ヒロアカのネタバレを考察271話!ついに目覚めの時が来た

こんにちわ、こーです!

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)271話のネタバレと感想の記事になります!

前回は、死柄木が目覚めデクが気付いたところで終わりました。

今回は、常闇と荼毘の闘いを中心に描かれます。

 

【272話】来週公開予定!<<◆>>【270話】はこちら

 

以下、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)271話のネタバレを含む内容となっております。

ヒロアカのネタバレ271話

師の元へ急げ

病院にてプレゼントマイクがドクターを捕える少し前の事に話は遡ります。

群訝山荘の前線より30mほど後方にて、ホークスの危機を察知した常闇。

ファットガムの制止を無視して脂肪から抜けだし、ホークスの元へ飛び立ちました。

「何してんだ、バカ!」

上鳴の言葉に常闇は、恐らく最上階でホークスがピンチだと告げます。

その言葉にファットガムは驚きますが、それ以上に常闇が自分の脂肪から抜け出したことに驚いていました。

それほど常闇が強いってことですよね!

上鳴たち他の生徒にここから走るよう指示し、自分も再び山荘に向かうファットガム。

「乗り逃げは許さへんでぇー!」

瀕死の状態のホークス

ホークスの元に駆け付けた常闇は、炎に包まれるホークスの背中を抑えます。

ダークシャドウは涙目でまずいよ、と言いました。

しかし、わかっているかのように常闇は言うな!と答えます。

「ホークスの背中が…ナイ…!」

荼毘は余裕そうな表情で、雄英の生徒まで引っ張り出すとはダセェとヒーローをバカにしました。

そしてすぐ傍で倒れているトゥワイスを見るよう常闇に言います。

ホークスが殺したこと、仲間を守ろうと走る背中をグサッと刺したと告げるのです。

荼毘は常闇に聞きました。

何しに来たのか、何を助けに来たのか、と。

「学生が健気に夢見るプロってやつぁ、俺たちなんかよりよっぽど薄汚ねぇぞ。」

師匠と弟子

ホークスは今にも消え入りそうな声で常闇の名前を呼びました。

常闇は瀕死の状態のホークスの背中をかばいながら答えます。

「俺は、ただ師を案じただけだ。」

このシーンの師弟愛に感動です!!

その言葉を聞いた荼毘は一気に攻撃を仕掛けてきます。

通路が狭く避けきれず、荼毘の炎のせいでダークシャドウも力を出すことができません。

一刻も早くこの場を離れようとする常闇にホークスは言葉を掛けます。

「まだ…喋る…」

か細い声でしゃべるホークスに、常闇は指示を、とだけ言いました。

荼毘はホークスとの会話にかまけてホークスを殺し損ねた、そして今も同じようにそれを繰り返している。

恐らくこれは余裕じゃないと判断したホークス。

動揺を誘い時間を稼いでいる、連発できなくなっているはず。

「今 行け。」

常闇、危機一髪

ホークスの合図で荼毘に攻撃を仕掛ける常闇。

荼毘がよけた一瞬で常闇は逃げようと下の階に降り立ちます。

ですが、降りたときの衝撃でホークスは完全に意識を失ってしまいました。

炎がないことを確認し黒の堕天使で飛び立とうと試みますが、すぐ後ろには炎を構える荼毘の姿が…!

「こんな事もあろうかと、前2発弱火で節約しました。」

わざとだったんですねー!荼毘の策士…。

常闇が危機を感じたその瞬間、大きな氷が建物内を侵食します。

それにより多くのヒーロー達が吹き飛ばされました。

「これ以上リ・デストロの邪魔をするな。楽に死ねると思うなよ、国の犬ども。」

そう言ってヒーロー達の包囲網を無理やり押し広げたのは、外典でした。

ギガントマキアの目覚め

外典の攻撃により一気に不利になったヒーロー達。

荼毘は外典の攻撃で常闇とホークスを取り逃がしてしまいます。

逃がしてしまったことに少々悔しそうにしますが、早めに始めるか、と何やら不穏な動きを見せます。

常闇は泣きながらホークスを抱え、ものすごい勢いで飛んでいきました。

「薄汚くなどないぞホークス!!信じてる!皆信じてる!正しいことをしたんだと!だから、死ぬな!!」

師を信じてるホークスの涙が切ないです…。

一方、地下の空間にて解放戦線のメンバーたちは一点を見つめていました。

脚のスペアはまだかと騒ぐデストロにメンバーが声をかけます。

「立ってます…!」

指差す先にはじっと座っていたはずのギガントマキアが立つ姿が!!

