呪術廻戦のネタバレの141話!心臓を貫かれる

呪術廻戦のネタバレの141話

今回は、呪術廻戦の141話のネタバレの内容をご紹介します。

前回は、脹相と虎杖の作戦もむなしくあっという間に距離を乙骨に詰められてしまった虎杖。

そして脹相も直哉と戦うことに…!

果たして虎杖は無事に乙骨から逃げられるのか、それとも処刑されてしまうのか!

141話では、リカの登場になり不利になった虎杖は乙骨に心臓を貫かれる展開に…!

それでは本題の、呪術廻戦の141話のネタバレをお送りします。

 

【142話】はこちら<<◆>>【140話】はこちら

 

呪術廻戦のネタバレの141話までのあらすじ

140話までのあらすじはこんな感じです。

  • 虎杖の元にきた乙骨と直哉
  • 脹相はが虎杖を逃がそうとするも失敗
  • すぐに乙骨に追いつかれてしまう
  • 七海の言葉を思い出し、ここで終われないと腹をくくる虎杖

圧倒的な呪力量の差を前に、虎杖はどう勝負するのか!

ではここから、【呪術廻戦のネタバレの141話 うしろのしょうめん】の内容を解説していきたいと思います!

呪術廻戦のネタバレの141話!

負傷する虎杖

乙骨と正面からぶつかり合う虎杖は、まず乙骨の刀をなんとかしようと考えます。

呪力で強化さえしていれば刃物なんて怖くなかったが、乙骨を前にそんなことを言っていたらあっという間に鱠にされてしまう。

後方にあった四輪駆動車にかけより、窓をすり抜けた一瞬。

シートにあったナイフを手に取り乙骨の刀を受け止めます。

一瞬にしてナイフを手に入れた乙骨もさすがに驚いていました。

しかし先程の四駆か、と納得し特殊な呪具じゃないなら怖がらなくていいと考えます。

“ビビるな、間合いを詰めろ!”

虎杖はナイフに呪力をこめながら攻撃しながら、以前五条と話していたことを思い出します。

「タイプによっては得物の扱いを軸に修行を進めるんだけど、悠仁にこういうのはまだ先かな。」

そう、刃物を持った時の呪力の込め方は習っていなかったのです。

乙骨の刀を小さなナイフで受け止める虎杖。

「意識が、刀にいきすぎ。」

乙骨はそう言うと前蹴りで虎杖を退けます。

そしてナイフを切ったかと思うと同時に虎杖の体に大きな傷が…!

リカ登場

虎杖も傷を負いながら負けじと振り下ろされた刀を踏んだまま蹴り上げ、真っ二つに折ります。

結構深い傷のようだけど、瞬時に動けるとはさすがだね。

五条先生の教え子なら一筋縄じゃいかないか、と乙骨は焦るどころかまだ余裕そうな表情。

対して虎杖は傷は深いものの内臓まではいってない、と必死な様子。

そんな虎杖の顔を包むように背後から伸びてきた手…!

「なにしてるのォ」

そこにはリカの姿が…!

リカの存在に全く気づかなかった虎杖は、身動きが取れず焦ります。

乙骨はリカに虎杖をそのまま押さえておくようにいうと、心臓を一突き。

「ごめんね、虎杖くん。」

虎杖の中の宿儺は悔しそうに舌打ちをしますが、すぐに何かに気付いたのかニヤリと笑います。

宿儺は何かに気づいていたようだけど、一体何に気づいたんだろう。

10人兄弟の兄

一方その頃直哉と交戦中の脹相。

壁などを使い隠れ逃げようとするも、直哉の速さに驚きます。

術式の種が全くわからないため、「百斂」どころの話ではないと焦ります。

体外での血液操作がまるで機能しない。

脹相のしぶとさに君は何なんだと怪訝そうな表情の直哉。

「兄さ。10人兄弟のな。」

そう言った脹相は、直哉に抗うために赫鱗躍動・載を展開します!

ここまでが141話のネタバレになります! ここからは、公開前に書いた141話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

呪術廻戦のネタバレの141話の展開を考察!

