>>無料でヒロアカを全話みる

【呪術廻戦】夏油傑、0巻での過去・五条悟や九十九との高専時代や正体を考察

こんにちは、こーです!

今回は、【呪術廻戦】夏油傑、0巻での過去・五条悟や九十九との高専時代や正体を考察させていただきます。

夏油傑は高専時代、日本に四人しか存在しない特級呪術師の一人であったが”非術死は猿”と見なし大量に虐殺し呪術高専を追放され、親友である五条悟に殺された。

死後1年が経ち、再び現れた夏油傑の能力や正体について考察していきます。

【呪術廻戦】ではいわゆる悪役ですが、親友・五条悟により殺されたはずです。再び現れた彼の目的は?正体は何なのか?

特級呪霊を束ねる悪の親玉・夏油傑!

プロフィール

ロングの黒上、切れ目で長身。

爽やかな笑顔が似合う青年のような夏油傑のプロフィールどうぞ!

  • 夏油傑(げとうすぐる)
  • 年齢:28歳(生きていれば)
  • 元・呪術高専:中退
  • 階級:元・特級術師

生き返ってから(?)は額に大きな横一文字の切れ目があります。

夏油傑の過去

呪術高専時代は五条に次ぐ最強の特級術師であった夏油傑がどのようにして闇に落ちてしまったのか。

その過去を解説していきます。

親友・五条悟との高専時代

呪術高専、夏油・五条・家入の三人は同級生でした。

なかでも五条と夏油のコンビは最強。

五条は自信過剰でやりっぱなしの不真面目で、夏油は真面目で五条を正す役割でした。

いがみ合いながらも認め合う親友同士だったのです。

任務失敗と親友との摩擦

そんな二人にある日特別な任務が与えられます。

星漿体の少女(天内理子)の護衛」です。

護衛の日々は三人の絆を深め、互いに大切に思い合うようになります。

しかし任務終了間際、非術師の伏黒甚爾によって天内理子は殺されてしまいます。

覚醒した五条は伏黒甚爾を殺しましたが、最強の二人には大きすぎる挫折でした。

この戦いにより五条はさらに最強に近づき、夏油との力の差ができ二人の間に溝ができ始めます。

五条はこの敗北で”自己治癒”と”自動防御”を習得し、「最強」を確固たるものにしました。

非術師に対する嫌悪

任務失敗から一年が経ち、一人で任務することが多くなった夏油は呪霊を祓っては取り込むの繰り返しの日々。

誰のために?と考えるようになる夏油の頭には「強者としての使命」と「非術師を守る意味」が交錯しはじめます。

それは次第に非術師を見下す考え方に変わってきます。

夏油が呪霊を取り込むのは口から飲み込むようにするのですが、「吐しゃ物を拭いた雑巾の味」がするそうです。

そら心も病んでくるわな。。。

九十九由基との出会い

ある日、慕ってくれる後輩の灰原と話していると九十九が現れました。

九十九は”呪霊の生まれない世界”の話をします。

それはかなり極論で「全人類から呪力をなくす」か「全人類に呪力のコントロールを可能にさせる」だと語りました。

後者に注目した夏油は「非術師がこの世からいなくなれば呪霊は生まれない」ことに気づきます。

そして、任務に出た灰原が死に、夏油は今の術死のあり方に疑問を持ち始めます。

九十九由基とは、特級術師でありながら任務を全く受けず 海外をブラブラして何やら研究している先輩です。

高専を去る

そんな時「神隠しが起こる村で、原因となる呪霊の排除」という任務に赴く夏油。

そこで見たものは術師を差別し少女を拘束する非術死の村人たちの姿でした。

夏油は非術師の価値を大きく下げます。

そして、あの言葉を口にします。

猿め

非術死、大量虐殺

夏油はそこにいた村人たちを全員殺し、少女2人を連れ姿を消します。

夏油さん完全にプッツンしちゃいました。

【呪術廻戦】0巻にて呪術高専に”宣戦布告”

「呪術廻戦0巻」は呪術廻戦本編の一年前の話で週刊少年ジャンプで連載される前にジャンプGIGAという雑誌で連載されていた内容が収録されています。

そこでは乙骨憂太(おつこつゆうた)が主人公で描かれていて、高専を離れた夏油が呪術高専に”宣戦布告”する模様が描かれています。

乙骨憂太は虎杖悠仁の一年先輩にあたり、と特級術師です。本編にも名前が度々上がります。

「新宿・百鬼夜行」の主犯格・夏油傑

0巻での夏油は「非術死のいな世界」のために邪魔な呪術高専を潰すことを考えました。

その計画は東京高と京都高に大量の呪霊を放ち、それを集めた呪詛師たちにサポートさせるというもの。

強力な呪具を持つ呪詛師・ミゲルが五条悟の足止めに成功し、夏油の計画は順調でしたが、特級過呪霊に憑りつかれた高専一年生の乙骨憂太が現れます。

乙骨憂太(おっこつゆうた)に敗北

乙骨憂太は強く、夏油は奥の手である4461体の呪いを一つにして操る技、呪霊操術極ノ番「うずまき」を使用しますが、自分に憑いている呪霊に命を捧げた乙骨優太に敗北し、体が半壊しました。

