呪術廻戦の155話のネタバレ!話を聞いてくれ

呪術廻戦のネタバレの155話

今回は、呪術廻戦の155話のネタバレの内容をお送りします。

前回はパンダと伏黒が組み、見張りたちを倒していきました。

しかし高専3年の綺羅羅にみつかり戦う展開に・・・!

155話では虎杖が高専生だと秤にばれてしまう事態に!

それでは本題の、呪術廻戦の155話のネタバレをお送りします!

また、今冬には「劇場版 呪術廻戦 0」が公開されることが決定しました!

コミックス0巻で描かれた乙骨憂太をメインとする映画となり、ますます盛り上がりを見せそうな予感です

 

【156話】はこちら<<◆>>【154話】はこちら

 

  • 最新話以外の各話ネタバレ
  • キャラに関するネタバレ解説
  • 伏線や謎についてのネタバレ考察

これらについてまとめています。ぜひご覧ください。

154話までのあらすじはこんな感じです。

  • 秤に接触するために試合で優勝した虎杖
  • 伏黒とパンダは見張りたちを倒し戦力を削いでいく
  • 秤と一緒にいると思われた綺羅羅に見つかる
  • 綺羅羅の術式に苦戦する伏黒たち

近づけない術式って一体どういうものなんだろう?

それではここから、【呪術廻戦のネタバレの:155話 熱】の内容をお送りします!

