呪術廻戦のネタバレの147話!父と息子

呪術廻戦のネタバレの147話

今回は、呪術廻戦の147話のネタバレの内容がをご紹介していきます。

前回はこれまでの死滅回游のルールのまとめと、今後の動きについて話し合われました。

さらっと告げられた伏黒が禪院家当主になったというのもびっくりでしたね。

秤金次の名も出てきたので、そろそろ登場の可能性も?

147話ではパンダと夜蛾の過去について描かれます。

それでは本題の、呪術廻戦の147話のネタバレに入ります。

また、今冬には「劇場版 呪術廻戦 0」が公開されることが決定しました!

コミックス0巻で描かれた乙骨憂太をメインとする映画となり、ますます盛り上がりを見せそうな予感です!

 

 

【148話】はこちら<<◆>>【146話】はこちら

 

呪術廻戦のネタバレの147話までのあらすじ

146話までのあらすじはこんな感じです。

  • 死滅回游のルールの整理を天元とともに行う
  • 伏黒恵が禪院家当主に!
  • 今後バラバラで行動することに決定
  • とある芸人がプレイヤーとして覚醒…!

最後に出てきたケンコバにファンも驚いていましたね(笑)

ではここから、【呪術廻戦のネタバレ:147話 パンダだって】の内容を解説していきたいと思います!

呪術廻戦のネタバレの147話!

