呪術廻戦のネタバレの148話!立ちはだかる人物

呪術廻戦のネタバレの148話

今回は、呪術廻戦の148話のネタバレの内容をご紹介していきます。

前回は夜蛾の回想シーンで明かされた日下部との出来事。

そして夜蛾が討たれてしまうというパンダにとっても呪術ファンにとっても悲しい結末に…。

果たして学長がいなくなってしまった今、高専はどうなるのでしょうか?

148話では禪院家、特に真希と真衣の姉妹の話を中心に描かれます!

それでは本題の、呪術廻戦の148話のネタバレに入ります。

また、今冬には「劇場版 呪術廻戦 0」が公開されることが決定しました!

コミックス0巻で描かれた乙骨憂太をメインとする映画となり、ますます盛り上がりを見せそうな予感です!

 

 

【149話】はこちら<<◆>>【147話】はこちら

 

呪術廻戦のネタバレの148話までのあらすじ

147話までのあらすじはこんな感じです。

  • 日下部の甥を呪骸として復活させた夜蛾
  • 夜蛾への恩を感じ、パンダを逃がす日下部
  • 夜蛾は楽巌寺によって討たれる
  • パンダの号泣で終わる…

夜蛾がいなくなってしまった…ショック…。

ではここから、【呪術廻戦のネタバレの148話 葦を啣む】の内容を解説していきたいと思います!

呪術廻戦のネタバレの148話!

呪術廻戦148話ネタバレ|禪院家へ戻る真希

呪具の回収を行うべく禪院家へと戻った真希。

そこで待ち構えていたのは、禪院直哉でした。

真希の顔を見て酷い面だな、と楽しそうに笑う直哉。

女は尻しか見ていないと思ったとバカにする真希に、直哉はどうするのかと聞いているんだカスと悪態をつきました。

「呪術も使えん。呪霊も見えん。取柄のお顔もグズグズ。もう誰も眼中にないで、君のこと。」

昔みたいにいじめてやろうかという直哉に真希は何も答えることなく忌庫へと向かいます。

忌庫へと向かっていた真希をある女性が止めます。

「戻りなさい。忌庫への立ち入りは私たちに許されていないの。」

真希はカギを見せつけるように当主様がいいって言ってんだと答えます。

呪術廻戦148話ネタバレ|当主への経緯

話は病院の待合室での会話に戻ります。

真希は伏黒に、直毘人の遺言である禪院家の次期当主の座を伏黒に指名したことを伝えます。

面倒だと断る伏黒に真希は悪いが受けてくれと頼みました。

直毘人は「恵には」禪院家の財産をすべて譲る、つまり金も呪具もすべて。

当主になれば今後の立ち回りが大きく変わるのだと伏黒を説得します。

真希がやってくれという伏黒に、相伝の術式を継いでいること、領域を会得していること、悟に目を掛けられてたドラが乗った伏黒でギリなんだと強く言うのです。

「・…まだ、私じゃダメなんだよ。私じゃ、真衣の居場所を作ってやれない。」

寂しそうにいう真希の横顔をみて、伏黒は当主になる事を了承したのです。

「戻りなさい!!」

真希に向かって叫ぶ女性。

一度くらい産んで良かったと、そう思わせてくれというその女性は真希の母親でした。

真希は女性を無視し忌庫へと足を踏み入れるのです。

呪術廻戦148話ネタバレ|裏で動いていた禪院家

しかし忌庫を開けてみれば呪具はない。

そしていたのはなんと真希の父親、禪院扇。

「オマエ”達”の動向を見越して空にしておいた。」

そう言った扇の傍らに血を流し倒れるのは、真衣…!

一方そのころ直哉は、禪院甚壱と話していました。

こうする気だったら始めから言えという直哉に、甚壱はお前が先走りすぎなのだと窘めます。

五条家との関係修復の契機として伏黒を推す声も少なくない、しかし全財産を伏黒に譲るというのは自分達も到底納得できなかった甚壱。

出は何をトロついていたのかと怪訝そうな表情の直哉。

伏黒は五条家だけでなく加茂家次代当主の加茂憲紀とも友好な関係、理由なく消せば立場が悪くなる禪院家。

五条が封印され変動する勢力争いに遅れを取ることになってしまう。

しかし総監部からこう通達があった。

”五条悟を渋谷事変共同正犯とし呪術廻から永久追放、かつ封印を解く行為も罪と決定する”