最後は親友・五条悟によって殺された

かろうじて息がある夏油に五条悟が会いに来ます。

五条は少ない言葉で親友・夏油傑に別れを告げ、自らの手でとどめを刺しました。

ここで絶対に一回死んだ!五条先生もちゃんと殺したって言ってた!

呪術廻戦・90話にて偽物だと断定

一年後、「宿儺の器」である主人公・虎杖悠仁を狙う呪霊の黒幕に夏油傑の姿。

「五条悟封印」の為に身を隠し暗躍していた夏油傑が90話で五条の前に姿を現し、偽物として存在していたことが明らかになります。

0巻を読んでいないと引っかかりませんが、読んでた人はびっくりします。サラッと生きてたので。

額に傷のある夏油が特級呪霊を引き連れ登場

{“type”:”block”,”srcIndex”:56,”srcClientId”:”964adb44-0d54-4166-9d92-023e33a7b8d0″,”srcRootClientId”:””}

真人・漏湖・花御という特級過呪霊にも届きそうな呪霊たちを協力者にし、自らも特級呪霊を顕現し操り、さらに呪詛師たちを集め昔はなかった額に傷のある夏油が指揮しています。

この層の厚さに後手後手にまわってしまった術師側は苦戦を強いられ、五条の戦闘にはさらに一般人と改造人間を詰め込みカオスを作り、そこに夏油の姿で現れ一瞬の隙をつくることに成功しました。

90話にて、脳みそを「パカッ」

渋谷で大規模な作戦を組み上げ「五条悟封印」を計画した夏油。

ついに、親友であった五条悟の前に封印の為の呪具「獄門彊」を仕掛けた状態で現れます。

獄門彊」の発動条件は”開門後に半径4m以内に脳内時間で1分間拘束する”というもの。

懐かしい声で殺したはずの親友に呼び止められた五条の脳内では3年間の青春時代が蘇り、獄門彊に捕らわれることとなります。

「オマエは誰だ!」と偽物であることを見破った五条は獄門彊に捕らわれながらも叫びます。

夏油は笑いながら額の傷を境に自らの頭を「パカッ」っとあけると、中には脳みそに口が付いたような呪霊の姿。

体の持ち主の記憶と体と術式を使用できる術式」を持つ呪霊の存在が明らかになります。

おやすみ五条悟、新しい世界でまた会おう。

親友の死体をもてあそばれ怒る五条に夏油はそう言い「五条悟封印」が成ります。

限りなく本物に近い偽物でした。

 

呪術廻戦のネタバレ>>「90話」詳しくはこちら

 

夏油傑の正体について考察

夏油の姿を確認した五条の六眼が”本物”と判断するほどの偽物。

限りなく本物に近い偽物に成り代わった黒幕の正体を考察していきます。

なぜ生きている?中身は誰?

夏油の脳に口がついていたことから、呪霊であることに間違いはなさそうです。

この呪霊は一体どこからきて、いつ寄生したのか?操っている術師がいるのか?

それとも生まれたのか?などの疑問を整理していきます。

ポイントとなるのは、この呪霊が「長期間で五条悟封印を計画していて、そのために夏油の身体が必要だった」ような口ぶりであることです。

呪霊に脳を乗っ取られた?

「天内理子暗殺事件」の際、夏油を倒した禪院甚爾がとどめを刺さず気になる事を言っていました。

術師なら死なねぇ程度に斬った。式神使いなら殺したが呪霊操術となるとな。オマエの死後取り込んでた呪霊がどうなるか分からん

この言葉から考察するに、夏油が死んだあと取り込んでいた呪霊が夏油の身体を乗っ取ったという可能性があります。

そうなると、先に述べたポイントからこの呪霊は「生前の夏油傑に取り込まれておいて、死後乗っ取る計画」だったことが考えられます。

夏油傑本人?

