そう話す直哉に脹相は自分の兄弟が嫌いなんだなと聞きます。

「弟よりデキの悪い兄なんか居る意味ないやろ。首括って死んだらええねん。」

直哉の言葉に脹相は少し寂しそうな表情をします。

「その兄弟たちのおかげで今のオマエがあるのかもしれんぞ。

呪術廻戦142話ネタバレ|だから俺は強い

脹相の言葉にドン引きやわ、と心底イヤそうな表情を見せる直哉。

デキが悪かろうと兄は弟の手本である、兄が道を誤ったのなら弟はその道を避ければいい。

兄が正道を歩んだのなら弟は後をついて行けばいい。

オマエが強いのはオマエの兄が弱いおかげだったらどうする?と問う脹相。

自分には手本がない、だから何度も何度も間違える。

「それでも弟の前を歩き続けなければならん。だから俺は強いんだ。」

そう言った脹相の足元には腹部から流れ出した大きな血だまりが…。

次の瞬間、その血が大きな波を打つように直哉の方へ向かってきます。

直哉は何故この量の出血で生きているのかと驚きました。

九相図は呪霊と人間の混血のため、呪力を血液へと変換できる特異体質を持っています。

つまり呪力が枯渇しない限りは失血死することもありません。

呪術廻戦142話ネタバレ|直哉を上回る脹相

脹相の血から逃れるため後ろへ退いた直哉は、大量の血で脹相を見失います。

血液の中から攻撃が飛んできますが、トロい攻撃だ、やはり死にかけかと油断します。

いるはずの前方ではなく横から攻撃を仕掛ける脹相。

間一髪のところで避けた直哉ですが、大量の血から逃げるのに精一杯の様子。

脹相の蹴りを受け止めたと同時に足元に血液がかかってしまい、身体が重くなったかのように足が動かなくなります。

服の生地に染み込んだ血を固定することで動けなくされていたのです。

「後はわかるな、詰みだ。」

そう言った脹相は両手を合わせます。

呪術廻戦142話ネタバレ|圧倒的な強さ

ギリギリの状態のはずなのに未だに少し余裕そうな直哉。

自分の術式は事前に24fpsで作った動きを後追いするため、この程度の足止めなら問題ないとわかっていたから。

「どうやろな、試してみいや。」

そう言って動き出した直哉は、脹相がなぜ撃って来ないのか不思議でした。

150年、自らの術式と向き合い続けた脹相のオリジナル。

「超新星」

直哉が目の前に来たと同時に発動させたその技で、直哉は傷を負うことに…!

「悪いが兄弟を愛せなかった、オマエの気持ちはわからん。」

その脹相の背後から現れたのは何と、乙骨…!!

乙骨は虎杖をひきずりながら、一発で脹相を殴り倒すと直哉に声を掛けます。

「辛そうですけどね、直哉さん。」

圧倒的な強さを前に、倒れたままの直哉も驚くほど…。

ここまでが142話のネタバレになります! ここからは、公開前に書いた142話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

呪術廻戦のネタバレの142話の展開を考察!

呪術廻戦142話ネタバレ考察|虎杖は宿儺で応戦

虎杖の心臓を貫いたことで、虎杖の意識がこのまま保っていられることは無いでしょう。

宿儺が表に出てきて乙骨と戦うという展開が高そうですが、虎杖は自分の意識を何とか早めに覚醒させたいでしょう。

しかし再度リカと乙骨相手に戦うのは正直無謀すぎますよね。

となるとやはり乙骨から逃走する間だけでも宿儺の力を借りるしかなくなるでしょう。

果たして宿儺と乙骨が戦った場合はどんな戦いになるのか。

乙骨もまだ実力を見せきっていない状態ですので、彼がどんな術式や技を出してくるのかも気になるところ。

呪術廻戦142話ネタバレ考察|直哉と脹相の戦い

141話の最後にて赫鱗躍動・載を発動した脹相。

この技は自身の身体能力を向上させる技だったはずですが、あまり長くこの速さの戦いを続ける場合ではないといった感じでしょうか。

今にも虎杖は殺されかけている、そのことに脹相も気付いているはず。

早く決着をつけて弟の元に行こうとしているのだと思います。

直哉自身も赤血操術で怖いのは穿血くらいだと言っていましたから、直哉のスピードをかいくぐりながら穿血を発動する可能性も。

直哉の速さに対応していくのはかなり難しいかもしれませんが、脹相は何らかの作戦を立てているでしょう!

ここ伏黒に会わないまま直哉がやられるか疑問もありますが、個人的には脹相の勝利を期待しています。

呪術廻戦のネタバレの142話のTwitterでの予想

 

やはり宿儺の笑いは伏黒登場のフラグではないかという人が多いようです!

呪術廻戦のネタバレの142話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の142話のネタバレと感想をお送りしました。

直哉と脹相の戦いを中心に描かれた今回ですが、あっという間に決着がついてしまいましたね…。

脹相の渾身の一撃でもう少しで直哉を倒せそうだったに、まさかの乙骨の登場!

しかも虎杖をひきずってくるという…。

虎杖の意識も宿儺の意識もないようですが大丈夫なんでしょうか?

虎杖も脹相も倒れてしまった今、一体どうなるんでしょうか。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【143話】はこちら<<◆>>【141話】はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です