>>無料でヒロアカを全話みる

荼毘の正体とは!?兄弟説を6つの根拠を基に考察!

こんにちは、こーです!

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の轟焦凍とヴィラン連合の荼毘との関係を紐解いていきます!

ヒロアカのファンの方々の間ではすでにご存じだと思いますが、轟焦凍とヴィラン連合の荼毘が実は血のつながった兄弟なのではないかと噂されています。

今回は、今まで本編の中で断片的に語られてきた轟焦凍の兄の事について情報をまとめ、この説の信憑性を検証していきます。

本記事では、この説についての6つの事実をご紹介します!

荼毘の正体を考察!兄弟説はホント??

では早速本題!荼毘と轟焦凍が兄弟であるという6つの根拠をご紹介します。

個性がそっくり

轟と荼毘が兄弟だという根拠の一つに、荼毘が使う”個性”が”炎”を扱うということが挙げられます。

色は青色ですが、あれは間違いなく高温の炎でしょう。

林間合宿の時にトゥワイスが荼毘の炎を「冷たっ!」って言っていましたが、あれは”裏トゥワイス”が出てきていたので”熱い”と反対のことを言ったセリフなんですね。

その後の轟の氷結に対しては「熱い」と言っていましたからね。

ヒロアカで炎を扱える”個性”を持っているのって、今のところエンデヴァーと轟と荼毘だけなんですよね。

この3者は繋がりを感じますよね。

火炎を放つフォームまで似ていますw

轟家には行方不明の長男がいる

轟家の家族構成は、

  • 父   轟 炎司
  • 母   轟 冷
  • 長男  轟 燈矢
  • 長女  轟 冬美
  • 次男  轟 夏雄
  • 三男  轟 焦凍

ですが、長男の轟燈矢は過去にエンデヴァーと何かあったのか、今現在は轟家にはいないようです。

じゃあ、燈矢は今どこで何をしているのでしょうか?

ここで名前が挙がったのが荼毘ですね。

先述の通り、炎系の”個性”を使えるのって今のところ轟家の人間と荼毘だけで、そこに「轟家には行方不明の轟燈矢という人物がいる」という情報が出てきました。

そこに同じく炎系”個性”を持つ荼毘がスポッとはまったわけですね。

荼毘の弱点とエンデヴァーの発言の整合

轟の幼少のころの記憶で、エンデヴァーが焦凍に技を教えている最中、エンデヴァーは

「燈矢は惜しかった、俺以上の火力を備えているのに”冷”の体質を持ってしまって….。」

と口にします。

「”冷”の体質」って?

”冷”は轟のお母さんで、エンデヴァーの嫁さんで、今は精神病院に入院しているようです。

そして、夏雄や冬美が冷の病室へ見舞に行った際の冷の発言で、

「嬉しい、寒いのは好き。」

という発言から、轟 冷は”寒いのが好きで、熱いのは苦手な体質”だということがわかります。

これとエンデヴァーの発言から察するに、

冷の体質 = 「熱さに弱い」 = 燈矢の体質

なのではないかという仮説が成り立ちます。

そして、異能解放軍の外典が荼毘と戦った時に、荼毘の弱点を言い当てます。

「長く戦えないんだろ。己の炎に身を焼かれるから。」

つまり荼毘の火力が強すぎる&荼毘は熱さに弱い体質だから、身体が耐えられないってことですよね?

これっていわゆる「熱さに弱い」ってやつですよね。

ということで、

冷の体質 = 「熱さに弱い」 = 燈矢の体質 = 荼毘の体質

なのではないかと考えられます。

また、炎というのは火力が上がるほど赤色から青色に変わります。

荼毘の炎の色は”青色”で、エンデヴァーの炎の色は”赤色”ですから、燈矢=荼毘だとすると、エンデヴァーの「燈矢は俺以上の火力」という発言とも整合がとれます。

髪色と目の色について

これも有名な話ですが、荼毘の目の色が轟家の人間の目の色と同じだというのも轟と荼毘が兄弟だと言われている一つの要因です。

エンデヴァーは両目が水色で髪が赤茶色、轟 冷は両目が黒色で白髪。

轟家の子供たちは、父親と母親のどちらの”個性”を濃く受け継いだかによって髪の色や目の色がそれぞれ違う気がします。

長女の冬美は白髪がほとんどで赤髪はほんの少し。両目は黒色なので母親の遺伝子を色濃く受け継いでいるようですね。

夏雄は今のところ白黒でしか描かれていないのですが、恐らく白髪に黒目だと思うので、彼も母親寄りだと思います。

焦凍は半分白髪で半分赤茶色の髪の毛に、目は黒と水色のオッドアイです。「半冷半熱」の”個性”からもわかりますが、父親と母親の遺伝子をバランスよく受け継いでいて、外見にもそれが現れていますね。

両親の遺伝子をバランスよく受け継いだことにより、エンデヴァーは焦凍のことを”最高傑作”と言います。

そして肝心の荼毘については、両目共水色で黒髪ですね。

おそらく、エンデヴァーの個性を色濃く受け継いでいるのでしょう。

でも何で黒髪なんや?

