【呪術廻戦】伏黒恵の家族構成や領域展開、十種影法術の式神についても徹底解説

こんにちは、こーです!

今回は【呪術廻戦】伏黒恵と宿儺の関係や家族構成など十種影法術の式神についても解説させていただきます。

伏黒恵は主人公である虎杖悠仁(いたどりゆうじ)とは呪術高専の同期であり友でもあります。

一年生ながらに2級呪術師、優秀でクールな優等生です。

戦闘での分析や戦術の組み立てが得意な彼を分析していきます。

伏黒恵の特徴は何といっても術式の多彩さです。
後半でたっぷり解説させてください!

召喚する姿はかっこよくて真似したくなります!

プロフィール

基本テンションの低い長身で切れ目の伏黒恵は女の子みたいな名前ですがかっこいい黒髪男子です!

プロフィールどうぞ!

  • 伏黒恵(ふしぐろめぐみ)
  • 誕生日:12月22日
  • 出身:埼玉
  • 身長:176cmくらい
  • 所属:東京都立呪術専門高等学校一年
  • 等級:二級呪術師
  • 趣味:実話系の本を読むこと
  • 好きな食べ物:しょうがに合うもの
  • 嫌いな食べ物:パプリカ
  • 声優:内田雄馬

性格

いつも冷静で素っ気なく見えるタイプですが、虎杖や釘埼の遊びの場では付いて来ていたりと他人が嫌いではない様子。

そんな伏黒恵の性格が垣間見える名言を紹介します。

性格が分かる名言

第二話より

仮に器だとしても呪術規定にのっとれば虎杖は処刑対象です。でも死なせたくありません。

周りの命のために宿儺の指を飲み込んだ虎杖の男気に感情移入した伏黒が任務と感情のはざまで揺れる一言です。

結構序盤から熱い男が見え隠れします!

第九話より

俺は正義の味方じゃない。呪術師なんだ。

正義とか悪とかではなく、呪術師としてのプライドが伏黒の人を助ける原動力なんです。

自分の能力の中でやれることをやる。
伏黒にとって、そこに正義とかは関係ないんですね。

第十七話より

その人に揺るがない人間性があれば、それ以上は何も求めません。

好きなタイプの女の子の話で盛り上がる京都高の東堂に言い放った言葉です。

漫画内でも読者にも異性の好感度が上がりまくります。

僕も、揺るがない人間性があれば、それ以上は何も求めません。

伏黒恵の家族構成

伏黒恵には父と母と腹違いの姉がいます。

なかなか特殊な環境のようで、呪術高に通うきっかけも、その生い立ちに起因しています。

呪われた義姉「美津記」

恵にとっては義理の姉になりますが、とても優しく心配性で清らかな人物です。

しかし、完全な善人である姉は呪いを受けていました。

その呪いに苦しみ床にふせるようになってしまいます。

善人である姉でさえ呪いを受けるという不平等さに憤りを感じ、恵は「善人が平等を享受できるようにしたい」と考えるようになり呪術師になることを決めます。

謎の母

母親にについては全くと言っていいほど語られておらず、禪院甚爾の子・恵を生んだのち他界したようです。

強すぎた父

父親は御三家の一つである禪院家の分家の生まれで禪院甚爾(ぜんいんとうじ)という。

小学校に入ったばかりの恵を禪院家に売りさばき資金を得ようと考えるような人でなしですが、呪力を持って生まれなかったことで尋常な身体能力と特異体質を手に入れ、体内で呪霊を飼うほどの異常者です。

あまりの強さに、不意打ちではありますが最強五条悟を一番死に近づけた男ですが、死に近づき覚醒した五条悟に殺されます

呪術廻戦の強さランキングなら伏黒の父・禪院甚爾を五条悟に次いだ2位に据える方は少なくないと思います。
非術師の中では間違いなく1位に手が届きます。

主人公と対を成す強さ

伏黒恵といえば主人公である虎杖悠仁とはライバルであり親友という関係でありますが、その強さや多彩さ技のかっこよさは主人公に追従するほどのものがあります。

その代表が彼の術式である「十種影法術」です。

十種影法術は十種神宝(とくさのかんだら)をモチーフにした有能な式神で、とにかく多彩で使い勝手が良いです。

伏黒の作戦組み立てとの相性抜群なので紹介していきます!

術式「十種影法術」(とくさのかげほうじゅつ)を解説!

