>>無料でヒロアカを全話みる

ヒロアカのネタバレ246話 エンデヴァーの固い決意!

こんにちは、こーです!

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のNo.246の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前話で、超常開放戦線が「4か月後」に全面戦争に打って出ることがわかりました。

4か月の猶予があるってのがヒーロー側の唯一の救いですね^^;

今回のお話は、ヴィラン側、ヒーロー側両方のこれからの成長を感じさせるお話です。

 

【No.247】はこちら<<◆>>【No.245】はこちら 

 

 

以下、ヒロアカ【No.246】のネタバレを含む内容になっております。

ヒロアカのネタバレ246話

破壊の権化

「お前破壊の権化となり果てた…」

リ・デストロとの戦闘で記憶を取り戻し、真の力に目覚めた死柄木を、ドクターは「破壊の権化」と表現します。

今では、恐らくトップヒーローでさえも死柄木に対抗できるか怪しいくらいに、死柄木は強くなってしまいました。

しかし、その代償もあったみたいで、”崩壊”の個性をフルに使用すると、死柄木自身の身体にもダメージが及ぶようになってしまったんです。

リ・デストロとの戦闘で、個性を余すことなく使用した死柄木の腕は、ただれてボロボロになっていました。

そのため、死柄木自身は自分の力に慢心することなく、”使えるものは全て使う”くらいの気持ちでいるようです。

こういうちゃんと考える敵は、ヒーロー側からしたらかなり厄介ですよね^^;

ドクターは、死柄木の身体が”個性”に耐えられなくなったことを、「個性特異点」といいます。

MEMO
「個性特異点」とは、「世代を追うごとに複雑化・強大化する”個性”が、いずれ人間の身体が耐えられなくなるほどの強大な力になる可能性がある」という説です。

この説は、ドクターが前々から提唱してきた理論らしいのですが、これまでこの理論を真に受ける科学者はいなかったようです。

そして、今の死柄木がまさに「個性特異点」に達した状態なんですね。

ドクターは、死柄木をオール・フォー・ワン級の凶悪なヴィランに改良するため、これから4か月間の間に死柄木の身体をイジるようです。

ホークスの諜報活動

一方、ホークスは超常開放戦線のアジト内を探索しようとします。

しかし、ホークスには常に監視役に人がつけられており、自由に歩き回ることさえままなりません。

ホークスはどうすればコイツらを一網打尽にできるかを考えます。

いずれは攻勢に出るべきなのは明らかですが、そのタイミングをまだ計りかねています。

闇雲に攻勢に出て、見えていなかった敵を取り逃がしてしまうのはナンセンスです。

  • 解放軍の数
  • 全国にあるという拠点の数
  • 解放軍に加担しているヒーローは誰なのか

などなど、まだまだ必要な情報がいっぱいです。

まだホークスは解放軍からの信頼を完全に得られていないようなので、調査は難航してるようです。

エンデヴァーの決意

ホークスの暗号をすべて読み解いたエンデヴァーは、ホークスと公安の意図を察します。

今のヒーローの戦力だけでは解放軍に敵わないこと、その戦力の補強に生徒達が含まれていて「今回の雄英生徒のインターン=ヴィランへ対抗するための準備」であることを理解します。

MEMO
そういえば、インターンを再開するよう要請したのも公安からでしたね。

来るべき日のために、生徒達を一人前に育て上げる必要があることを誓ったエンデヴァーは、エンデヴァーのヒーロー事務所にインターンに来た緑谷、轟、爆豪の3人をエンデヴァーが直接指導することに決めます。

緑谷、轟、爆豪からすると願ってもない成長のチャンスですね!

▽▼ヒロアカ6~7巻イッキ見する方法▼▽


△▲ 実質タダ(0円)で読めるよ。 ▲△

ヒロアカのネタバレ246話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のNo.246のネタバレと感想について書かせていただきました。

最後のエンデヴァーの真剣な目がかっこよかったわ~!

漢の中の漢って感じでしたね!

次回からは、エンデヴァーの猛特訓が始まりそうですね!

早く成長してくれよ、有精卵ども!

本話は、ホークスの活躍が目立ちましたね^^

 

【No.247】はこちら<<◆>>【No.245】はこちら 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です