ヒロアカのネタバレ【No.261】ハイエンドとの闘いの幕開け

こんにちは、こーです!

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の【No.261】のネタバレと感想の記事になります!

前回は、ミルコがドクターを追い詰めたところで終わりました。

今回は、脳無によりドクターに逃げられてしまいます。

 

【No.261】来々週公開予定!<<◆>>【No.260】はこちら

 

以下、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)【No.261】の内容を含む内容となっております。

 

ヒロアカのネタバレ【No.261】

ネタバレ【No.261-1】研究の破壊

ドクターの元へ単独で到着したミルコ。

ミルコの蹴りにより崩れた壁の瓦礫でジョンちゃんはつぶされてしまいます。

ドクターはその光景にショックを受け、ジョンちゃんが完成した時のことが頭によぎりました。

そしてオール・フォー・ワンにかつて言われた言葉も思い出していました。

「君の飽きなき好奇心と探求心がいつも私の力になってるよ。心からありがとう。我が友よ。」

ミルコによって次々と破壊されていく脳無と個性のストック。

ドクターは大声で叫びながら涙を流します。

ミルコは皆に無線で強そうな脳無とジジイがいた、と連絡します。

何か問われたミルコですが、知らね、蹴りゃわかる、と答えました。

本物のドクターかどうか聞かれたのかな?ミルコらしい返答でしたが(笑)

無線を受け取ったエンデヴァーはすぐ向かいたいが少し待ってろと言います。

エンデヴァー達は大量の雑魚の脳無を相手に戦っていました。

マンダレイに院内の様子を聞くとちょうど無事に全員の避難が完了したとのことで一安心します。

ネタバレ【No.261-2】ドクター、危機一髪!

ミルコからの無線を受け取ったプロヒーローたち。

No.6のクラストはドクターとミルコがいる場所へと続く通路にいました。

ミルコの元へ急ぎつつも通路にある部屋一つ一つ、脳無を収納していた格納庫を発見。

さらに脳無達が表に出た通路を発見し、霊安室だけではなかったのだと気付きます。

エンデヴァー達に元へ現れた脳無もここから来たと推測されますね。

奥からは雑魚の脳無達が次々と現れ、襲い掛かってきます。

「どれも雑兵、可哀想に…悪いが倒すぞ!この先にいる元凶を捕える為に!」

そう言って脳無たちを倒し、ミルコの元へ急ぎました。

一方ドクターと対峙したミルコはドクターが本物であるか調べるために渾身の一撃で蹴りを入れようとします。

本物だ!と涙と鼻水を吹き出しながらドクターは叫びます。

ドクターはビビりながらもこの状況を打破すべく、ハイエンドを起動するかどうか悩んでいました。

ここにいるハイエンドたちはテスト段階にすら至っていない。

茶毘が「フードちゃん」の回収に失敗しなければと嘆き、オール・フォー・ワンがいない今増産も難しいと考えます。

フードちゃんですら起動から安定まで10時間かかった、緊急では十分な力が発揮できるかどうか、と悩むドクターの腕にミルコの蹴りが入ろうとした、その時。

ミルコの足を小さな脳無がはじき、その瞬間ドクターの複製を行い本物を逃がしました。

モカちゃん、とドクターが呼ぶその脳無は2倍の個性持ちだったのです!

ジョンちゃんもモカちゃんも脳無の名前可愛いな(笑)

ネタバレ【No.261-3】ハイエンド、ついに起動

ミルコはこの脳無が2倍持ちだとすぐに気づき、瞬時に倒します。

モカちゃんの咄嗟の行動によりドクターはミルコの攻撃を逃れることができました。

指示もなく個性を発揮するとは奇跡だ、とドクターは感動します。

脳無を我が子のように思っているんだろうなあ~。

モカちゃんの勇気は無駄にしない、と先ほどまで悩んでいたハイエンドの起動ボタンを押すのです。

「忌々しいヒーロー共を蹂躙せよ、愛しきハイエンドたち!」

ドクターの言葉と共に5体のハイエンドが動き出しミルコに一斉に攻撃しました。

ヒーロー・・・!

全部・・・コロして———暴れましょ

ついに動き出してしまったハイエンドたち。

その時クラストがちょうど到着し、一匹がクラストの前に立ちはだかります。

君はNo.・・・・知らなイけド、クエスト!と叫ぶ脳無を見てクラストはハイエンドだと瞬時に気づきました。

ドクターはこの隙にものすごい速さでどこかへ消えてしまいました。

ハイエンドの攻撃により吹き飛んだミルコは頭から血を流しながらも、逃がすかよ、ジジイと怒ります。

「いーぜ、丁度あったまってきたとこだ!」

不敵に笑うミルコとハイエンドの戦いが始まるのです!

