呪術廻戦のネタバレの151話!筆頭との決着の行方

呪術廻戦のネタバレの151話

今回は、呪術廻戦の151話のネタバレの内容をご紹介していきます。

前回は、禪院家の最強軍団総出で真希を止めようとしていました。

しかし覚醒した真希には全く歯が立たず、真希の圧勝という結果に。

最後に立ちはだかるのは禪院家最強集団「炳」の筆頭、禪院直哉!

151話では、直哉と真希の熱戦の様子が描かれます。

それでは本題の、呪術廻戦の151話のネタバレに入ります。

また、今冬には「劇場版 呪術廻戦 0」が公開されることが決定しました!

コミックス0巻で描かれた乙骨憂太をメインとする映画となり、ますます盛り上がりを見せそうな予感です!

 

【152話】はこちら<<◆>>【150話】はこちら

 

呪術廻戦のネタバレの151話までのあらすじ

150話までのあらすじはこんな感じです。

  • 禪院家の面々が真希を止めようとする
  • 甚壱たち最強集団「炳」も一瞬にしてやられる
  • 「炳」筆頭の禪院直哉が立ちはだかる!

直哉と真希、どちらが一体強いんでしょうか?

ではここから、【呪術廻戦のネタバレの151話 葦を啣むー肆ーの内容を解説していきたいと思います!

呪術廻戦のネタバレの151話!

呪術廻戦151話ネタバレ|甚爾への憧れ

幼い頃、直哉はその能力の高さから次期当主に間違いないと言われてきました。

自分は天才であると誰もが言う。

しかし禪院家には男で呪力が全くない落ちこぼれがあると聞いた直哉。

どんなショボくれた人なんやろ。

どんな惨めな顔しとんのやろ。

そう思いながら楽しそうに直哉は屋敷を走っていました。

そして甚爾に遭遇した直哉。

その圧倒的な存在感と甚爾の目に直哉は衝撃を受けました。

直哉は真希にものすごいスピードで攻撃を繰り返します。

真希は攻撃を防ぎつつ、345…91011…と何か数字を数えていました。

屋敷だけでなく周りの岩壁までを破壊しながら熾烈な争いを繰り広げるふたり。

“オマエは、オマエは、甚爾君やない!!”

直哉はそう思いながら真希を岩壁に打ちつけました。

その間もなにやら真希は数を数えていきます。

呪術廻戦151話ネタバレ|アッチ側にいるのは

雑魚の罪は強さを知らないこと。

誰も甚爾君を理解していなかった。

ただ、五条悟を除いて。

そう考えていた直哉。

真希は起き上がり再び直哉と戦い始めますが、直哉のスピードが早すぎて一方的に攻撃を受けるのみ。

“アッチ側に立つんわ、俺や!!”

直哉は五条と甚爾の姿を思い浮かべながら真希に次々と攻撃していきます。

真希は少しフラつきながら、マズイと感じていました。

直哉の投射呪法は物理法則や軌道を無視した動きはつくれません。

もちろん速度も術式発動時の加速度にも上限があります。

しかし逆に絶えず術式を重ねれば重ねる程、出せる速度は上がっていきます。

脹相のときのようなヘマはしないと誓っていた直哉。

“力は重さと速さ!最高速度でブチ抜いたる!”

そうして直哉は圧倒的速さで真希に向かっていきます。

呪術廻戦151話ネタバレ|この体になって

真希は真依の命と引き換えに得た呪力から脱却した鋼の肉体となっていました。

しかし扇と戦った際のケガと「炳」との連戦での疲労、さらに亜音速を超えた直哉を相手にするには長期戦は不利と判断した真希。

「不知火型」で真っ向勝負を挑みます。

「抱いてやるよ。」

真希がにやりと笑いながらそう言いながら構えた腕を、直哉は軽く触れたあと真希の後ろに回り込みました。

投射呪法発動中の掌に触れたものも24分の1秒で動きを作らねばならず、失敗すれば1秒フリーズします。

失敗すれば1秒、直哉は以前トップスピードを維持している状態。

真希が真正面から攻撃を受けるつもりだったのだろうと予測していた直哉。

見え見えの誘いに乗るかと後ろから真希を攻撃しようとします。

”やっぱオマエは偽物や!!”

