呪術廻戦のネタバレの149話!一卵性双生児

呪術廻戦のネタバレの149話

今回は、呪術廻戦の149話のネタバレの内容をご紹介していきます。

前回は禪院家へと戻った真希を待ち構えていた父・禪院扇。

禪院家の策略により扇との戦いでまさかの傷を負うことになった真希。

果たして真希と真衣は無事でいられるのかどうか!

149話では、真衣と真希が「一人」になり扇に立ち向かう展開に!

それでは本題の、呪術廻戦の149話のネタバレに入ります。

また、今冬には「劇場版 呪術廻戦 0」が公開されることが決定しました!

コミックス0巻で描かれた乙骨憂太をメインとする映画となり、ますます盛り上がりを見せそうな予感です!

 

 

【150話】はこちら<<◆>>【148話】はこちら

 

呪術廻戦のネタバレの149話までのあらすじ

148話までのあらすじはこんな感じです。

  • 呪具の回収のために禪院家へと戻った真希
  • 忌庫で待っていたのは血を流して倒れる真衣と父である禪院扇
  • 真希VS扇の戦いが始まる
  • 真希の勝利かと思われたが扇の攻撃を受けてしまう真希…

真希さん大丈夫かな…てかこの扇に勝つのかなり難しくないかな?

ではここから、【呪術廻戦のネタバレの149話 葦を啣むの内容を解説していきたいと思います!

呪術廻戦のネタバレの149話!

