呪術廻戦の157話のネタバレ!秤の術式とは?

呪術廻戦の157話のネタバレ!秤の術式とは?

今回は、呪術廻戦の157話のネタバレをお送りします。

前回、星綺羅羅の術式の詳細が明らかになりました。その性質を利用し、見事綺羅羅を無力化することに成功します。

果たして、綺羅羅の協力を得ることはできるのか?

また、肝心の秤の説得の方はどうなるのでしょうか?

157話ではついに秤の説得に成功!?虎杖vs秤の様子が描かれます。

それでは本題の、呪術廻戦の157話のネタバレをお送りします!

また、今冬には「劇場版 呪術廻戦 0」が公開されることが決定しました!

コミックス0巻で描かれた乙骨憂太をメインとする映画となり、ますます盛り上がりを見せそうな予感です

 

【158話】はこちら<<◆>>【156話】はこちら

 

  • 最新話以外の各話ネタバレ
  • キャラに関するネタバレ解説
  • 伏線や謎についてのネタバレ考察

これらについてまとめています。ぜひご覧ください。

呪術廻戦の157話のネタバレ:あらすじ

157話のあらすじはこんな感じです。

  • 綺羅羅の説得に成功
  • 秤vs虎杖
  • 部品の熱

虎杖は秤の協力を取り付けることができるのでしょうか?

それではここから、【呪術廻戦のネタバレの157話 部品】の内容をご紹介します。

呪術廻戦の157話のネタバレ

綺羅羅の説得に成功

前話では、玉犬が伏黒に引っ張られる「星間飛行」の性質を利用し、綺羅羅の不意を突くことに成功した伏黒。

※綺羅羅の術式については下記記事を参照

実は、玉犬が自身に引っ張られることに関しては、実際に試してみるまでは確証がなかったようです。

何はともあれ、綺羅羅を押さえつけることに成功します。

そのまま脅す感じで無理矢理協力させるのかと思いきや、伏黒は抑え込んでいる手を放し、土下座で綺羅羅を説得します。

ゆ~い

津美紀の命がかかっていますからね。伏黒も必死です。

伏黒の必死の説得に気圧された綺羅羅は伏黒に協力することを約束します。

秤vs虎杖

伏黒が綺羅羅の協力を得ることに成功したその時、モニタールームの中から虎杖がぶっ飛ばされた形で現れます。

そして、モニタールームからはブチギレた様子の秤が登場。

ゆ~い

この秤の描写はどこかで見たことがありますね(笑)

虎杖は秤のパンチをわざとノーガードでモロに受けます。

虎杖は飽くまで「秤を説得しに来た」と考えています。虎杖は全くもって”戦う”気はないのです。

そんな虎杖を見てさらにイラっとする秤。たたみかけるように、呪力を込めた拳で虎杖の顔面を殴りつけます。

と同時に、”自分が虎杖や伏黒に協力し得るだけの理由”を求める秤。

ゆ~い

とにかく、秤が欲しいのは自分を動かすだけの”熱”だそうです。

部品の熱

秤の問いかけに対して、自分は「部品」であり、部品に熱など無いことを伝える虎杖。

術師には呪いを祓うという大義・目的があり、虎杖はその目的達成のための歯車なのだと言います。

当然、秤はそんな回答では納得するはずもありません。

 

今度は、渾身のパンチを虎杖の顔面に浴びせます。

それを受けた虎杖は大きぶっ飛び、立体駐車場の壁に激突。普通の術師であれば死亡確定です。

秤も虎杖の死を確信したのか、背を向けたその時、虎杖がヌッと秤の背後に近づきます。

虎杖の頑丈さにぞっとする秤。

 

虎杖は秤に自分の意志を伝え、”熱”のこもった目で秤に訴えかけます。

虎杖の”熱”によって、知らず知らずの内に自分も熱くなっていた秤。

 

”部品”らしいからぬ”熱”を感じ取った秤は「熱に嘘は付けない」と、無条件で協力とはいかなくとも、虎杖・伏黒に取引の上での協力を認めるのでした。

 

ここまでが157話のネタバレになります。ここからは157話公開前に書いた考察記事になりますが一応残しておきます。

呪術廻戦の157話のネタバレ考察

秤は協力してくれるのか

154話の最後で無事に秤に接触することができた虎杖。

現状、秤は高専停学中といういわば追い出されたようなものです。

高専側との接触を一切断っているようなので、万が一虎杖が高専の人間だとわかればすぐさま攻撃を仕掛けてくるでしょう。

しかも綺羅羅は秤に危険を知らせようと携帯を触っていたので、もうすでに秤が感づいている可能性もあります。

秤の術式が一体どんなものかわからない以上、戦うとなると少々不利になってしまうかもしれません。

特級に最も近いとされ、しかも乙骨が自分より強いというくらいですから、かなりの実力者のはずです。

もし頭に血が上りやすいタイプなんだとしたら虎杖の話を聞いてくれないでしょう。

果たして虎杖は無事に秤に気づかれず仲間への協力を得ることができるのか。

秤・綺羅羅の協力を得た後

もし無事に秤と綺羅羅の説得に成功したとなれば、秤たちも死滅回遊へ参加するのでしょうか。

現在、乙骨・真希・伏黒・虎杖の参加はほぼ決定しています。

真希が真依と離れ伏黒たちの元へ向かっているところでしょう。

パンダもおそらくこの流れでいくなら死滅回遊へ参加すると思われます。

五条の封印を解くために必要な「来栖華」という人物を探し出すためにも、人員は多い方がいいという判断ですので、秤と綺羅羅も参加の方向で間違いないはず。

来栖華(天使)とは一体何者なのか考察してみた!

秤が仲間になればいよいよ死滅回遊編へと突入しそうで楽しみですね!

高専に残り天元を守っている脹相たちも気になりますが、大丈夫でしょうか・・・。

脹相と虎杖との関係とは?術式や登場回を紹介!

秤金次という人物

今回、回想以外で初登場となった秤金次。

その風貌はまさに不良そのもの…停学になるのもなんかわかる気がする雰囲気でした(笑)

彼に関しては0巻の百鬼夜行の際に京都に出向し、保守派の人と揉めたことで暴力に発展、その後停学ということしかわかっていません。

生粋のギャンブラーである彼の術式は、コンプライアンスにひっかかるという…なんとも高校生らしからぬ設定(笑)

秤の術式はまだわからないですが、五条が以前3年の秤と乙骨は自分に並ぶ術師になるといっていたことから、相当な強さを持つ人物だと予想されます。

一体どんな術式を使うのか、どんな性格なのか、果たして協力してくれるのか…。

一緒に登場したもう一人の高専3年とともに分かり合える展開となるのか。

協力な人物を味方につけ、一緒に死滅回游への参加をするのでしょう! 

呪術廻戦の157話のネタバレ:Twitterでの感想

呪術廻戦の157話のネタバレ まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦のネタバレ157話をお送りしました。

前話で星綺羅羅を無力化&協力を取り付けることに成功した伏黒とパンダ。

157話では、虎杖の”熱”で秤の説得に成功しました。乙骨や五条が実力を高く評価している秤を味方につけることができると、死滅回遊の攻略がかなり現実的になりそうです。

そして、ラストシーンで秤が言っていた「取引」とは一体?

次号の展開も要チェックですね!

  • 最新話以外の各話ネタバレ
  • キャラに関するネタバレ解説
  • 伏線や謎についてのネタバレ考察

これらについてまとめています。ぜひご覧ください。

 

【158話】はこちら<<◆>>【156話】はこちら

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です