リカちゃんは登場するのか

リカちゃんとは、乙骨が使役する呪霊のこと。

乙骨の強さやリカの関係について

圧倒的な呪力量の差がありながらも、虎杖は必死に応戦している状況。

乙骨の方も虎杖の身のこなしに驚きつつもまだ余裕そうな表情ですし、本気を出せばあっという間に虎杖がやられてもおかしくありません。

「話は終わり。」

前話の終盤にそう言っていたことから、早々に決着をつけるつもりなのでしょう。

虎杖も処刑されるわけにいかないので、必死に逃げる。

より圧倒的な力の差を見せるために、より確実に素早く処刑するために、リカちゃんを登場させるのではないでしょうか。

そうなると虎杖だけでは太刀打ちできなさそうな予感…。

脹相の力を借りたいところですが、こちらも直哉と応戦中のため難しいでしょう。

となると虎杖は宿儺を出すしかなくなるのではないでしょうが、虎杖はそうするわけにはいかない…と難しい戦いとなりそうです。

乙骨が呪力切れする

前話にて、自分に呪力切れがあると話していた乙骨。

五条より多いという呪力量ですが、五条は術式時のロス呪力がゼロの為、パフォーマンスでは乙骨が下回るという事実が判明しました。

膨大な呪力量のようですが、この戦いで呪力切れを起こす可能性はあるのでしょうか?

常に全身に呪力を纏う事で全ての攻撃が決定打になり得ると分析していた虎杖。

短時間での戦いにはかなり有利な戦い方かもしれませんが、もし長期戦となったら?

万が一宿儺が出てきた場合は長期戦も見込めますよね。

そうなるといずれ呪力切れを起こすのではないかという展開も予想できます。

でも五条より多い呪力量だからな…乙骨がどんな戦い方をしてくるかにもよるね!

もし乙骨が呪力切れを起こし攻撃の手が緩むなんてことがあるなら、虎杖は逃げ出せるかもしれません!

特級呪霊VS特級呪術師

そもそも乙骨は虎杖の処刑もそうですが、もしかすると最初から宿儺を出すことを狙っているかもしれません。

狗巻の仇を取るためでしょうが、そうなると乙骨&リカVS宿儺といった構図になりそうですね。

五条を上回る呪力量の特級呪術師の乙骨と特級呪霊の宿儺、どちらが強いのかかなり楽しみです。

もし乙骨と宿儺が戦うとなれば相当激しい戦いになりそうな予感。

脹相と交戦中の直哉は宿儺の登場に危険を察知し、そもそもの狙いは虎杖ではない彼は逃げるかもしれませんね。

乙骨が虎杖より宿儺を狙ってきたのだとすれば、何の勝算もない状態で来るとは思いません。

乙骨は宿儺を倒す算段を立てている、もしくは虎杖を救う為に何か作戦があるそのために宿儺と話さなければならなかった可能性も。

個人的には虎杖と乙骨が協力しあうことを希望したいので、そのために乙骨が作戦を練っていると考えたいです!

乙骨が味方になる可能性

現状として乙骨が虎杖の味方になる可能性はかなり低そうな気がします。

前回少し話をしただけで虎杖に狗巻のケガについての事実確認等をすることもありませんでした。

乙骨は上層部から狗巻の腕が欠損した理由は「宿儺の伏魔御廚子に巻き込まれたため」と聞いています。

しかし虎杖を処刑したい上層部のウソという可能性も捨てきれません。

つまり乙骨はまだ宿儺が狗巻の件の犯人だと思い込んだままだという事。

狗巻の仇を取るために宿儺の出現を望んでいると思われる乙骨。

虎杖の中から宿儺を呼び出し、宿儺に事実を聞いて犯人が虎杖ではないと確定すれば攻撃をやめ味方になるかもしれません。

そろそろ狗巻の腕の件についても詳細がわかってきそうですね!

乙骨が味方になればかなり助かるんだけどな~。上層部のいう事は本当なのかな?

呪術廻戦のネタバレの141話のTwitterでの予想

皆さん狗巻の腕は虎杖のせいではなく上層部のウソと考えている人が多いようです。

あとはリカの登場を待つ声も…!

呪術廻戦のネタバレの141話が確定 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の141話のネタバレと感想についてお伝えいたしました。

まさかこうもあっさり虎杖がやられてしまうとは…。

やはりリカちゃんが登場しましたが、一瞬にして終わってしまいました。

宿儺は何かに気づき少し嬉しそうな様子をみせていましたが、彼は一体何に気づいたのか。

もしかするとそこに勝算があるのかも?

直哉に押され気味だった脹相と直哉の戦いも気になります!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【142話】はこちら<<◆>>【140話】はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です