呪術廻戦の155話のネタバレ

虎杖と秤の対面

秤は虎杖に「1日1時間あることをするだけで月収100万円に…」と言われて信じるかと問いました。

虎杖は不思議そうな顔をしながら、それは”あること”次第だと答えます。

秤はその”あること”を知るには情報商材20万を払わなくてはならなと言うと、虎杖は信じらんないと少々引き気味の様子。

秤はこれが典型的な詐欺の手段だ、そして普通に考えれば分かることを騙されるアホが多くいるのだと話をつづけました。

そしてそれはすべて”熱”のせいである、と。

騙す側も騙される側も持つ「ここで人生変えてやろう」という熱。

熱に浮かされて人は判断を誤るのに、熱がなければ人は恋ひとつすらできない。

自分は熱を愛しているのだ、そう話す秤。

そしてよりダイレクトな熱は何かと虎杖に聞きます。

虎杖がしばらく考えた後、賭け?と答えると秤は嬉しそうに肯定しました。

生きることはギャンブルである。

賭け事を嫌悪して秤をフッた女は山ほどいるが、根本が間違っているのだ。

ギャンブルをしていない人間なんていない、宇奴らが憎んでいるのは賭け事ではなく”敗北”と”破滅”なのだとつづけました。

虎杖は秤の言葉を聞いて、できるだけ穏やかに暮らしたい人もいるんじゃ…といいますが、そんな奴は知らないと一刀両断する秤。

自分は”熱”を愛し、”熱”は”賭け”で”賭け”は”人生”だ、そして”愛”は”支配”でもある。

秤はこの賭け試合でこの国の”熱”を支配したいという野望を持っていました。

呪霊の存在が公表され総監部も機能していない今がチャンス、優秀なコマが必要だという。

そして虎杖に、俺の”熱”に浮かされてみないか?と誘うのです。

緊急事態

秤の話を聞いて、虎杖は伏黒が言っていた「高専の話は最後」という言葉を思い出します。

そして、胴元、相談が…と言いかけたその時。

秤の携帯に着信が入るのです。

それは綺羅羅からの不在着信。

その画面を見た秤は、虎杖に何か飲むか?と聞きました。

適当に酒以外で、と答えた虎杖に秤は弱いのかと問いました。

強い弱い以前に未成年だと答えた虎杖に、秤は「五条悟も下戸なんだ」といいます。

虎杖は五条を知らないフりをして五条って誰だ?俺は別に…と言葉を続けようとすると秤が話を遮ります。

五条悟を知らない術師がいるか、なぜ知らないフリをしたのか、と。

焦る虎杖、秤は酒を一気に飲むと一言。

お前は高専の回しもんなのか?と鋭い目つきで虎杖を睨みつけました。

虎杖が話を聞いてほしいと言おうとしますが、間髪入れず攻撃を仕掛けてくる秤。

ドアのようなものに挟まれそうになる虎杖は、なんとか話を聞いてもらおうとしますがそんな暇もありません。

秤は攻撃を続けながら話しました。

綺羅羅からのTEL番での着信は、緊急事態の合図であると。

あくまで自分たちは秤にお願いしに来ている立場であるという伏黒の言葉を思い出す虎杖。

虎杖は秤の襟元を持ち、聞けよ!と頭突きをしますが、秤は冷めちまってるからやだよ!と聞く耳を持ちませんでした。

綺羅羅の説得

一方、ドアの外では膠着状態となった伏黒・パンダVS綺羅羅。

説得するにはちょうどいいと悟った伏黒は、自分たちは正確には高専側ではないと話し始めます。

未曽有の呪術テロがあった、だから秤の協力が必要なのだと。

しかし綺羅羅は、そっちが咲くに自分達をハブッたんだから自業自得じゃん、と不貞腐れた様子。

その様子に伏黒は呆れながらも上と何があったのかと聞きました。

その問いに、保守派と揉めたんだとパンダが代わりに答えました。

上には「呪術とはこうあるべき」みたいな思想があり、釘崎のような術式は保守派が好む呪術らしい呪術だ。

しかし時代が進めば呪術もニューテクノロジーと絡むことがある、それが術式にまで及ぶと保守派がうるさいのだそう。

秤の術式はその典型であると話す綺羅羅。

でも、あんたたちは五条悟にいくらでもケツを拭いてもらえるじゃないか、私たちに頼る意味がわからないという。

伏黒が五条が封印されたこと、だから負けたのだと明かしました。

しかし綺羅羅は口をとがらせ「は?」とでも言いたげな表情…。

その様子にパンダと伏黒は信じてねぇなあと悟ります。

しかし今、秤に一番近いのは間違いなく綺羅羅です。

綺羅羅を説得できれば秤との交渉が楽に進むと確信した伏黒。

彼は「脱兎」を展開し、攻撃の準備に入るのです…!!

ここまでが呪術廻戦の155話のネタバレになります。ここからは公開前に書いた考察記事になります。

  • 最新話以外の各話ネタバレ
  • キャラに関するネタバレ解説
  • 伏線や謎についてのネタバレ考察

これらについてまとめています。ぜひご覧ください。

呪術廻戦の155話のネタバレ考察

釘崎野薔薇は本当に死んだ?

高専1年、釘崎野薔薇の安否についても気になるところですよね。

144話で虎杖はずっと気になっていた釘崎の安否について伏黒に問いました。

しかし伏黒は何も言わないまま…否定も肯定もせず、虎杖もその様子からわかったとだけ答えた。

一般的には虎杖が自分をこれ以上責めないために口に出さなかったと思われます。

しかし、あえて「死んだ」と言わなかったのは実は生きているからではないかとも考えられますよね。

何かしらの理由があって生きているといわなかった可能性も。

恐らく死んではいないと思いますので、今後どこかのタイミングで登場するでしょう。

虎杖が高専に戻っている今、重体ながらも虎杖の前に現れる…なんてこともあるかもしれません。

【呪術廻戦ネタバレ考察】釘崎野薔薇は死亡した?復活の可能性を考察!

狗巻の腕のケガ

高専に戻った今、無事を確認したい人物でもある狗巻。

彼は虎杖(宿儺)によって腕が切り落とされてしまった事になっています。

その時のコマでは、確かに腕がない様子が描かれていました。

しかし体に巻かれていたのは包帯ではなく文字が書かれた呪符のようなもの…。

何故このようなものが巻かれているのか、謎が残ります。

狗巻の件に関しては上層部の思惑がなにかしらあるのではないかと思われますが、そうなるとこの呪符のようなものも上層部によって巻かれたのでしょう。

【呪術廻戦ネタバレ考察】狗巻棘の腕を切断した犯人は誰?治る可能性は?

宿儺の指を封印していた呪符にも酷似しているため、狗巻の呪力が封じられている可能性も。

果たして高専で狗巻に会うことはできるのでしょうか?

 

呪術廻戦の155話のネタバレ:Twitterでの感想

呪術廻戦の155話のネタバレ まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦のネタバレ:155話をお送りしました。

綺羅羅の術式がどんなものなのか、かなり気になりますよね。

秤は頭に血が上ってしまったら話を聞いてくれなさそうな雰囲気なので(笑)まずはこの綺羅羅の説得が必須でしょうね。

綺羅羅を説得することができたら、秤もおとなしく言うことを聞いてくれるかもしれません。

虎杖と二人っきりの現在、もし戦いになれば特級に近いと言われる秤相手では少々虎杖が不利になってしまいますからね・・・。

次話ではどんな展開となるのか、楽しみにしておきましょう!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

  • 最新話以外の各話ネタバレ
  • キャラに関するネタバレ解説
  • 伏線や謎についてのネタバレ考察

これらについてまとめています。ぜひご覧ください。

 

【156話】はこちら<<◆>>【154話】はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です