ヒロアカのネタバレ269話!仲間の仇をとってみせる

こんにちわ、こーです!

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)269話のネタバレと感想の記事になります!

前回は、蛇腔病院での戦いの様子が描かれました。

今回は、引き続き病院でのヒーロー対ハイエンドの戦いが描かれます。

【270話】来週公開予定!<<◆>>【268話】はこちら

以下、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)269話のネタバレを含む内容となっております。

ヒロアカのネタバレ269話

ボロボロの状態のミルコ

前回エンデヴァーが受け止めたミルコの傷は深く、左腕がひきちぎれているだけでなく右足はやっと繋がっている状態でした。

エンデヴァーは傷を焼いて応急処置をすることに。

痛みに耐えながらも尚、ミルコは奥にいるドクターたちを気にかけていました。

ドクターたちの発見から5分足らずでハイエンドを一人で相手にし、この状態になったミルコ。

「九州に続き借りができた。死ぬなよ。」

エンデヴァーはそうミルコに声をかけながら傷を焼き始めます。

一方のミルコは何か貸したっけ、と言いながら痛みに耐えていました。

そこへ一体のハイエンドが襲い掛かろうとします。

「NO.1だ。もット キモチ良クサセてくれソうっ!」

死柄木を目覚めさせるな

ハイエンド3体を相手に戦うイレイザーヘッドやプレゼントマイクをはじめとしたほかのヒーロー達。

彼らにミルコは無線を飛ばし、クラストはミルコが生きていたこと泣きながら安堵します。

ミルコは、死柄木はカプセルに入っており恐らくそのカプセルは起動装置であることを伝えます。

「死柄木を起こすな!あれはもう只の小悪党じゃねえ!」

ミルコほんとボロボロなのにカッコよすぎる!

一方、ヒーローと戦うハイエンドたちはイレイザーヘッドの個性に気付き始めていました。

個性が使えない、この身体になって得た強みを一笑に付すかの如き無理無体だ、と身体が目覚め切らないことに焦りを感じているようです。

イレイザーヘッドの予想では、雑魚脳無を相手にしている他の場所にいるヒーロー達がここに来るまでに数秒かかる。

ですが、その数秒が問題であるとミルコが伝えたいことをくみ取りました。

イレイザーヘッドの判断

前話でイレイザーヘッドの個性に気づき、視界に入らないよう逃げたハイエンドは今エンデヴァーと交戦中。

イレイザーヘッドは駆け付けて個性を消したいのですが、そうすると瞬きをはさまなくてはなりません。

今相手している3体の抹消を解除するわけにはいかないため、イレイザーヘッドはある決断をします。

一刻も早くドクターを捕える為、エクスレスとプレゼントマイクに奥に行くよう指示するのです。

イレイザーヘッドが行くんじゃないんですね!!

プレゼントマイクは驚いたような表情を見せました。

彼らの行く手を塞ごうとするハイエンドを、クラストが”シュードシールド”で跳ね除けます。

「頼むわ。」

イレイザーヘッドの言葉を背に、プレゼントマイクは奥へと駆け出していきます。

プレゼントマイクの一撃

奥ではドクターがなんとか死柄木を目覚めさせようと装置を動かしていました。

こんな半端な形では不本意だと嘆きながら、オール・フォー・ワンとの夢の結晶を完成させたがっていました。

「起きろ 死柄木弔ァァァ!!」

しかしその瞬間、プレゼントマイクが”ラウドヴォイス”で装置をすべて破壊するのです!

衝撃でドクターは吹き飛ばされ、死柄木が入っていたカプセルは粉々、溶液はすべて流れ出し、死柄木の身体も床に投げ出されました。

プレゼントマイクはまっすぐにドクターに向かい、かつて黒霧にされた白雲のことを思い出していました。

イレイザーヘッド、プレゼントマイク、白雲の3人で笑いあっていた学生時代の青い夢を…。

「真贋確認!それと友達泣かしたぶん!」

そう言ってプレゼントマイクはドクターは”D・Jパンチ”で殴り飛ばしました。

やっと仇が取れましたね!よかった!かなりスカッとするシーンです!

