ヒロアカのネタバレの312話!元公安直属のヒーロー

ヒロアカのネタバレの312話

今回は、僕のヒーローアカデミアヒロアカ)の312話のネタバレの内容をご紹介します。

前回は、エンデヴァー達と連携を取りながら死柄木たちの情報を集めるデク達の姿が描かれました。

市民たちのヒーローに対する不満がデクに行かないようにとエンデヴァー達も考えながら行動しているようでした…。

そして最後に現れたデクを狙う刺客と思われる女性!

312話では、デクを狙う刺客の正体が明らかになります。

それでは本題の、ヒロアカの312話のネタバレに入ります。

そして、2021年8月6日に劇場版「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールドヒーローズミッション」の公開が決定!

アニメでも映画でもヒロアカは盛り上がりを見せること間違いなしです!

 

【313話】はこちら<<◆>>【311話】はこちら

 

ヒロアカのネタバレの312話までのあらすじ

311話までのあらすじはこんな感じです。

  • 連携を取りながら動くトップ3とデク達
  • デクに存在に気づかれないよう配慮するトップ3
  • デクを狙ってきた刺客…!
  • 同時刻に攻撃されたオールマイト!

デクも心配ですがオールマイトも大丈夫でしょうか…。

ではここから、【ヒロアカのネタバレの312話 刺客】の内容を解説していきたいと思います!

ヒロアカのネタバレの312話!

