呪術廻戦 ネタバレ最新話確定速報129話 【渋谷事変㊻】

こんにちは、こーです!

2020年11月9日(月)発売予定の週刊少年ジャンプ49号で、呪術廻戦の最新話129話が掲載されました

前回は、東堂&虎杖vs.真人の手に汗握る攻防戦が繰り広げられました。

さすが特級呪霊…!

真人の勘の良さや頭の回転の速さ、そして呪いとしての狡猾さ。

全てにおいて憎たらしくも、魅力的な敵キャラに見えてきますよね!

そして、そんな真人に劣ることなく、素晴らしいコンビネーションを繰り広げる東堂&虎杖。

さすがは大親友と言ったところでしょうか…。(笑)

 

今回は、呪術廻戦129話のネタバレ最新話確定速報をしていきたいと思います。

 

130話はこちら<<♦>>128話はこちら

 

以下、呪術廻戦の129話のネタバレを含む内容になっております。

 

それでは、見ていきましょう!

呪術廻戦 ネタバレ最新話129話前のあらすじ

前回のあらすじを簡単に確認しておくと…

  • 虎杖の精神的ダメージからの復活
  • 東堂と協力して真人を祓おうとする
  • 3人とも120%の潜在能力を解放する

となっていましたね。

3人が3人とも、自分の能力の120%を解放できている状況は、今までの戦闘シーンの中でもかなり珍しい瞬間ではないでしょうか?

東堂に関して言えば、真人に少しでも触れられてしまうと命を失う危険があるのにも拘らず、あれだけの近接での戦闘を繰り広げられるのは、さすがとしか言いようがありませんね…。

改めて、東堂の強さを垣間見れた瞬間でもありました。

128話の最後では、バトルの場が地上へと移動し、最後の呪い合いだと真人自身も感じています。

129話で決着がついてしまうのでしょうか?

 

東堂、さすが1級術師ですね!

 

では早速、呪術廻戦 129話【渋谷事変㊻】 を見ていきましょう!

 

呪術廻戦ネタバレ129話注目ポイント

129話の注目ポイントはこちらになります!

  • 最後の呪い合い
  • 東堂と虎杖の分断
  • 0.2秒の

以上の3つのポイントをチェックしていきます!

それぞれの注目ポイントと共に詳しい内容も確認していきましょう!!

呪術廻戦129話のタイトル名

呪術廻戦129話のタイトル名は

「渋谷事変㊻」

今回も引き続き、東堂&虎杖vs.真人の描写となりました。

「最後の呪い合い」といったところから話はスタートします。

次の真人の手は、いったいどのようなものなのか?

気になりますね…。

そしてラストには、驚きの展開も!!

見ていきましょう。

 

呪術廻戦ネタバレ129話

最後の呪い合い

「アゲてけよ虎杖!!俺とオマエ!!最後の呪い合いだ!!」

広範囲攻撃を使って、バトルフィールドを地上まで押し上げた真人。

「おいおい俺は、仲間外れかい!?」

と東堂は真人と虎杖の位置を換えて、真人へ攻撃。

その隙に、虎杖は真人の顔面に蹴りを加えます。

しかし、虎杖の攻撃には手応えがなく、真人は自身の釘を自切していました。

首なしの身体で、東堂と虎杖に攻撃を仕掛ける真人。

頭がない首からは目のようなものが2つ飛び出しています。

頭だけの方にも身体が生えていき、首なしが虎杖&東堂と戦っている隙に術式を発動します。

「多重魂」

 

拒絶反応の微弱な魂達は、交ざり合い体を成す

 

「幾魂異性体」!!!

 

真人目の前には、今までとは筋肉量が違う改造人間が。

瞬時に状況を理解し、東堂は

①東堂と本体真人の位置替え

②本体真人と首なし分身の位置替え

をします。

虎杖の目の前には本体真人、東堂の前には「幾魂異性体」という状況に。

「単純な5:5の分裂ではないな!!俺と虎杖をしっかりと足止めできていたことから、力の配分はおそらく8:2!!」

東堂は考えています。

8の方が首なし分身、2の方が本体真人です。

「そして距離を取った上で術式を行使したことから弱体化している2が本体!!