悪の連鎖を断ち切る

エクスレスが死柄木の元に行くと、死柄木は息をしていないことに気づきます。

なんと心臓も止まっているというのです。

ドクター曰く、仮死状態にして定着の負担を軽減させているとの事。

そして死柄木が入っていたカプセルは、定着促進・維持・蘇生装置であるということを説明します。

プレゼントマイクに捕まったドクターは絶望した表情で泣いていました。

「死柄木の為に(この為に)、生きてきた。」

次々と駆け付けるヒーロー達、押されるハイエンド達、壊される装置。

「終わる、終わってしまう!魔王の、夢が!」

ついに悪の連鎖を終わらせるときがやってきたのです。

ここまでが269話のネタバレになります!
ここからは、最新話公開前に書いた269話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

ヒロアカのネタバレ考察269話

進化するハイエンドたち

ハイエンドが学習し、指示せずともヒーロー側の動きの察知・分析・行動していました。

1体のハイエンドがこの動きを見せるという事は、残り3体のハイエンドたちも同じように自分自身で考え進化していく可能性があります。

今現在ヒーロー側の戦力は、エンデヴァー・クラスト・イレイザーヘッド・プレゼントマイク・他3名のヒーローです。

他のヒーロー達は詳しく描かれていないので、詳しい個性はわかりません。

戦力的には少し弱い気もするので、どんどん進化して覚醒する前にトドメを刺したいところ。

エンデヴァーですら1体の骨の層が厚いハイエンドに苦戦していましたし…

イレイザーヘッドとプレゼントマイクはドクターの元に向かうでしょうから、他のヒーロー達とクラスト、エンデヴァーがどこまで戦えるかが勝負です。

イレイザーヘッドとプレゼントマイク

前回、ミルコがドクターは奥にいることを伝えて一番反応していたイレイザーヘッドとプレゼントマイク。

彼らは以前、黒霧にされた白雲の仇が目の前にいたら、という話をしていました。

同期である彼の仇をとるために、二人が協力しドクターを捕える展開になりそうな気配がします。

奥にいるドクターを捕え、眠る死柄木の装置を完全に破壊し捕獲…できるといいのですが、死柄木の捕獲までは厳しいかもしれません。

なんにせよここでドクターを捕えるのはエンデヴァーではなくイレイザーヘッド達の可能性大!

死柄木は捕える前に逃げられそうですが…

死柄木は覚醒する?

前回定着率75%の段階で死柄木が眠る装置はミルコによって破壊されました。

装置は壊れたものの、死柄木が入ったカプセルは完全に壊れていない様子だったのですが、ヒーロー達が死柄木を捕える為に破壊するでしょう。

完成後の死柄木についてドクターは以前こう言っていました。

「完全なる自我を保ち、無限の力を持つ人間。私とオール・フォー・ワンが求めた究極の人、”マスターピース”だ。」

オール・フォー・ワンですら敵わなかったワン・フォー・オールを超える力を持つと言われています。

これが100%の段階での状態なので、75%の定着率でどこまで進化しているのか気になりますね。

確実に言えるのは「複数の個性持ち」になるだろうということ。

ただその個性や力がどの程度のものになるのか…その力の大きさ次第で今後の戦いの行方がかわってくるでしょう。

エンデヴァーがここで死柄木を倒しても、捕えても、あっさり上手くいきすぎな感じがあるので、簡単に死柄木は捕まらないと思います。

苦戦する状況になって後衛の生徒たちも参戦…的な感じかな?

眠っていた死柄木が目覚める以上、ワン・フォー・オールの個性を持つデクの出番も遠くないはず!

デクがワン・フォー・オールの歴代継承者の個性をどこまで自分のものにしているか、決戦の鍵になりそうな予感…。

ヒロアカのネタバレ269話まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の269話のネタバレと感想について書かせていただきました!

ドクターの捕獲にはてっきりイレイザーヘッドとプレゼントマイクで行くと思っていましたが、プレゼントマイクに託す形になりましたね。

無事にかつての同期の仇が取れてほんとによかった!

ミルコの傷の状態も心配ですが、他のヒーロー達も駆け付けたのでこのままハイエンドを抑え込み制圧に成功しそうですね。

死柄木がこのまま仮死状態であることを保っていれば、ですが…嫌な予感がしなくもありません。

デクの活躍も見たいところなので、そろそろ登場することを期待したいと思います!

以上、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)269話のネタバレについてお伝えしました。

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました!

 

【270話】来週公開予定!<<◆>>【268話】はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です