「主の匂い。」

ついに怪物が起床するのです…!

ここまでが271話のネタバレになります!
ここからは、最新話公開前に書いた271話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

ヒロアカのネタバレ考察271話

死柄木は一体どんな強さになっているのか

前回のドクターの話として、オール・フォー・ワンの個性のオリジナルが死柄木に継承されていることが判明しました。

複製ではなくオリジナル、オール・フォー・ワンの力を手にしたということはかなり強くなっている気がします。

定着率75%というのが、単純に彼の75%の個性を継承しているのか、それとも死柄木への定着が完全ではないという状態なのかも気になりますが…。

まずもって死柄木の力に対抗するとなると、ヒーロー側は少々不利になるかもしれません。

デクがどのくらい強くなっているか、浮遊を会得できているかが重要になりそう!

見た目はさほど変わらない様子でしたが、脳無やオール・フォー・ワンの外見からすると全く変わらないわけじゃないかもしれませんね。

今病院にいるのはエンデヴァー、イレイザーヘッド、プレゼントマイクをはじめとしたヒーローですが、彼らだけで阻止できるのか。

エンデヴァーと死柄木はどんな戦いになるのか、気になります!

死柄木は本当に目覚めた?

前回エクスレスが発見した部屋の奥で動く装置、死柄木のカプセルから流れ出た溶液、それが装置に反応し死柄木の体が飛び跳ねたような描写がありました。

ネットなどでは、まだ完全に目覚めたと決まったわけではないという声もありますが、本当にそうでしょうか。

死柄木が過去や家族と決別するような描写もあったため、個人的にはおそらく感電のような形で心臓が動き始めここで完全に彼は目覚めるのだと思います。

死柄木が目覚めるのを待ってたファンも多いはず!

死柄木が目覚めたことで、ヒーロー達は一気に窮地に陥ります。

プレゼントマイクが捕えたドクターも、この騒動で取り逃がし死柄木と一緒に逃げる可能性も。

死柄木が目覚めれば、成功だと思われた病院の制圧が失敗に終わるでしょう。

ついにデク達後方支援組の登場!

前回最後にデクだけが死柄木の覚醒を感じ取っていました。

デクだけが感じていたため、デクの中にいるワン・フォー・オールの「意志」が語りかけている感じだったんでしょうか。

デク達が病院、山荘、どちらに近い位置にいるのかわかりませんが、今後覚醒した死柄木とデクが対峙する可能性は大です。

病院でヒーロー達を圧倒した死柄木が、山荘へ向かう途中でデク達と遭遇し戦う、なんてこともあるかもしれません。

ただ今のデクがAFOをも超越するといわれる状態になった死柄木に対抗できるのかな…?

その頃山荘では死柄木から指示を受けたギガントマキアが動き出し、こちらもヒーロー達が劣勢になるでしょう。

そうなると今回はヒーロー達の制圧は失敗になってしまいそうですね…。

デクをはじめとした生徒たちが死柄木と対峙し、その強さに圧倒され、また強くなろうと努力するという展開になりそうです!

ヒロアカのネタバレ考察271話まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の271話のネタバレと感想について書かせていただきました!

今回は山荘での様子が描かれましたね。

常闇は無事にホークスを助けることができてよかったです!!

今話は師弟愛が深く描かれていて感動です。

ただ、ギガントマキアが予想通り目覚めてしまったのが心配ですね…。

病院でも死柄木が目覚め不利になりそうな状況でしたが、こちらもギガントマキアが目覚めたとなるとかなりのピンチになります。

次話ではどんな展開になるのか、デク達も闘いに参戦するのか、気になります!

以上、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)271話のネタバレと感想についてお伝えしました。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました!

 

【271話】来週公開予定!<<◆>>【270話】はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です