呪術廻戦147話ネタバレ|大丈夫

場面は夜蛾が牢に閉じ込められているところから始まります。

パンダを生んだ夜蛾は、楽巌寺に責められていました。

人工的な呪骸は他の操術より自立して行動することが可能。

しかし動力である呪力は術師から与えられる、なのにパンダの呪力はパンダのもので自己補完できている。

上層部は夜蛾を特級に認定し、無期限の拘束をしようとしているという楽巌寺。

夜蛾がもし意図的にアレを作り出したのなら、容易に軍隊を所持できるためです。

「貴様は、アレの造り方を本当に、知らんのだな。」

楽巌寺の問いに夜蛾はしばらくの沈黙のあと、はいと答えます。

解放された夜蛾の隣には、ある呪骸の姿。

「まさみち、みんな心配してるよ。元気がないって。」

だから元気がなければ元気づけてやればいい、天才だろと言った呪骸の頭を撫でた夜蛾。

「タケル、すまないが暫く帰れない。皆にもそう伝えてくれ。」

タケルとよばれたその呪骸は、また出張なのかと尋ねます。

ああと認めながら、天元がこの森を守ってくれているし、おまえのお母さんもまた会いに来てくれるから大丈夫だという夜蛾。

「俺がいなくても 大丈夫。」

そう言って去ろうとする夜蛾を呪骸たちが見送ります。

「まさみち、まさみちがいないとさみしいぜ。」

呪術廻戦147話ネタバレ|過去の話

縛られていたパンダは日下部によって救われました。

いいのか、と尋ねるパンダに、日下部は俺が助けたとは言うなと口止めします。

パンダが捕まっているのは夜蛾を誘い出すため、あの人には恩があるのだというです。

過去の話。

日下部は車いすに乗った妹と一緒に夜蛾に会っていました。

「本当にいいんだな。」

”コイツ”はオマエの甥じゃない、甥の情報を持った何かだという夜蛾。

いつまでも死人に頼ってはいけないことはわかる、しかし妹はもう過去(タケル)が支えてくれなきゃ生きていけないと答える日下部。

「まさみち、あの人僕のお母さんじゃない?」

よくわかったな、と肯定する夜蛾の隣で嬉しそうな様子のタケルと呼ばれていた呪骸。

「天才だろ?」

喜ぶ呪骸と自身の子を重ね合わせ、呪骸を抱きしめ号泣する妹。

夜蛾は日下部に口止めしようとしますが、日下部も完全自立型の呪骸の存在が公にできないことはわかっていました。

妹と一緒に暮らせなくなる、だから黙っていると。

「ありがとうございます、本当に。」

そう言った日下部の肩は震えていました。

呪術廻戦147話ネタバレ|これだけは覚えておけ

場面は現在へと戻り、一人でいた夜蛾の前に現れた刺客。

「呪骸も連れずに何処へ行くのですか?夜蛾学長殿。」

そう問われた夜蛾は、息子に会いにと一言だけ答えます。

資材となった夜蛾が唯一助かる方法は、完全自立型人工呪骸の製造方法をここで明かすことだと告げる刺客。

そして傍には楽巌寺の姿も…。

一瞬にして決着がついたのか、楽巌寺の前に倒れる夜蛾の胸には大きな傷。

後は儂に任せろ、と刺客に告げ二人きりになった楽巌寺と夜蛾。

すると夜蛾は突然自立型人工呪骸の製造方法を語りだしました。

肉体の情報から魂の情報を複製し、その情報を呪骸の核に入力する。

相性の良いふたつの魂を宿した核をひとつの呪骸に、お互いの魂を常に観測させればいい。

そうすれば魂が安定し自我が芽生え、生後3か月過ぎれば呪力の自己補完を始めると話しました。

夜蛾の言葉に驚き、何故今話したのだと聞く楽巌寺。

「何故もっとはやく、何故生き延びなんだ…!!」

そう聞いた楽巌寺に夜蛾は答えます。

「呪いですよ…楽巌寺学長。私からアナタへの呪いです。」

ちょうどそこへ駆けつけたパンダ。

楽巌寺はパンダに構えますが、パンダは楽巌寺に目を向けることもなく真っすぐに夜蛾に向かって歩きます。

何故戦わないのか、憎くないのかと問う楽巌寺ですが、パンダはそんなものに囚われんと答えました。

楽巌寺は夜蛾と仲悪くなかった、どうせ上に命令されたのだろうと。

だがこれだけは覚えておけ。

「パンダだって泣くんだ。」

大きな声で父の死を悲しむパンダの泣き声が響き渡りました。

ここまでが147話のネタバレになります! ここからは、公開前に書いた147話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

呪術廻戦のネタバレの147話の展開を考察!

呪術廻戦147話ネタバレ考察|パンダたち高専のメンバーはどうなった?

144話にて真希の無事と、釘崎の死(?)が明らかになりました。

真希は顔に包帯を巻いているものの、ひとまずは動けるので大丈夫な様子。

釘崎の件はひとまず謎が残るとして、パンダや狗巻はどうしているのでしょうか?

現在高専に戻っているのなら、狗巻が登場してもおかしくはありませんよね。

虎杖に気を遣って話題に出さないのか、もしくは狗巻の身にも何かあったのか。

本当に重傷を負っていたとして真希のように動ける状態ではない可能性もありますね。

そして同じ2年のパンダも行方が描かれません。

146話ではちらっと真希がパンダの話題を出していたので、無事な事は間違いないでしょう。

高専にいないという事は、死刑宣告を受けた夜蛾と一緒にいる可能性が高そうです。

はたして2年の全員が揃う日はくるのでしょうか…楽しみにしておきましょう!

呪術廻戦147話ネタバレ考察|天元と星漿体の同化

夏油が護衛を務めた天内理子。

彼女は星漿体として天元との同化を予定していましたが、伏黒の父によって命を絶たれています。

そして虎杖たちが天元に会いに行った際にみつけた血痕はこの時のものでしょう。

星漿体をなくした天元ですが、その後九十九によるともう一人星漿体がいた、もしくは生まれていたことがわかっています。

だから天元の方は安定しているといっていました。

星漿体がそう簡単に現れるか、もう一人いるなんてことあり得るのか疑問が残るところです。

星漿体が一体だれだったのか、伏黒の父によって絶たれた同化がその後どうやってなされたのか、天元についても気になるところが多いですね。

この時の出来事も含めて語ってくれるのでしょうか…注目しておきましょう。

呪術廻戦のネタバレの147話のTwitterでの予想

 

皆さん伏黒が当主なったことに驚いていましたね…。

あとは秤の登場を待ち望む声も多数です!

呪術廻戦のネタバレの147話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の147話のネタバレの内容をご紹介いたしました。

まさかの夜蛾学長の死…悲しすぎます。

五条がいない間に主要な人物がどんどん亡くなっていきますね…ショックです。

封印解除されたあとこの死を知ったら五条もかなりショックを受けそうな予感。

悲しい回となってしまいましたが、虎杖たちも近いうちにこのことを知るんでしょうか。

独りになってしまったパンダは虎杖たちと合流するのでしょうか。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【148話】はこちら<<◆>>【146話】はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です