そちらを虎杖に確実に潰させる!!

改造人間の等級は3級~2級弱と聞く!!

手早く潰せ、藤堂葵!!」

 

瞬時に状況把握、そして実行…。

さすが東堂ですね!!

 

東堂と虎杖の分断

とその瞬間、改造人間が東堂に一撃を喰らわせます。

「何!?」

驚いている東堂。

「東堂!!」と虎杖は心配します。

「ははっ、ナメてっから」と真人。

改造人間はもう一撃東堂に浴びせ。東堂はビルに向かって吹き飛んでいきます。

ビル内の一室に叩きつけられ、どんどんと飛んでいく東堂。

ビルを貫通し、地上に叩きつけられるところで受け身を取り、追撃をかわします。

呪力をこめた石を改造人間に投げつけ、その石と位置替えをし、改造人間を後ろから殴りつけます。

「死んでいる!!あれだけのパワーがありながらたった一撃で…」

東堂は少し驚きます。

「――ん成程。複数の寿命(たましい)を一瞬で燃やし尽くすことで爆発的にパワーを得たわけか!!超攻撃型改造人間、それが——」

 

もう2体…!!

 

東堂の目の前には、「幾魂異性体」で出来た改造人間が2体いました。

「許せ、哀れな魂達よ」

東堂は、自身が付けているネックレスにキスをします。

0.2秒の

場面は戻って、虎杖vs.真人。

「チョンマゲゴリラとの分断は済んだ。このまま…押し切る!!」

大量の巨大ムカデのようなもので虎杖に攻撃を仕掛けます。

巧みに避けて真人に蹴りを加える虎杖。

真人は虎杖の足を掴み、遠くに投げつけます。

地面に叩きつけられる虎杖に追撃をしようとしたところ…

「チッ」

虎杖の横には東堂の姿が。

「どうやらとことん俺を仲間外れにしたいらしいな」

「幾魂異性体2体では仕留めきれなかったか…!こいつに攻撃を当てるのはかなりハードルが高い。

かといって領域を展開すれば、俺は宿儺に触れ、殺される!!

結界術は複雑だ。

虎杖を除外して領域を展開する技量は俺にはない」

 

このくだりに関しては、公式Twitterの方で訂正が入っていましたね!

「一度『領域から除外』という手段を晒している虎杖に対して同じ手は使えない」ということのようですね!

29話で、虎杖を除外して七海だけを領域内に入れていますもんね!
でも「同じことをしても、すぐに領域内に虎杖も侵入してくるだろう…」ということですね。

 

「ならばどうするか」

 

それを 教えてくれたのは

 

「領域展開」

 

真人の行動に驚く2人。

「それは自殺行為だろう!?」と東堂。

 

「自閉円頓裹」

 

「一か八か!!」

 

0.2秒の領域展開!!!

 

呪術廻戦 ネタバレ最新話129話確定速報 まとめ

いかがでしたでしょうか。

 最後に、注目ポイントをまとめると

  • 最後の呪い合い ⇒真人の応用技炸裂!
  • 東堂と虎杖の分断 ⇒一瞬で合流する東堂
  • 0.2秒の ⇒領域展開を発動!!

となっていましたね。

真人、さすがに強いですね!

そして東堂の戦闘慣れもさすがのものだと感じました。

ラストには、五条が披露した0.2秒の領域展開を真人が発動させました。

東堂のみが心配ですね…。

さすがに0.2秒だと殺すまでには至らないと願いたいところですが…。

この領域展開によって、真人の呪力もかなり底をつきますよね。

超終盤に差し掛かっていると思われます!

そしてこの展開で、次回は番外編ということで…。

この続きは再来週になるかと…。

待ちきれませんね!!

 

130話はこちら<<♦>>128話はこちら

 

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です