シャンクスは2人(傷あり・傷無し)いる?これまでの伏線を基に検証

こんにちは、こーです!

今回は、ワンピース(ONE PEACE)の赤髪のシャンクが「2人いる」という仮説について検証してみたいと思います。

今では新世界の4皇の一角に数えられるシャンクスですが、連載初期から登場しているにも関わらずその強さや正体についてはまだまだ謎な部分が多いですよね。

これに加えて「シャンクスが2人いる」なんて仮説が出てきたらもうわけわからんのですが、その可能性は極めて高いと思います。

シャンクスが2人いる説について余すことなく解説させていただきます。

シャンクスが2人いる説の根拠①:傷の有無

これは有名な話ですが、シャンクスの左目に付いている傷の有無が話題になりました。この傷の有無がシャンクスが2人いるという噂の発端になっています。

作中のワンシーンの比較

分かりやすいように画像で比較してみましょう!

上記画像は、左側がシャンクスが五老星に謁見した時のシーンで描かれたもので、右側がシャンクスが白ひげと対峙した時の画像です。

シャンクスの左目に付いた傷は額まで及んでいて、右側からみても傷が見える程大きなものです。

しかし、2つの画像は同じアングルなのにも関わらず左側の画像ではシャンクスの額には傷が見えません。

『VIVRE CARD』でのシャンクスの傷の描写

ワンピースの公式キャラブック『VIVRE CARD』の表紙では、シャンクスの左半身が描かれていました。

しかし、この時のシャンクスの左目の近辺にはあるはずの「3つの傷」が描かれていませんでした。

単なる作者の表記ミスじゃないの?

と思われる方もいるとは思いますが、本当に単なる表記ミスなのでしょうか?

本の出版には何重ものチェックが入った上で出版に至るのが普通ですよね?

その過程の中でこんな凡ミスが見逃されるはずはないと思うのです。

つまり、「あえて傷が付いていないシャンクスを描いた」ということになるのではないのでしょうか。

シャンクスが2人いる説の根拠②:海賊旗が2種類存在する

また、シャンクスの海賊旗が2種類あることも確認されていて、これがシャンクスが2人いる可能性を示す根拠となっています。

このことが分かったのは、873話の扉絵で赤髪海賊団の海賊旗が描かれたことがきっかけです。

上記画像の海賊旗では赤髪海賊団のドクロの口は閉じています。

しかし、本来の赤髪海賊団の海賊旗の口は開いているんですね。

上記の左側が本来のシャンクスの海賊旗、右側が扉絵で描かれた海賊旗ですが、口が開いていますね。

扉絵で描かれた時、バルトロメオは「4皇?!関係ねえべーーー!!」と言っているので、右側の画像がシャンクスの海賊旗を表しているのは間違いないと思います。

これがそんなに重要なことなの?

はい、扉絵では本編の伏線になるようなことが描かれている場合が多いんです。特にシリーズものについては。

最近では、ビッグマム海賊団の傘下であったジンベエがとある遺跡でポーネグリフを発見しましたが(778話扉絵)、後にそのポーネグリフがビッグマムに謙譲された可能性があることが明らかになりました。

つまり、表紙絵はただの作者の趣味ではなく「本編への伏線を含んでいる」と考えることができるんですね。

だから、この扉絵の海賊旗と本来の赤髪海賊団の海賊旗の違いには、2種類のシャンクスが存在する可能性があることを示唆しています。

 

これれの事実が示すのは即ち、

傷が付いているシャンクスと傷が付いていないシャンクスの2人が存在するということではないでしょうか!?

 

また、現代にシャンクスが2人存在するとすれば、「マリンフォード頂上決戦」や「五老星との謁見」の際の”高速移動”についても説明できます。

つまり、「高速移動した」のではなく、2人のシャンクスがそれぞれで動いていた、と説明することができるのです。

このシャンクスの高速移動の不可解な事実については、シャンクスの悪魔の実の件と同時に解説しているので、下記記事をぜひご覧ください。

シャンクス傷あり・無しがなぜ2人いるのか

ここまでの説明で、シャンクスが2人いる可能性が高いことはお分かりいただけたと思います。

では、シャンクスはどのようにして2人も存在することができているのでしょうか?

