【ヒロアカ】八百万百の個性や必殺技|ヒーロー名や身長・誕生日は?

今回は、僕のヒーローアカデミアの八百万百の個性や、彼女の誕生日や身長などの基本情報をご紹介します。

ヒロアカの八百万百は、いわゆる「お嬢様」。実家住まいですが、巨大な正門からは家が見えないくらいの広大な敷地をの中に建っています。

育ちが良さ過ぎる故に少々世間知らずなところがある八百万百。クラスメイトも八百万の言動についていけないということも多々あります。

本記事では、そんな八百万百の個性の特徴から、身長や誕生日などの基本情報をご紹介したいと思います。

【ヒロアカ】八百万百とは

ヒロアカの八百万百のプロフィール画像

僕のヒーローアカデミア第25話より引用

名前 八百万 百
名前の読み方 やおよろず もも
所属
雄英高校1年A組
ヒーロー名 クリエティ
誕生日 9月23日
身長 173cm
年齢 15歳
出身地 愛知県
出身校
掘須磨大付属中学
個性 創造
血液型 A型
峯田ネーム
ヤオヨロヨッパイ

雄英高校1年A組に在籍している女子生徒。主人公の緑谷出久とは同級生に当たります。ストレートの黒髪、凛とした振る舞いの「大和撫子」です。身長は173cmと、女子にしては高身長。

頭脳明晰で、戦いにおける分析能力に長け、尚且つ実技の方も高い実力を発揮する文武両道タイプ。しかし、完璧に近いが故に壁にぶち当たった時に心が折れやすいという精神的な弱さも併せ持ち、それを克服することが彼女の中で課題となっています。

体育祭で常闇に惨敗してから自信を喪失し、その後かなりの期間その状態を引きずることになりました。期末試験では「自己評価の過剰な低さ」を相澤に指摘されています。

元々戦術眼には長けていたため、期末試験ではその後、轟の協力を得て相澤の虚をつく大胆な作戦を実行し、見事試験をクリアしています。これをきっかけに、精神面にも復調の兆しが。

超お嬢様

ヒロアカの八百万百はお嬢様

僕のヒーローアカデミア第60話より引用

冒頭でも書きましたが、八百万の実家はかなりのお金持ちで、八百万百は大豪邸に住んでいます。

登場初期の時点で語尾に「~ですわ。」を付けるなど、その言動からお嬢様感は出ていましたが、期末試験前の勉強会で上鳴らが八百万の家を訪れた際にとてつもない大金持ちだということが発覚。漫画では1コマだけでしたが、アニメ版では八百万の家を訪れたクラスメイトが敷地の広さに驚愕するシーンが描かれています。

因みに、紅茶の銘柄にはかなりのこだわりがある模様。

一方、お嬢様すぎる故に浮世離れしたところも見受けられ、クラスメイトが八百万の発言に圧倒されることも多々。よく一緒にいる耳郎響香は八百万の言動のフォロー役です。

コスチュームがセクシー

ヒロアカの八百万百のヒーローコスチューム

僕のヒーローアカデミア第11話より引用

八百万百のヒーローコスチュームは他の生徒のものと比べると肌の露出が多い仕様となっています。首からおへその辺りまでパックリと開いているが特徴的。一見するとただセクシーなデザインにしただけのように見えますが、実は彼女の”個性”の能力を存分に引き出すだめに必要な機能なのです。

また、腰の辺りには太いベルトを巻いていますが、そこにはヒーロー活動に必要な物資や、”個性”のサポートに必要な辞書などが収められています。

因みに、八百万百のヒーローコスチュームのデザインは作者の趣味で露出度がジワジワと高まっている様子。

峯田ネーム「ヤオロヨッパイ」

ヒロアカの八百万のことを峯田は「ヤオロヨッパイ」と呼ぶ

僕のヒーローアカデミア第59話より引用

八百万百は15歳とは思えないほどのナイスバディの持ち主。

USJ事件では、八百万が”個性”を使用したことによりコスチュームがはだけてしまいますが、その時一緒にいた耳郎響香は八百万の姿を見て「発育の暴力」と発言。また、クラスメイトの峯田実は「ヤオロヨッパイ」という名言を生み出すほど。