その辺が謎なんですよね^^;でも髪色は染めれば変わりますからね….。という逃げ(笑)

これについては荼毘の正体が語られる時にしかわからないと思います。

「荼毘」は本名ではない

荼毘がヴィラン連合に加わるために初めて死柄木と会ったときに、

「今は”荼毘”で通してる」

と発言していました。

ということは、”本名は別にある”ということですよね!?

きっと本名は燈矢に違いない! と思います。

荼毘のセリフ

轟焦凍やエンデヴァーに対する荼毘のセリフの言い回しとかが何とも意味深で、荼毘が轟家のことをよくしっていると暗示しているような気がします。

「哀しいなあ、轟焦凍」

まずは林間合宿で爆豪を回収して黒霧の”ワープ”で退散しようとした時に轟焦凍に向けて放ったセリフです。

意味深に感じたのは、轟のことをわざわざ”フルネームで”呼んでいたことですね。

というかそもそも轟のフルネームを知ってること自体おかしくね?

それもあります!

荼毘と轟が赤の他人なら、あそこは「哀しいなあ、轟」となるはずですよね!?

というか、僕ならそう言います。

「はじめましてかな?エンデヴァー」

これは、エンデヴァーがホークスと共闘でハイエンド脳無と初対戦し、ギリギリで勝利した後に荼毘が現れた際に放った言葉です。

どこが意味深かというと、

「初めましてかな?」

という部分ですね。

本当に初めましてだったら、普通に「初めまして、エンデヴァー」ってなりますよね!?

この”かな?”の意味はというと、おそらく「あんたの子だけど、”荼毘として”会うのは初めてかな?」という意味だと思います。

「精々がんばれ、死ぬんじゃねえぞ、轟炎司!!」

これは、先ほどの「初めましてかな?エンデヴァー」の後に、満身創痍のエンデヴァーとホークスに襲い掛かろうとしましたが、間一髪のところでプロヒーローの「ミルコ」が現れ、「これはいかん」と退散する際に放った言葉です。

これも「荼毘の意味深セリフ1」と同じく、なぜ”フルネーム”で呼んだのか?というのが気になります。

また、このセリフを言った時の荼毘の表情が憎しみに満ち溢れていたので、少なくとも過去にエンデヴァーと何かあったのかは間違いないと思います。

顔の火傷の場所がエンデヴァーと同じ

荼毘の顔にはひどい火傷の跡があります。

この火傷の位置と、エンデヴァーのヒーロー活動時の顔回りの炎の位置を見比べてみると、ほぼ一緒なんですよね。

目の周り、アゴから耳までにかけてのUゾーンの火傷の位置がエンデヴァーの顔回りの炎の位置と一致していますよね。

父親を真似しようとした結果、炎に弱い体質と自身の強すぎる炎により顔に大火傷を負ってしまったんでしょうか。

荼毘の正体とは!?兄弟説を6つの根拠を基に考察! まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の轟焦凍とヴィラン連合の荼毘との関係について考察してみました!

これら6つの根拠は状況証拠でしかなく、決定的な証拠はまだありませんが、それでも「轟焦凍と荼毘は兄弟」説はかなり濃厚ではないでしょうか。

というか、これで荼毘が轟家と赤の他人だったら、「じゃあお前誰やねん!」って僕は思ってしまいそうですw

ただ、荼毘と轟焦凍が兄弟だった場合に腑に落ちない点がいくつかあります。

  • 荼毘の髪の色が轟家の誰とも一致していない。
  • もし荼毘がエンデヴァーの長男(燈矢)だとしたら、荼毘とエンデヴァーが出会った時(エンデヴァーvsハイエンド脳無の後)に、なぜエンデヴァーは燈矢だと気づかなかったのか。

荼毘の正体についてはいずれ本編で語られるでしょう!楽しみです!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です