これについては、以下の2つの可能性が考えられます。

シャンクスが2人存在するのは?
  • 元々双子である
  • 過去からもう一人やってきた

2人のシャンクス(傷あり・傷無し)が双子説

これは単純に、シャンクスは双子で今では瓜二つの見た目に育ったという説です。

個人的にはインパクトに欠けるのでこの説はあまり考えたくないのですが….(笑)

また、双子説とはちょっとズレますが、バーソロミュー・くまのようにどちらかのシャンクスがパシフィスタのような人造人間という説もあるかなと思います。

いずれにせよ、インパクトに欠けるのでイヤです(個人的感想)

2人目のシャンクス(傷あり・傷無し)が過去からもう一人やってきた説

ワンピースには、「トキトキの実」と呼ばれる過去から未来へ時間移動できる能力を与える実があることがわかっています。

これは、ワノ国編で「光月トキ」と呼ばれる人物が登場したことでわかりました。

光月トキについては、下記記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

このトキトキの実をシャンクスが食べていたとすれば、過去からもう一人のシャンクスが登場してもおかしく無いのです。時系列的にも辻褄が合います。

シャンクスがロジャー海賊団の見習いクルーだった頃は、今から約24年前のことだと言われています。

 

上記画像のように、24年前のシャンクスには左目の傷はありませんでした。

そして、光月トキが死んだのが20年前です。

悪魔の実というのはその能力の宿主が死ねば、再び現世に突如現れる性質を持っています。

ですので、光月トキが20年前に死んで、新たに現れた「トキトキの実」を傷を付けられる前のシャンクスが食べ、何等かの理由で今の時代にタイムスリップしていても不思議ではないのです。

2人のシャンクス(傷あり傷なし)の違い

では、ここからはシャンクスが実際に2人実在すると仮定してお話してみましょう。

五老星と謁見していたシャンクスと、ルフィに麦わら帽子を託したシャンクスはそれぞれどのような特徴を持っているのでしょうか?

僕が思うに、

  • 五老星と謁見していたシャンクス
    世界政府サイドの人間
  • ルフィに麦わら帽子を託したシャンクス
    海賊サイドの人間

つまり、片方のシャンクスはルフィの敵となる人物ってことですね!

こう考えてみれば、シャンクスが五老星と謁見していたことについても辻褄が合うのではないでしょうか?

もしかすると話が進んでいく中で、世界政府サイドのシャンクスとルフィが対峙することまあるかもな!

そうなるとルフィはビックリでしょうね(笑)そのシャンクスも強敵であることは間違いないので苦戦必至です。

シャンクスは2人(傷あり・傷無し)いる?これまでの伏線を基に検証 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ワンピース(ONE PEACE)の赤髪のシャンクが「2人いる」という仮説について検証してみました。

今回の内容をまとめてみましょう。

シャンクスは2人いるのか?
  • 伏線や作品内の描写でシャンクスが2人いるというのはほぼ確定。
  • 悪魔の実の能力で過去からやってきた可能性あり
  • 2人の内方は世界政府の人間で、いずれルフィに対峙することになると予想。

ということですね。

2人のシャンクスがもし仲間として共闘したら…..誰にも止められない最強タッグの完成ですよね(笑)片方が世界政府、もう一方が海賊として活動しているから、パワーバランスが保たれているのでしょうか。

シャンクスって、1人でもめちゃツエーですからね(笑)

シャンクスの強さについては下記記事で解説しているので、よろしければお読みください。

「シャンクスが2人説」、ワンピからはまだまだ目が離せません。

以上、「シャンクスが2人いるのではないか説」について解説させていただきました。

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です