呪術廻戦のネタバレの140話!圧倒的な呪力量の差

呪術廻戦のネタバレの140話

今回は、呪術廻戦の140話のネタバレの内容をご紹介します!

前回は、東京の街にて脹相と共に呪霊狩りを続ける虎杖の前に現れた禪院直哉。

しかし狙いは虎杖ではなく伏黒…そんな直哉を止めるべく2人で戦っていましたが、そこへやってきた乙骨!

ついに虎杖の前に現れた死刑執行人…一体どうなってしまうのか!

140話では、虎杖を狙う乙骨との闘いの様子が描かれます。

それでは本題の、呪術廻戦の140話のネタバレをお送りします。

 

【141話】はこちら<<◆>>【139話】はこちら

 

呪術廻戦のネタバレの140話までのあらすじ

139話までのあらすじはこんな感じです。

  • 東京で呪霊狩りをする脹相と虎杖
  • 虎杖の様子に思わず「鬼神」だと感じる脹相
  • 禪院直哉が現れ伏黒の居場所を問う
  • 戦う三人の前に乙骨が…!

ついに現れた死刑執行人…!

ではここから、【呪術廻戦のネタバレの140話 執行】の内容を解説していきたいと思います!

呪術廻戦のネタバレの140話

乙骨、現る

突然の乙骨の登場に驚くものの、誰だかわからない虎杖。

乙骨が降り立っただけで地面は破壊され、ビリビリとしたオーラに固まる虎杖と脹相。

「誰が虎杖君の、何?」

虎杖だけではなく3人いたところから状況を把握しようとする乙骨に、脹相はやはり虎杖の死刑執行人かと気づきます。

「ちょい待って。味方やで。」

沈黙を破ったのは、直哉。

君、乙骨君やろと声を掛けたことで、虎杖も目の前にいる人物が五条と同じ特級術師の乙骨だと知ります。

直哉と乙骨が会話をしている隙に、脹相は虎杖に小声で逃げるよう指示を出しました。

直哉は自分が足止めする、乙骨から逃げ切ることを考えろ、戦えば死ぬぞと忠告します。

その間にも直哉は乙骨と話を続け、乙骨の邪魔をしないかわりに虎杖を殺しても上に報告はしないでほしいと条件を出していました。

あくまで直哉の狙いは伏黒だからですね。

昨日の時点で落ち合おうと脹相が虎杖に声を掛け、虎杖が飛び出した瞬間。

直哉は脹相を妨害、乙骨は虎杖に瞬時に追いついてしまうのです!

脹相VS直哉、虎杖VS乙骨

抜き身の刀を持ってこの速さか、と驚く虎杖。

しかし乙骨も走り出しでつぶすつもりだったのに意外に虎杖が早いことに驚いていました。

直哉は乙骨と会話しながらも脹相が「赤血操術」を使おうとしていたことに気づいていた。

何故脹相がそれを持っているのかは知らないが、「穿血」を出すには「百斂」つまりデカいタメがいるだろうと指摘します。

「あとは言わんでもわかるやろ。詰みや、死ぬで君。」

そう言って笑う直哉に、脹相は殺気を込めて言います。

「オマエこそ俺の弟に手を出して、生きて帰れると思っているのか?」

一方虎杖は乙骨の刀から逃げ切るため、倒れた車を死角にして応戦。

絶対斬ったと思ったのに…そう思いながら乙骨は思わずつぶやきます。

「真希さんみたいだ。」

そのまま車ごと乙骨を殴り飛ばす様にして攻撃した虎杖。

見通しのいい場所では乙骨から逃げ切れない、だから今のうちに…屋内に逃げ込むことに!

死ぬわけにはいかない

屋内へと走る虎杖の頭上に、先ほど飛ばしたはずの車が降ってきます。

咄嗟のところで避けた虎杖に、パワータイプに見えないだろうから驚いたかと問う乙骨。

実際非力な方だという彼に、虎杖はとんでもない呪力量を感じていました。

パワー不足を呪力強化で補っている、皆がやっているがこの人がやると虎杖と真逆。

実は五条先生よりも呪力量は多いんだという乙骨に虎杖は驚きます。

しかし五条には「六眼」があるため、術式を発動した時のロス呪力は限りなく0。

パフォーマンスはやはり五条が1番だと話す乙骨。

「話は終わり。」

そう言った瞬間虎杖に向かってくる乙骨…!

以前藤堂葵が言っていたことを思い出した虎杖。

「一定の術師ほど呪力の流れが読みづらいものだ。オマエとは違う理由でな。」

その意味は、一流ほど呪力操作の精度が高いから直前まで攻撃が予測できないということ。

だが乙骨は、刀を含め全身から常に呪力が立ち昇っている!

