ヒロアカのネタバレの303話!ワンフォーオールとは何か

ヒロアカのネタバレの303話

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の303話のネタバレの内容をご紹介します!

前回は、燈矢が死亡したとされるまでに至った経緯が描かれました。

なんとかして諦めさせようという両親と、自分を認めてほしいという燈矢。

どちらの想いもわかる切ない回でしたが、そんな悲しみにあふれた轟家を救ったのは、焦凍!

家族が一致団結したことでエンデヴァーはどう行動するのでしょうか?

303話では、エンデヴァーを支えるべくホークスが動き出す様子が描かれます!

それでは本題の、ヒロアカの303話のネタバレをお送りします。

そして、2021年3月27日からはついにヒロアカの5期が放送開始!アニメ版でもヒロアカは盛り上がりを見せること間違いなしです!

 

【304話】はこちら<<◆>>【302話】はこちら

 

ヒロアカのネタバレの303話までのあらすじ

302話までのあらすじはこんな感じです。

  • 父に自分を見てほしかった燈矢
  • 炎が暴走し火事を起こし死亡とされた
  • 後悔と悲しみを口にする轟家の4人
  • そんな家族を救ったのは焦凍…!

エンデヴァーに、荼毘と戦うしかないのだといった冷はかっこよかった!

ではここから、【ヒロアカのネタバレの303話 トップ3】の内容を解説していきたいと思います!

ヒロアカのネタバレの303話

ホークス・ジーニスト登場

エンデヴァーたち家族の話し合いがひと段落ついたころ、病室にホークスとベストジーニストが入ってきました。

「その家族旅行、俺らもご一緒してよろしいですかね?」

驚く焦凍とエンデヴァー、そして冷はハッとしたような様子。

話し続けるホークスに対し土下座をする形で頭を下げた冷。

「轟家の息子が…申し訳ありませんでした。」

そんな冷を見てホークスたちは驚き、慌ててホークスは携帯を打つ手を最速で操作しやめてくださいと答えました。

荼毘について伺いたかっただけだというジーニストはさっと冷を立ち上がらせます。

違法デニムとは?という疑問は残りますが…(笑)

怨嗟の原因は捜査の手がかりになる、荼毘がそうやって生き延び変貌を遂げたのかは本人に聞くとしようというベストジーニスト。

ホークスはエンデヴァーの昔の映像は観てきたが、若い頃の執念がこんな形で肥大しているとはショックだと告げます。

その言葉に少し落ち込んだ様子のエンデヴァー…。

君はかっこいいな

ホークスは焦凍の方に手を掛け、この顔の火傷もエンデヴァーなのかと問いました。

すると冷がすかさず私だと答えます。

そんな冷にお母さん、と呼びかけ声を詰まらせる焦凍。

ホークスは親と向き合えなかった、諦めて見限った。

「焦凍君、君はかっこいいな。」

自分と焦凍を重ね合わせ言葉をかけ、そして今の現状について語り始めました。

死柄木、荼毘、トガヒミコ、スピナー、スケプティックをはじめとした解放戦線構成員132名が逃走。

そして脳無ニア・ハイエンドが全て行方不明である。

さらにはタルタロス等の刑務所から1万以上の受刑者が野に放たれたこと、ヒーロー公安委員会の中枢が死亡し機能していないこと。

そしてヒーローたちが次々と辞職中であること。

ヒーローを信じ切れなくなった一般市民が戦うため被害がさらにひどくなっている上に、各国からのヒーローの要請もままならない状況だと説明します。

これが、わずか二日間で起きた事態。

チームアップ

ホークスも冷が言った通り、エンデヴァーは戦うしか道はないと断言します。

そしてそれは自分達も、家庭だけで占有しないでいただきたいと明るく言いました。

「てなワケで、こっからはトップ3のチームアップです!」

荼毘の言う通り轟家の話が本当だとしても、きっと違う。

正しくあろうとする人を俺は支えたい、そう思っていたホークス。

自分達と家族がいれば、少しは肩が軽くなって歩ける気がしないか?と声を掛けると、エンデヴァーはまた涙を流しながら頷くのです。

夏雄はエンデヴァーに一言。

「燈矢兄を…止めるまでだから。」

ホークスとジーニストの関係

激アツなチームアップ作戦です!!

ワンフォーオールとは

エンデヴァーの了承を得たホークスは早速今後の作戦を立て始めますが、ひとつ不明確な要素があると懸念を示します。

「”ワン・フォー・オール”って、何なんですかね?」

ホークスの問いに冬美も思い出したように話します。

先ほど病院に入る際に記者から向けられた質問。

「死柄木との応戦時エンデヴァーが呟いたという、”ワン・フォー・オール”について何かご存知でしょうか!?」

オール・フォー・ワンと何か関係があるのかと問う記者を相手にすることなく急いで病院内へ入っていた冬美。

「ワン・フォー・オール…我々はそれの正体を知らなきゃあいけません。」

ホークスのその言葉に、エンデヴァーは交戦時に死柄木がデクを狙っていたことを思い出します。

「…デク…?」

一方その頃、デクの上質の前では爆豪が大声でいつまで寝てると叫んでいました。

峰田達が何とか爆豪を回収し、飯田やお茶子も爆豪が前よりうるさくなっとる…と安心した様子。

そこへ現れたベストジーニストとホークス。

デクと話したいというホークスに、飯田はオールマイトが2人にしてほしいと言っていたと答えます。

「オールマイトが…。」

何かを気付いた様子のホークス。

ドアの内側ではデクの手をそっと握りあることを感じていたオールマイト。

デクの中の、ワンフォーオールの中の自分を感じる。

君は今、先代たちと話しているんだね。

眠りの中でデクはどんな話をし、何を知るのか…!?

