>>無料でヒロアカを全話みる

ヒロアカのネタバレ245話エンデヴァーが超ファインプレー

こんにちは、こーです!

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のNo.245の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前話で、ホークスが超回りくどく”超常開放戦線”についての動きを伝えようとしましたね。

ほんと、うまいことやりますよねホークス。

今できる精一杯のことをホークスはやったんですが、エンデヴァーはこの”嘘”に気づけるんでしょうか?

頑張れエンデヴァー!(笑)

 

【No.246】はこちら<<◆>>【No.244】はこちら

 

 

 

以下、ヒロアカ【No.245】のネタバレを含む内容になっております。

ヒロアカのネタバレ245話

ホークス頭良すぎ

エンデヴァーの前ではいつもおどけて見せていたホークス。

しかし、エンデヴァーに”異能開放戦線”の本を手渡す時の表情は、眼光鋭く真剣そのもの。

 

「なんだ、この違和感は…」

 

エンデヴァーも本を手渡す時のホークス発言と表情で、いつもと違う雰囲気を感じ取った様子でした。

 

「No.2が推す本!」

 

そこに勉強熱心な緑谷が食いつきます。

そんな勤勉な学生のために、ホークスはどこからともなく”布教用”に持っていた何冊もの”異能開放戦線”の本を取り出します。

布教用とは、、、準備が良すぎるぜNo.2!

布教用というのは、ヴィラン側に「ちゃんと活動してますよ」とアピールするためのカモフラージュでしょう。(ホークスはヴィラン側に常に監視されていますからね)

本を手渡したホークスはこれまた意味深なセリフを言い残し、飛び去っていきました。

サイドキックかっけー!

事務所に戻ったエンデヴァーと生徒達。

エンデヴァーのサイドキック達が緑谷達を迎え、有名サイドキックの「バーニン」が生徒達を激励します。

大手のエンデヴァー事務所はサイドキックが30人以上いるらしいです!

さすがNo.1事務所!

No.1事務所らしい仕事量で、警護依頼・イベントオファーなどで1日あたり100件以上の依頼をこなしているらしいです!

激務にも関わらず、所属しているサイドキック達は皆活気があります。

そんな中でヒーローの職務を経験できる緑谷、爆豪、轟は恵まれていますね^^

一番息巻いていたのはやっぱり爆豪でした(笑)

先の戦闘で、エンデヴァーやホークスらプロヒーローと、自身の実力の差を体感したためでしょうか、どこまでも上昇志向の高い男です。

彼ら3人については、下記記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

サイドキックに対してもため口で横柄でしたw
だが、そういうの嫌いじゃないぜ。

エンデヴァー、良い子

「腑に堕ちん…」

生徒とサイドキックのやり取りが行われている最中、エンデヴァーは自室に籠り、ホークスと話した時の”違和感”についてじっと考えていました。

論理的に思考を巡らすエンデヴァー。

 

エンデヴァーの前ではいつもはおどけて本心を口にするホークス。

しかし、あの時のホークスはまさに”真逆”!

 

少なくとも、本を手渡した時のホークスの発言が本心ではないことを確信します。

やったぜエンデヴァー!

そして、ホークスが去り際に言ったセリフを頼りに”超常開放戦線”側の動向を知ることに成功します。

それは、なんと「4か月後に”超常開放戦線”が全面攻勢に出る」という超恐ろしい内容でした。

 

さあ、ヒーロー側はどう動く!?

ヒロアカのネタバレ245話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のNo.245のネタバレと感想について書かせていただきました。

やっぱり全面戦争展開きましたね。

しかも4か月後ってすぐやん。

”超常開放戦線”側は死柄木のパワーアップ+ギガントマキア加勢という、戦力の超大型補強に成功しています。

対してヒーロー側は先日オールマイト引退し、No.1を引きついだエンデヴァーもまだまだ頼りないですよね^^;

これはもしや、ヒーロー側に同じく超大型補強がなされる予感!!!

今後の展開に期待しましょう!

 

【No.246】はこちら<<◆>>【No.244】はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です