これを利用しない手はないとふんだ甚壱。

「五条悟解放を企てた謀反者として、伏黒恵、真希、真衣を誅殺する。」

呪術廻戦148話ネタバレ|父と娘

その話を聞いて楽しそうに笑う直哉。

「実の娘も殺した方が信憑性が増すもんなぁ。」

そうすることで総監部からの信頼も強固となる、そしてその提案をしたのはなんと父親・扇本人だというのです。

真希の前に立ちはだかった扇は、秘伝「落花の情」を発動させます。

纏った呪力により触れたものを迎撃する領域対策「落花の情」を居合いに転用。

万が一の交渉材料として生かされていた真衣。

真希の所持する道の呪具ら不測の事態に備えつつ渾身の一振りを放ちます。

真希が持つ呪具は組屋鞣造の傑作、「竜骨」。

刃で受けた衝撃と呪力を蓄積し使い手の意図に合わせ峰から放出することができます。

呪具の効力を知られていないなら、居合勝負に入ったと見せかけて二撃目・三撃目で斬る準備をしていた真希。

「何故前当主が私ではなく直毘人だったか、知っているか?」

そう聞いてきた扇に、真希はお前が子供を殺せるクソ野郎だからだろ、と答えました。

その言葉が合図のように剣を交える2人。

真希は扇の件を二つに切ることに成功します。

そして後ろに回り込み、真希の一撃で終わる…かと思われた時。

振り返った扇は折ったはずの剣で真希を切りつけます。

何故折ったはずの剣の刀身が戻っているのか、真希は驚きます。

何故、私が当主になれなかったのか。

「それは子供のオマエ達が、出来損ないだからだ…!」

扇の一撃に真希は倒れこんでしまうのです。

ここまでが148話のネタバレになります! ここからは、公開前に書いた148話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

呪術廻戦のネタバレの148話の展開を考察!

呪術廻戦148話ネタバレ考察|禪院家の当主は伏黒に!

<146話でさらっと判明した、伏黒が禪院家の当主になったという事実。

 

現状伏黒が当主であった方がその権限をフルに使えるため当主になったのは正解と言えます。

実際に禪院家の忌庫が漁り放題になったわけですからね。

しかし死滅回游が終われば当主というものに固執しなくてもいいので、当主の座を降りる可能性も…。

そんな簡単に当主の座を引き渡すことができるのかどうかはわかりませんが、渡すとしたら直哉あたりでしょうか?

何かしらの考えがあって禪院家の当主を引き受けたのでしょうが、そこにはどんな意図があるのか、何か条件をつけたのか。

あっさりと明かされた当主になった経緯もそのうち描かれるでしょう。

呪術廻戦148話ネタバレ考察|真希を治したのは乙骨?

144話にて無事が確認された禪院真希。

彼女はそもそも渋谷事変での漏瑚との戦いで、焼かれて死んだと思われていましたよね。

顔にだいぶ火傷の痕はあるものの、動いたり喋ったりすることができてだいぶ元気な様子。

九十九のセリフから推測するに反転術式で治したようですが、その反転術式を使ったのは誰なんでしょうか?

会話の感じからすると乙骨ではないかなと思われます。

「もう動いていいの?」

乙骨は高専で真希の姿を見るなりそう言っていました。

ということは彼女が生きていることを事前に知っていたのでしょう。

乙骨が反転術式で治し、その治療後に虎杖の元へ向かっていたと思われます。

以前のような姿ではなくなってしまいましたが、真希がまた戦いに参加するような展開もあるのではないでしょうか。

もしかすると虎杖たちと死滅回游へ参加する可能性も?

呪術廻戦のネタバレの148話のTwitterでの予想

ネット上でも夜蛾とパンダに涙した人多いですね…そしてやはり実の息子なのでは?という声が多いです!

呪術廻戦のネタバレの148話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の148話のネタバレの内容をご紹介いたしました。

もう衝撃の一言ですよね。

扇が真希の父親確定、真希の母親登場、直哉は元気そうで安心…いろんなことが凝縮した148話でした(笑)

しかし真衣だけでなく真希がやられるというまさかの展開…!

ここで真希がいなくなってしまったら、乙骨も怒りそうですし皆呆然とするでしょうし今後の動きが大幅に変わってしまいます。

果たして本当に真希はこのまま父親に殺されてしまうのか。

ここで再び立ち上がり父親に勝つことはできるのでしょうか?

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【149話】はこちら<<◆>>【147話】はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です