ここまでが303話のネタバレになります! ここからは公開前に書いた303話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

ヒロアカのネタバレの303話の展開を考察!

エンデヴァーが会見をする

轟一家が一致団結し感動した前回。

エンデヴァーに対し、冷はこう言っていました。

「心が砕けても私たちが立たせます。あなたは荼毘と戦うしかないの。」

荼毘をおさえられるのは、焦凍ではなく父親であるエンデヴァーの役目。

どんなに世間の批判にさらされようと、燈矢に恨まれていようと、息子をこれ以上見て見ぬふりすることはできません。

世間ではエンデヴァーが責任を取って引退する道を望んでいる声があるかもしれません。

しかし、エンデヴァーは自らの過ちを清算するために引退はしないという選択肢をとるでしょう。

そのためにはまずメディアの前に出て説明をしなければなりません。

多くのカメラの前で、荼毘への想い、個性婚のこと、すべてを包み隠さず話す。

その横には冷やホークスの姿もあるのではないでしょうか。

批判がなくなるわけではないでしょうが…。

今の強い冷なら、メディアの前にも出れそうな気がします。

エンデヴァーは自らの過去を語り、ホークスもジーニストに関してやトゥワイスの件も話す。

もう一度”ヒーロー”を信じてほしい、そう頭を下げる展開になりそうな気がします。

荼毘の狙いは焦凍

荼毘は心からエンデヴァーを憎んでいます。

しかしエンデヴァーを殺せば納得するという簡単なものではなく、あくまで狙いは”完成形”である焦凍。

実際に焦凍を攻撃することで絶望したようなエンデヴァーの表情を見て喜んでいました。

彼の深層心理の中には、焦凍がいなくなれば自分を見てくれる、自分が”最高傑作”であると認めるしかないのだという思いがあると思います。

そうなるとエンデヴァーVS荼毘ではなく、エンデヴァー・焦凍VS荼毘の構図になりそうですね。

エンデヴァーはもう二度と燈矢と向き合う事から逃げないと決意したはず。

焦凍を狙ってくるであろう荼毘をエンデヴァーは止めつつ、荼毘も救いたい、そう思いながら戦うのでしょう。

「皆で燈矢兄を止めに行こう。」

焦凍はそうエンデヴァーに声を掛けていたので、荼毘を倒したいというよりも家族”全員”で和解することが目標のように思えます。

その目標の為に家族が一丸となって戦う、父と弟の想いで荼毘が変われる日も近い気がします。

デクはいつ目覚めるの?

轟家のストーリーがひと段落した今、そろそろ眠り続けるデクについて描かれそうな予感がします。

外傷はそこそこあるものの、意識を取り戻してもよさそうなのに…。

デクがいるのはワンフォーオールの精神世界の中だと思います。

デクが意識の中で先代たちと話す機会があるという予想は以前からしているのですが、一体どうなんでしょうか?

戦いの終わり際に四代目の個性”危機感知”が目覚め始めていたので、四代目とは必ず話すことになるでしょう。

ワンフォーオール四代目って何者?

ヴィランとの戦いも次で最終局面となりそうですので、そろそろワンフォーオールの個性の全貌が描かれてもおかしくありません。

ワンフォーオールとは一体何なのか、描かれていない継承者たちについても明らかになるでしょう。

新たな個性の発動もあったので、目覚めた後はこの危機感知の強化を早急に行わなくてはなりません。

もしかすると、この精神世界での出来事によってすべての先代の個性が発動する可能性もあります。

全ての継承者の個性をもってAFOを倒すべく立ち上がる…そんな展開になりそうです!

ヒロアカのネタバレの303話のTwitterでの予想

轟家を救ったヒーローが焦凍なら、その焦凍を救ったヒーローはデクという関係性に感動した人が多いようでした…!

ヒロアカのネタバレの303話 まとめ

 いかがでしたでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の303話のネタバレと感想をお伝えしました!

ホークス、ベストジーニストとチームアップを行うことになったエンデヴァー。

2人と家族の支えがあれば立ち上がれる、感動の回でしたね…。

そしてホークスが何か感づいてしまったワンフォーオールというもの。

一体何なのか、もう黙っておくことはできなさそうです。

オールマイトもしくは眠りから目覚めたデクがヒーロー達に話さなくてはならない時がきそうな展開です。

やはり予想通り先代たちと精神世界で話しているデクは、誰とどんな話をするのか。

明らかになっていない先代の詳細も判明するのか、楽しみです!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【304話】はこちら<<◆>>【302話】はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です