ヒロアカのネタバレ【No.238】死柄木の中に眠る何かとは?

こんにちは、こーです!

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のNo.238の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前回のお話で死柄木の真の過去が明らかになり、死柄木自身もその記憶を取り戻しました。

今回のお話は、記憶を取り戻した死柄木が真の覚醒の片鱗を見せるお話です。

 

【No.239】はこちら<<◆>>【No.237】はこちら

 

 

 

以下、ヒロアカ【No.238】のネタバレを含む内容になっております。

ヒロアカのネタバレ【No.238】

ネタバレ【No.238-1】”手”からの解放

自分の精神安定のための”家族の手”を握りつぶす死柄木。

リ・デストロの”ストレス”100%の攻撃をいとも簡単に素手で防ぎます。

死柄木の”崩壊”が明らかに進化しております!

リ・デストロの攻撃の流れ弾が衝撃波となって泥花市の街を天災のごとく破壊します。

 

「振り切る前に壊せばそこまででもないな」

 

ボロボロでありながら不敵な笑みを浮かべながらこうつぶやく死柄木という少年を目の当たりにし、リ・デストロは心の中で”恐怖”とは違う謎の感情を抱きます。

リ・デストロは”恐怖”をも”ストレス”として力に変えます。

しかし、死柄木を見ていると不思議なことにストレスが引いてしまうのです。

”ストレス”が力の源のリ・デストロは、自社で開発した自身のストレスを増幅させる装備を切り札として出します。

その”ストレス”出力はなんと150%!

頭の血管切れて死ぬだろこれ…..。

ネタバレ【No.238-2】進〇のマキア

眠りから目覚め、遥か遠方から死柄木めがけてやってきたギガントマキアは家があろうとお構い無しに一直線に死柄木を目指します。

これはどこかで見たことあると思ったら、完全に「〇撃のマキア」でした。

しかもこの時のギガントマキアは出力100%。

これまで死柄木と戦っていた時はどうやら手を抜いていたようです。なんとも恐ろしい男です。

ギガントマキアがリ・デストロの元を目指していると見た外典は、荼毘との戦闘を一時放棄し、リ・デストロの元へ援護に向かいます。

 

一方、今の状況でギガントマキアとヴィラン連合がカチ合えば、全滅する恐れがあると恐れたMr.コンプレクスが”ドクター”に転送で全員避難させるよう要請します。

しかし、それを拒絶する”ドクター”。

確かに、ギガントマキアと死柄木がやり合えば死柄木は倒され、オール・フォー・ワンの後継を失う可能性だってあります。

しかし、”ドクター”は死柄木を見込んでいるからこそ「追い込む必要がある」と考えていました。

ギガントマキアの進撃を何とか止めようと、”氷”で足止めしようとする外典ですが、マキアが腕を振るうだけで氷は粉々に砕け、外典ごと吹っ飛ばされます。

外典に見向きもせず、

 

「主の後継!」

 

こう叫んだ瞬間、覚醒した死柄木を見たマキアは凍りついたようにその足を止めます。

この時、マキアは今の死柄木に何か特別な感情を抱いているようでした。

また、死柄木にこの感情を抱いたのはマキアだけではありません。

直接やりあっているリ・デストロもまた、戦いの中で死柄木の中の何かを感じずにはいられませんでした。

ヒロアカのネタバレ【No.238】 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のNo.238のネタバレと感想について書かせていただきました。

死柄木の過去が明らかになり、ついにそのしがらみから解放され、本来の力を発揮できるようになったようです。

その力は尋常ではありません。 本当に触れただけで消し去るがごとくです。

来週でトップ対決も終わりを迎えそうです!

 

【No.239】はこちら<<◆>>【No.237】はこちら

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です