呪術廻戦149話ネタバレ|父の言い分

刀身を折り間合いを縮めたと見誤ったな、だからオマエはダメなのだ。

「出来損ないの物差しで私を測ろうなど、笑止千万。」

扇はそう言いながら真希と真依をひきずり、どこかへと連れていきます。

何度でも言う、自分が当主になれなかったのはお前たち子供のせいだ。

兄の術式は歴史が浅く相伝か否かは争点ではなかった。

兄に一つとして遅れをとったことはない、ただ一つ、子供の出来のみ。

「子が親の足を引くなど、あってはならない。」

ぐったりとした様子の2人にそう話し続ける扇。

意識があった真依はそんな父に対し、この国では足の引っ張り合いが美徳なのだと馬鹿にしたように答えます。

扇はある部屋へ辿り着くと、階段から突き落とすようにして2人をその部屋へ投げ入れました。

そこは訓練と懲罰に使われる部屋だと言う。

2級以下の呪霊が無数におり、周りからは多くの声が聞こえてきます。

今は扇に怯えて物陰に隠れているが、扇が離れればじきに真依たちを食いに這い出てくる。

天与呪縛、フィジカルギフテッド、それがなんだ。

術師は日々鍛錬した肉体をさらに呪力で強化して戦う、真希の力など皆手抜かりなく持っているのだ。

「さらば。我が人生の汚点よ。」

そう言い残して扇はその場を立ち去りました。

真依は気絶したままの真希の心音を確認し安堵します。

「流石、しぶといわね。」

いつかこうなるんじゃないかと思っていた、そう言いながら真依は真希に口づけをします。

最悪、と呟きながら。

呪術廻戦149話ネタバレ|真依の決意

真希が目覚めたのはとある浜辺でした。

その傍には真依がいて、私の術式もう大体わかってるでしょ、と真希に話し始めました。

大きいものとか複雑なものは作れない、ましてや今は扇に切られた傷もある。

これ作ったら、私死ぬからとあっさりと言う真依。

「じゃあね、後は一人で頑張んなさい。」

そう言って海へ足を進める真依を真希が止めます。

「何言ってんだ。とにかく…戻ってこい。」

すると真依はなぜ呪術師にとって双子が凶兆か、随分前からわかっていたと語り始めました。

何かを得るには何かを差し出さなくてはならない、これは縛りに限った話ではない。

しかしそういう利害が双子の場合成立しない、なぜなら一卵性双生児は呪術では同一人物とみなされるから。

「分かる?アンタは私で、私はアンタなの。」

アンタが血ヘド吐いて努力して強くなりたいって願っても意味がない、私は強くなりたくないから。

アンタが術式持ってなくたって、私が持ってちゃ意味がない。

「私がいる限り、真希、アンタは一生半端者なの。」

分かったから戻れ、と真希は真依を止めようと海へ足を踏み入れます。

そんな真希に真依は、これだけは置いていく、とあるものを手渡します。

他は捨てろ、呪力も何もかも持っていくから、一つだけ約束してという真依。

「全部、壊して。  全部だからね、お姉ちゃん。」

そこにいたのは幼い頃の真希に笑顔でいう真依の姿…。

呪術廻戦149話ネタバレ|真希が手に入れた強さ

真依の術式によって構築された世界から目が覚めた真希。

その他には大きな刀。

そして真希は真依に話しかけます。

「真依。起きて。真依。起きて。」

反応のない真依、そして2人を囲むようにして群がる多数の呪霊たち。

扇はピリっと何かを感じたように振り返ります。

それは呪霊の消滅反応。

暗闇の向こうから現れる姿に、扇は既視感を感じます。

体が覚えている、忘れるよう努めたあの恐怖。

現れた真希に、禪院甚爾が重なって見えた扇。

その瞬間扇は、術式解放「焦眉之赳」を発動しました。

いま一度この手で骨の髄まで焼きつくしてくれる、そう叫んだ扇。

「来い、出来損ない!!」

そう言った扇の頭をあっさりと真っ二つに切った真希。

一瞬にして決着がついた父と娘の戦い。

「真依、始めるよ。」

真希は真依に語りかけるようにぽつりとつぶやきました。

ここまでが149話のネタバレになります! ここからは、公開前に書いた149話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

呪術廻戦のネタバレの149話の展開を考察!

呪術廻戦149話ネタバレ考察|真希VS扇の決着

禪院家で待ち構えていた真希の父親、禪院扇。

真希が扇の刀身を折ったことで勝ちかと思いましたが、刀身が戻るというまさかの展開で真希が切られてしまいました。

しかもやけどを負ったほうの目を切るという所業…、むごいです…。

ただし、真希も扇の頬に傷を入れることができているため、全く歯が立たない相手…ではなさそうな気がしますよね。

真希がここでもし扇に勝てたとしても、直哉や他の禪院家の人間が立ちはだかるでしょう。

真希と真衣はここから無事に逃げ切らなくてはなりません。

呪具もないなら禪院家に用はありませんから、扇を倒し真衣を連れ逃げるという選択を取るでしょう。

扇との闘いで真希が勝利することを願うしかないですね。

呪術廻戦149話ネタバレ考察|脹相は虎杖のお兄ちゃん

虎杖が脹相を自分の兄だと一旦認め、虎杖の両親が登場したことでますます深まる虎杖の出生についての謎。

脹相は自分と同じ親を持つ、思い出せと虎杖にいっていました。

直哉との戦いの中でも自分は「10人兄弟」の兄だと虎杖を含めた人数を言っていましたね。

加茂憲倫によって造りだされた特級呪物「呪胎九相図」のうちの1人が脹相。

そして虎杖の母親と思われる人物の額にも加茂憲倫のように縫い目がありまし

ということは虎杖の出生には加茂憲倫にルーツがあるはず。

脹相が自分の弟だと感知した時点で兄(脳)弟というのは間違いないと思います。

どのような経緯で生まれ、なぜ宿儺の器として生きていられるのか。

脹相が天元の元に残ったことで、天元と脹相の間で虎杖の出生についても語られるシーンなどが描かれる可能性も。

虎杖悠仁の正体とは?脹相とは兄弟?

呪術廻戦のネタバレの149話のTwitterでの予想

もうネット上では禪院家ブーイングの嵐でしたね…(笑)

呪術廻戦のネタバレの149話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の149話のネタバレの内容をご紹介いたしました。

またもや真依の死というまさかの展開となった今回。

真依の死と引き換えに伏黒父を感じさせるほどの強さを手に入れた真希。

これは死滅回遊でもかなり頼りになりそうな予感がします。

真依が願っていた全部壊すというのは、やはりこの腐ったような禪院家を壊すという意味でしょう。

この真希の強さなら、直哉たちも手が出せないかもしれませんよね。

果たしてこのあと真希がどう動くのか、注目しておきましょう!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【150話】はこちら<<◆>>【148話】はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です