虎杖は動きを読む読まない以前の問題だと感じていました。

しかし、虎杖は諦めるわけにはいかない。

”後は頼みます。”

ナナミンのその言葉を思い出し、乙骨に立ち向かうのです!

「悪いけどまだ死ぬわけにはいかねぇんだわ。」

七海健人の術式とは?

ここまでが140話のネタバレになります! ここからは、140話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

呪術廻戦のネタバレの140話の展開を考察!

虎杖、乙骨と対峙

ついに対面した虎杖と乙骨ですが、乙骨の気配に虎杖たち3人はその不気味な気配にぞっとしていました。

虎杖は脹相に「鬼神」と思わせるほど強さになったものの、1級程度ではなるかもしれませんが、相手は特級術師。

乙骨憂太の強さや術式って?

戦ってそう簡単に勝てる相手でありませんよね。

乙骨が現れたときの様子からすると、ある程度冷静な状態と言えます。

ということは、すぐに死刑執行というわけではないのかもしれません。

まずは東京事変の確認などを行い、その上で死刑を執行するかしないかある程度判断する時間がありそうです。

狗巻を傷つけられたことでかなり怒っている状態の乙骨ですが、狗巻の件は虎杖ではないと知れば何かしら考えを変えてくれる可能性もあります。

そもそも上層部のいう事が信じられず、自らの目で事実を確かめるために虎杖の死刑を引き受けたという線もあるかもしれませんね。

直哉と脹相

乙骨の狙いは虎杖ですので、他の2人は死刑執行には邪魔になります。

そもそも直哉は宿儺の器である虎杖を殺さなくてはいけませんが、彼の狙いは当主の座奪還。

つまり伏黒の抹殺が目的なので、虎杖はあくまで邪魔しそうだから潰しておく、と言った感じですよね。

死刑執行人の乙骨が来たのであれば、直哉は虎杖から手を引くのではないでしょうか。

別に虎杖の生死はどうでもいいと言っていましたもんね。

直哉は静観するもしくは伏黒を探しに向かうかもしれません。

万が一早々に乙骨が死刑を執行しようとした場合、脹相は止めようと虎杖と一緒に闘うことになるでしょう。

しかし脹相と虎杖2人では圧倒的な呪力を持った乙骨の相手にもならなさそう…。

ならばここは一旦退く、という選択をするかもしれませんね。

虎杖と脹相の関係性をおさらい!

伏黒は津美紀の元に?

直哉の言葉により、伏黒は虎杖の捜索に当たっていることがわかっています。

無人の銀座でこれだけ暴れていればすぐにでも見つけられそうなのに、伏黒が一番にたどり着いていないのは何故でしょうか。

実際、直哉はこう言っていました。

「目立ちすぎやで逃げる気ないん?」

ということは探そうと思えばすぐに探せる状況だという事です。

伏黒はどこに行ったんだろう?

伏黒は虎杖の捜索の前に姉である津美紀の元へ行っているんではないでしょうか?

伏黒は埼玉から東京へと移り住んできたことから考えると、津美紀の入院先も東京もしくは埼玉の可能性が高いです。

偽夏油の力で発生してしまった呪霊は、徐々に勢力が拡大しており広範囲へと広がっているでしょう。

東京事変後に津美紀の身を案じた伏黒は、虎杖のところへ行く前に病院へ行き、津美紀の避難を優先させたのではないか。

伏黒の津美紀への愛情を考えると可能性は高いですよね。

伏黒恵と津美紀の関係性

呪術廻戦のネタバレの140話のTwitterでの予想

 

乙骨の登場でハラハラするファンが多いようですね!

そして伏黒は一体どこに…?

呪術廻戦のネタバレの140話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の140話のネタバレと感想をお伝えしました。

ちょっとの猶予をくれるんじゃないかという予想に反して、乙骨はすぐに攻撃したきましたね…。

自己紹介したり誤解を解いたりする時間すらありませんでした(*_*;

自分との呪力の違いに圧倒されながらも、七海の最後の言葉を思い出して戦うところは感動しちゃいました!

直哉たちの戦いも気になりますが、果たして虎杖は勝てるのかどうか?

正攻法では無理でしょうから、宿儺に頼るしかないのか…でも、もう一度出てきてしまってはまた被害も大きそうです。

果たしてこの戦いの決着はどうなるのでしょうか?

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【141話】はこちら<<◆>>【139話】はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です