鵺(ぬえ)

神宝モチーフ:体毛により未確認

骸骨の仮面をつけたような大きな鳥。

飛行能力があり移動手段とする他、帯電した呪力をまとって体当たりもできる。

大きな羽で防壁にすることもできる。

蝦蟇(がま)

神宝モチーフ:沖津鏡(おきつかがみ)

人を口の中に収納できるほど大きなカエル。

手のひらほどの大きさにもできる。

舌を伸ばし拘束したり、掴んで投げたり、突き出すようにして殴ることもできる。

不知井底(せいていしらず)

羽の生えた小柄なカエル。

鵺と蝦蟇の術式を合わせたもの。

空中からの攻撃や、量産が可能でコスパがいい。

攪乱や奇襲に使われる。

玉犬・白(ぎょくけん・しろ)

神宝モチーフ:道返玉(ちかへしのたま)

白い中型犬。

嗅覚が優れ探知効力による追尾などが得意で戦闘も可能。

特級呪霊によって破壊されてからは顕現できなくなった。

玉犬・黒(ぎょくけん・くろ)

神宝モチーフ:足玉(たるたま)

黒い中型犬。

「白」とほぼ一緒の能力で策敵範囲を広げたいときは二体同時で使用できる。

玉犬・渾(ぎょくけん・こん)

2.5mほどの黒い犬。

「玉犬・白」を「黒」に上乗せした式神

二足歩行で戦闘する姿は狼男に近い。

牙も爪も毛並みも荒々しく激しい肉弾戦を得意とする。

大蛇(おろち)

神宝モチーフ:生玉(いくたま)

大きな蛇。

気配を消しての潜伏が得意で奇襲に使われる。

宿儺により破壊された。

満象(ばんしょう)

神宝モチーフ:辺津鏡(へつかがみ)

一般的な象。

大量の水を鼻から出しての範囲攻撃や地形条件の変化に使われたり、空中に召喚し敵を押しつぶしたりできる。

呪力の消費が激しい。

脱兎(だっと)

神宝モチーフ:未確認

一般的な大きさのウサギ。

大量に出せて、目くらましや包囲による時間稼ぎができる。

攻撃力が弱いが体当たりも可。

十種影法術「ふるべゆらゆら やつかの」とは

この呪文は伏黒が命懸けの状況に陥ったときに唱えるがまだ顕現されていない十種影法術です。

「やつかの」と言っていることから神宝「八握剣(やつかのつるぎ)」がモチーフになっているようです。

自分の命と引き換えに顕現できる式神で宿儺が興味を持つほどの大技です。

式神十個は多い!しかも、かけ合わせて派生する。。多彩過ぎる。

確認できてるだけで7種の式神。内2体は破壊されていますが、まだ会得していない式神もいたりで、多彩さは増すばかりです。

領域展開:嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)

まだ不完全な領域展開です。

五条悟との修行中の言葉により自分のリミッターを外すことが可能になり、58話で八十八橋の特級呪霊を相手に展開。

地面を粘度のある黒い影のような液体で満たすことで地中からあらゆる式神を召喚することが可能になるもの。

特級呪霊の全方位攻撃によって消されましたが、伏黒本人が呪霊の影に潜み奇襲で討伐。

単独での特級呪霊を祓うほどの実力に成長した。

使用した後は力尽き一歩も動けなくなる。

この領域展開を使う時にリミッターを外すために吹っ切れて、ハイになり高笑いする伏黒は異常に見えますが、一瞬「父・禪院甚爾」を思い出します。

【呪術廻戦】伏黒恵と宿儺の関係や家族構成など十種影法術の式神について まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は【呪術廻戦】伏黒恵と宿儺の関係や家族構成など十種影法術の式神についてまとめさせていただきました!

主人公の良き友であり、切磋琢磨する伏黒恵は冷静と情熱を併せ持った人物でした。

その術式の多彩さと戦術の組み立てセンスは仲間に厚い信頼を置かれています。

また、宿儺に興味を持たれるほどの隠れた能力を持ち、最強に手が届くほどの父を持っています。

彼の戦闘はIQが高く、知的な能力バトルが好きな読者を満足させ続けています。

父親も母親も死んでいますが、少年ジャンプでは父親が生き返るような展開も用意されています。
会ったことのない父ですが対面するようなシーンを期待!

以上、【呪術廻戦】伏黒恵と宿儺の関係や家族構成など十種影法術の式神についてのまとめでした!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です