77話の九十九由起との会話が気になりました。

そこで理想の未来を九十九が語ったときのセリフ

術師からは呪霊は生まれないんだよ。勿論、術師本人が死後呪いに転ずることを除いてね

この言葉から「夏油本人が死後、呪いとなった」可能性が出てきます。

あり得ない話ではないのですが、ポイントで述べたような”長期の計画”にも”この身体が必要だった”という発言にも矛盾が感じられる。

なので、可能性は低いと思われます。

呪術高専の関係者によるもの?

「身体を乗っ取り渡り歩く能力」と偽の夏油が言っていることからも最有力なのが呪術高専の関係者からの移住です。

理由は先に述べたポイントから”五条悟にとって夏油傑が特別な存在である”と知っていなければ成立しない計画だからです。

さらに偽夏油はこの体を「”楽に”手に入れた」と言っています。

呪術高専の関係者でないと無理でしょう。

特に死体を検体として扱うことのできる研究職ならベストです。

最有力候補・九十九由基からの移住

呪術高専関係者の中で最も怪しいのは特級呪術師の”九十九由基”です。

「非術師がいなくなれば呪霊は生まれない」と夏油が気づくことになったのは彼女の言葉がきっかけでした。

九十九は特級術師なので、夏油の死体に近づくことも可能です。

さらに、常にどこにいるかわからなく、任務もせずに身勝手に動いていた過去や、現在においても所在が分かっておりません。

以上のことから、「”呪いだけの世界”の為に、五条が邪魔な”脳の呪霊”が九十九の身体を乗っ取り高専に潜入。五条と親友という関係と使い勝手のいいレアな術式を持つ夏油に目をつけ、殺されるように動き死体を手に入れた」というのが考察です。

九十九が黒幕ではなく、九十九からの移住という考察に留まりました。真実はいかなるものなんでしょうか。
今後の呪術廻戦から目が離せません。

夏油の強さ・レアな術式の能力や領域展開について

両親が非術師の家庭で生まれた特級術師。

その強さはレアな術式「呪霊操術」によるものが大きいです。

レアな術式「呪霊操術」(じゅれいそうじゅつ)

呪霊操術とは、降伏した呪霊を取り込み使役できるというもの。

力に差があれば降伏なしの無条件で取り込めます。

似た術式に伏黒恵の「十種影法術」という召喚した式神を使役するというものがありますが違いがあります。

  1. 媒体なしで使用可能。
  2. 呪霊の力が術師に依存しない
  3. 取り込んだ呪霊の術式を自身も使える
  4. 操ることが出来る数が圧倒的に多い

式神の使用では、術師の呪力を消費し、破壊されれば顕現できなくなり、その能力は式神自身しか使えず、伏黒は最大で二体までしか式神を出せません。

術式とは先天的なもので努力で習得できるものではありません。術式が増えるというのは特級術師に成るほど強力なものでした。

“元気玉”のような必殺技

乙骨との戦闘では、4461体の呪いを一つにして操る技、呪霊操術極ノ番「うずまき」を使います。

それは禍々しい”元気玉”のようでした。

乙骨には破壊されましたが、恐ろしい必殺技です。

ちなみに、かめはめ波はメカ丸先輩が出してました!

まだ見ぬ、夏油傑の「領域展開」を考察

夏油傑の「領域展開」はまだ明らかになっていません。

しかし、特級術師であった夏油が「領域展開」を持っていないとは考えにくく、まだ発動していないだけという可能性が高いです。

過去に伏黒甚爾に殺されかけた時も、乙骨優太に殺されかけた時も発動していないのを見ると「自分がなくなってしまう」や「取り込んでいた呪霊の制御が効かなくなる」ような超高リスクの領域展開であるのではないかと思われます。

一度死に、呪霊に操られる今の偽夏油には発動可能かもしれないので今後「領域展開」が見られることを期待します。

【呪術廻戦】夏油傑、0巻での過去・五条悟や九十九との高専時代や正体を考察 まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は【呪術廻戦】夏油傑、0巻での過去・五条悟や九十九との高専時代や正体を考察しまとめさせていただきました。

夏油は黒幕ですが、苦労した過去と崇高な思想を持ちながらも死に、その死体を利用されるという悲しい元・特級術師でした。

今は操られ、その超強力な術式を呪霊の為に使われているの本人も悔しいはずです。

肉体に宿った魂が反応する場面も描かれていましたので完全には操られていないようにも見受けられます。

五条悟の封印間際の呼びかけに偽夏油の右手が勝手に自身の首を絞め始める描写もありました。意志はあるのかもしれません。

ちなみに、霊ガンは五条先生が出してました!

以上、【呪術廻戦】夏油傑、0巻での過去・五条悟や九十九との高専時代や正体を考察しまとめさせていただきました!

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です