ここまでがNo.261のネタバレになります!
ここからは、最新話公開前に書いたNo.261の展開予想の内容ですが、一応残しておきます!

ヒロアカのネタバレ考察【No.261】

ネタバレ考察【No.261-1】志賀を捕り逃がす可能性

前話のラストではミルコがドクターの研究室らしき場所に一人たどり着いていました。

ドクターの言い回しからすると、ここにいる志賀はさすがに分身ではないと思います。

気になるのは死柄木がこの病院にいたこと。

ドクターがいた研究室のような場所で大きな装置の中で眠っているようでした。

トゥワイスは京都で4か月間の強化中って言ってなかったですっけ?

完成まであと一ヶ月ということは志賀も言ってましたし、トゥワイスが間違った情報を知っていた?

それともまさかホークスの思惑がすべてバレていた?

もしそうなら、ホークスとトゥワイスとの間には友情のようなものが生まれてたけど、どんな思いだったんだろう…。

ドクターはワープで逃げようとしていましたが、小さな脳無ジョンちゃんはミルコによってつぶされてます。

ここでドクターを捕えるか、かろうじて息があるジョンちゃんを使い死柄木とともにワープで逃げていた、どちらかかな。

前者であってほしいのですが、ミルコは志賀を捕り逃し、エンデヴァー達が到着後に脳無の回収をする、というのが濃厚な気がします。

では死柄木とともに逃げていたとしてどこに逃げるのか。

山荘には絶対逃げないでしょうし、自分が提携する病院のどこかに実は同じような場所を作っていて、そこに逃げるなんてこともあり得ます。

病院が一番疑われずに出入りできますし、このドクター外面がいいですからそんな場所があるとは思わないだろうし。

なんとか死柄木が目覚めるまで守り抜くでしょうから、案外近い場所に…なんてことも?

ネタバレ考察【No.261-2】2点同時制圧は不可能?

ドクターが死柄木と共に逃げると仮定した場合、病院と山荘2点同時の制圧は難しくなってきます。

エンデヴァー達は病院内の捜査を塚内に任せ、山荘に向かうでしょう。

しかしトゥワイスの誤った情報のこともあるので、何かしらバレていそうな予感がしますが…。

山荘の中の様子が全く描かれないので、本当に中で会議が開かれているのか?

もしかするとこうなることを予想して戦闘の準備をしているかもしれませんね。

ヒーロー達の動きがとても素早く的確なのですが、このまますんなりいくとは思いません。

ドクターにとっても解放戦線にとっても危機的状況になりつつあるので、もしかすると残りの一ヶ月を迎える前に死柄木が目覚めるなんて展開もあり得ます。

260話で気になったのは、ドクターが死柄木を「マスターピース」と呼んでいたこと。

マスターピースがハイエンド(最上位)に勝る脳無だとすると、最高傑作みたいな感じなんでしょうか。

この「マスターピース」を作るのが彼の夢だったんでしょうか。

以前ドクターは死柄木に最強の個性を移植し自我を保つためには「4か月間は地獄の苦しみ」だと言ったことがありました。

人体改造された死柄木は一体どんな姿になるのか。地獄の苦しみを味わった彼が一体どんな強さを手に入れるのか。

ヴィジュアル的にも人気が高い死柄木なので、あまり見た目は変わらないでいてほしいな…(笑)

 

▽▼ヒロアカ6~7巻イッキ見する方法▼▽


△▲ 実質タダ(0円)で読めるよ。 ▲△

 

ヒロアカのネタバレ考察【No.261】まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のNo.261のネタバレについて書かせていただきました!

考察ではドクターを捕まえられないと予想していましたが、やはり逃げられてしまいましたね。

そしてまさかのハイエンドが出現!テスト段階前とはいえ強そうですね。

ドクターは一人で逃亡したので、この場に死柄木の本体は残ったままです。

とすると、予定より早く死柄木が目覚める可能性も?

ドクターを逃がしてしまった今、ミルコ達プロヒーローはハイエンドを無事倒すことができるのか!?

以上、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)No.261のネタバレについてお伝えしました。

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました!

 

【No.261】来々週公開予定!<<◆>>【No.260】はこちら

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です