実は、八百万百は”個性”の特性(後述)故に高い体脂肪率を維持しなければならず、ムチムチな身体をあえて維持しなくてはならないのです。そのため、八百万はキャラに似合わずよく食べます。

(しかし、ただ単に太っているのではく、きちんと体系を維持しているため、かなりの努力をしていると思われます。)

【ヒロアカ】八百万百の個性

ヒロアカの八百万百の個性は「創造」

僕のヒーローアカデミア第201話より引用

八百万百の個性は「創造」

自分の身体に蓄えた脂肪から生物以外のモノを作り出すことができるというもの。

創造できるのは皮膚からだけとなっており、八百万のコスチュームが露出度高めなのはそのためです。

「創造」が可能なのは、生物を除くすべての無生物で、創造するものの規模によって消費する脂肪の量も変化します。小規模な創造であれば脂肪の消費量は少なく、逆に大規模な創造であれば脂肪の消費量も増加します。

先述の「高い体脂肪率を維持しなくてはいけない」というのは、いついかなる時に何を創造しなければならないかわからないから。肝心な時に必要なモノを創造できるだけの脂肪の蓄えが無ければ詰みだからです。

八百万の創造メモ

これまで八百万百が作中で創造したのは、大砲、ロープ、ナイフ、金属、ガスマスク、閃光弾などです。

ヒロアカの八百万百はマトリョーシカを創造することが得意

僕のヒーローアカデミア第63話より引用

八百万が一番得意とする創造は、「マトリョーシカ」らしいです。幼少の頃に初めてまともに創造できた思い出の品で、今では何も考えずとも創造できます。

ただ、創造するにはモノの分子構造から、モノがどのように組みあがっているかを正確にイメージできないとダメで、頭脳明晰な八百万だからこそこの”個性”を使いこなせていると言っても過言ではないでしょう。

ヒーローコスチュームのベルトの部分に辞書を携帯しているのも、いざという時に創造に必要な知識を補填するためです。

弱点

ヒロアカの八百万百の個性の弱点

僕のヒーローアカデミア第201話より引用

知識さえあれば何でも作ることができるので敵に合わせたモノを創造し、それを利用した戦術を展開することができます。また味方の”個性”を補助するモノを創造すればサポート役にも回れるという万能な”個性”です。

創造できるモノの種類は八百万の知識の範囲内では無限大です。しかし、創造できるモノの量は彼女の”脂肪量”に依存しているため、そもそも脂肪量を上回る巨大な物体を創造することは不可能だと考えられます。

また、脂肪を原料にしているので、言うなれば自分のエネルギー源を消費するわけですので、創り過ぎると”個性”が使えなくなる&行動不能になるので注意が必要なようです。

林間合宿の”個性伸ばし”訓練では、同じく身体の栄養素を”個性”に使う砂藤と一緒に大食い訓練(脂肪量増加が目的?)を行い、まさかの大食いキャラを確立させました。

必殺技

ヒロアカの八百万百の必殺技「YAOYOROZU’S LUCKY BAG」

僕のヒーローアカデミア第201話より引用

YAOYOROZU’S LUCKY BAG

八百万百には、”個性”の汎用性の高さ故に特に決まった必殺技はありませんが、敢えて上げるとするとこの「YAOYOROZU’S LUCKY BAG」でしょう。

雄英高校1年のA組 vs B組の際に見せた、大きな福袋のようなものを創造する技です。中には味方の役に立つアイテムが収められています。サポートが得意な八百万百ならではの必殺技と言えるでしょう。

今のところ、カッコイイ必殺技とかはありません。
今後は”個性”の幅をさらに広げて、「この世にない異次元の物質を生成する」という技を習得するのではないかと期待しています。

【ヒロアカ】八百万百の個性や必殺技|ヒーロー名や身長・誕生日 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミアの八百万百の個性や、彼女の誕生日や身長などの基本情報をご紹介しました。

雄英高校では唯一お嬢様属性を持つ八百万百ですが、育ちの良さ故のメンタルの弱さが判断に迷いを生じさせるのが難点でしょうか。

でも、A組B組対抗戦の時とかは的確な判断でB組を苦戦させていたので、メンタル強化も順調!?といったところでしょうかね!?

また、彼女の必殺技のお披露目がいつで、どんな必殺技なのか気になるところです。

今後の彼女の活躍の場に期待です。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です