しかし直哉の前には真希の拳が…!

「24回だろ。直毘人もオマエも速いだけじゃねぇ。違和感があった。」

真希は直哉が1秒に24回動きを刻んでいたことをすでに見抜いていたのです。

そのために数をずっと数えていた真希。

「この身体になってようやく見えたよ。」

この偽物、そう言おうとした直哉の顔を原型がないほど強烈な一発で殴った真希。

「悪い、もう一回言ってくれ。」

真希、圧倒的勝利で二人の戦いは終わるのです!

ここまでが151話のネタバレになります! ここからは、公開前に書いた151話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

呪術廻戦のネタバレの151話の展開を考察!

呪術廻戦151話ネタバレ考察|真希VS直哉

禪院家最強集団「炳」の筆頭、禪院直哉。

真希の前に立ちはだかった禪院家の最後の敵である彼は、真希に勝つことができるのでしょうか。

結論から行くと、真希の圧勝で終わるのではないかと思います。

直哉の強さは脹相との闘いでしか描かれていないのですが、脹相の勝利に近い状態で終わっていました。

乙骨と直哉の間にどんなやり取りがあったのかわかりませんが、直哉はその後あっさり手を引いています。

脹相、乙骨よりも劣る可能性が高い彼が、甚爾並の強さとなった真希に勝てるとは思いません。

真希は禪院家の面々に圧勝しています。

扇に付けられた傷以外に特に外傷もないまま短時間で勝利したことを考えると、真希のダメージも少ないでしょう。

真希が弱ったところを直哉が攻撃し勝利…という展開は無さそうです。

真希の現在特級と言っていいほどの強さを持っていますから、今回も真希の圧勝となるでしょう。

呪術廻戦151話ネタバレ考察|脹相の死亡フラグ

146話にて一旦虎杖と別れ、天元の元で護衛をすることになった脹相。

弟のありがとうの言葉に嬉しそうな様子を見せる彼でしたが…ネット上では脹相の死亡フラグが立ったのではないかと予測する人が多いようです。

「死ぬなよ。」

虎杖にそう言った言葉が、脹相への死亡フラグへとつながったようですね。

確かに、羂索は天元との同化を目的としているためいつ羂索がやってくるかわかりません。

そして天元は羂索の術式対象の為、天元を守りながら戦わなくてはならない。

脹相が直哉に対して使っていた術式である程度対抗できるかもしれませんが、羂索の強さも計り知れません。

もし羂索がやってきた場合、脹相と九十九の2人で対抗できるのか…不安は残りますよね。

脹相がピンチになり虎杖が駆け付け、虎杖の前で死ぬ…なんて悲しい展開もあり得ます。

果たして羂索は本当にやってくるのか、2人が対抗できるのか、注目しておきましょう。

呪術廻戦のネタバレの151話のTwitterでの予想

真希の闇墜ち感を心配する声もありますが、皆さん真希の圧倒的勝利を予想しているようです。

呪術廻戦のネタバレの151話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の151話のネタバレの内容をご紹介いたしました。

いや~予想通り、やはり圧倒的に真希が強かったですね!

直哉も禪院家最強集団の筆頭というだけあって相当強かったのですが、戦いながら直哉の速さを見切った真希の勝利という結果でした。

プライドの高そうな直哉に虐められていた真希が拳一発で勝利するという清々しい結果。

もはや禪院家には真希を止めることはできませんから、このあと真希はみんなと合流する展開になるでしょうね。

禪院家つぶしてきた、と皆に言った時の反応がどんなものになるのか気になりますね!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【152話】はこちら<<◆>>【150話】はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です