ホークスの予感的中

ホークスはデクが退院する前、OFAなら大丈夫だと思うが懸念がひとつあるとデクに伝えていました。

AFOと死柄木は”まだ”OFAを奪える状態ではない、そして殻木がいない現状では因子の鮮度を保つことは難しいはず。

よってデクを生け捕りにするのがベストであるが大抵のダツゴクでは不可能。

しかしたった一人、タルタロスにいた”彼女”以外は…と話すホークス。

ホークスの先輩にあたる人物。

もし彼女が仕掛けてきた場合は、全力で逃げるようにとデクに忠告していました。

ダークブルートピンクの繊維でできた弾丸。

それをみたデクはホークが言っていた”彼女”だと確信します。

元公安直属ヒーロー、レディナガン。

秘匿開戦デバイスが壊されたことでオールマイトやホークスたちにも異状は伝わっているはず。

しかし相手がレディ・ナガンだとは伝えることができなかった。

デクは逃げながらもどうするべきか考えていました。

「もう無ェよ。選択肢なんて。」

デクの行動を予測したかのようにレディ・ナガンはデク目掛けて弾丸を発射します。

曲射というレベルじゃない程カーブを描きながら発射された弾丸。

ギリギリの位置でなんとかおさえこもうとするデクに、レディ・ナガンはAFOが目を付けるわけだと納得していました。

レディ・ナガン

過去、スナイプがテレビのインタビューで語っていたこと。

レディ・ナガンはイカレている、彼女さえいなければ自分が遠距離系で日本一だったと。

個性「ホーミング」を持つスナイプは600m以内の視認した標的に投げたものが当たる。

部位は選べないし威力は低めだがそれでも十分。

しかし彼女は技術だけでそれをやってのける、しかも3km離れた場所から。

秘訣は「弾を好きな形に生成できる」ということ。

に食の毛髪をエポキシパテのように混ぜ練り上げることで硬化し弾になる。

曲がる弾からホローポイント弾まで何でも作れる。

THE・スナイパーライフル人間、個性「ライフル」を持っている彼女。

スナイプ先生がうらやむほどの精度、しかも連射もできることに驚くデク。

”危機感知”がなければとっくにやられている。

しかし初撃と今の射撃で位置を把握したデク。

約1Km先、射程外に退く間に連射を凌ぐよりも距離を詰めるべきだと判断したデク。

「二発も防がれたのは初めてだ。」

レディ・ナガンは淡々と次の発射の準備をします。

再登場した「彼」

「オヤジ…オヤジの元へ…早く…。」

レディ・ナガンの後ろでぼそりとつぶやいたのは、オーバーホールこと治崎。

死んだ目をしたような彼に、ハイハイ隠れてろと匿うような行動を見せるレディ・ナガン。

「やっぱ、捨てとくべきだったかな。」

タルタロスから脱獄する際に、レディ・ナガンはAFOを話していました。

「反逆のヒーロー麗しきレディ・ナガン。会えて光栄だよ。」

ヒーロー達と一戦を交わす前に頼みがあると言ってきたのです。

脱獄騒動の痕、恐らく雄英生のある少年が学校を出て単独行動をする。

その少年を捉えて自分の元に連れて来てほしいと。

”彼と離れたところに数名実力者が張っているだろうから”まずは分断を考えて立ち回るといい、例えばそう雨を待つとか…と話すAFO。

えっ…ここまでのヒーロー側の動き全部予測してるってこと?すごすぎる…。

他の脱獄犯たちは暴れるだけで、何故自分はそんなことしないといけないんだと断るレディ・ナガン。

レディ・ナガンは以前に仲間のヒーローを殺していました。

彼女の願った「ヒーロー社会の破滅」は、その少年がいる限り決して訪れることは無いと断言するAFO。

「偽りの希望…か。」

AFOの言葉に一瞬にして目を変えたレディ・ナガン。

一緒にいたオーバーホールは友人かと尋ねたAFOに、何かに使えるかと思ってと答えます。

オーバーホールも悪しきヒーロー社会に押しつぶされた被害者である。

憎きヒーローに止めえお、さァ契約を結ぼうと、「手付金」を渡します。

個性「エアウォーク」を…!

「任務を遂行する。」

そう言ったレディ・ナガンはふわっと宙に浮かぶのです…!!

ここまでが312話のネタバレになります! ここからは、公開前に書いた312話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

ヒロアカのネタバレの312話の展開を考察!

刺客の正体とは一体?

311話で刺客としてデクの元に現れた女性。

右腕が銃や大きなライフル?のように変形しており、攻撃系の個性を持つ者のようです。

そしてデクのGPSを遮断するために携帯を攻撃。

ピンポイントで攻撃できたことから、狙撃手としてかなりの腕を持っていると思われます。

彼女もおそらくタルタロスもしくは他の刑務所から脱獄した死刑囚です。

「おまえをつれていく。」

ここで殺すのではなく連れていくというのはもちろんAFOの元にでしょう。

AFOが動けない今、新たな部下である彼女がデクを捕える予定でしょうが、そう簡単にデクも捕まることは無いでしょう。

かなりの強者と思われるこの敵相手に、デクに覚醒した個性を駆使する様子が描かれるのではないでしょうか。

一点だけ気になるのは、何故彼女からの攻撃の前にデクの「危機感知」が感知しなかったのかという事。

本当に敵なのか、AFOの味方なのか、正直まだ判断がつかないところですね。

オーバーホール再登場?

刺客の登場と共にネット上がざわついているのが、この刺客の傍にいるのがオーバーホールではないかということ。

オーバーホールとは、死穢八斎會編で登場した治崎廻のこと。

彼はデクに敗れた後、護送中に死柄木たちによって襲撃され意趣返しとして両腕を破壊されています。

そして血清を使われ、二度と個性が使えない体となってしまいました。

タルタロスに収監されていた彼が外に出ていてもおかしくはありません。

そして刺客の女性の傍にいた男性も、腕がなく雰囲気がオーバーホールにそっくりです。

これがもしオーバーホールなら、彼は死柄木に味方しているという事ですよね。

デクに対して憎しみはあるでしょうが、腕と個性を奪った死柄木に協力するというのは微妙な気も…。

この人物が本当にオーバーホールなのか、何故ここにいるのか…気になりますね。

ヒロアカのネタバレの312話のTwitterでの予想

ネット上でもオーバーホールの再登場にワクワクしてますね!!

ヒロアカのネタバレの312話 まとめ

 いかがでしたでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の312話のネタバレの内容をご紹介いたしました。

刺客となる女性がまさかの元公安ヒーローだったとは…!

偽りのヒーローを倒すというようなどこかステインに似たような想いを持っているのかもしれません。

そしてまさかのAFOがここまでヒーロー側の動きを予測していたとは思いませんでした!

ということはこの先の動きも予測済みなのでしょう。

デクはレディ・ナガンに勝つことができるのか…気になりますね。

そしてホークス達はデクの元に駆け付けることができるのか。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【313話】はこちら<<◆>>【311話】はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です