ミチウル(MICHIURU)に副作用はある?成分から検証!

こんにちは、こーです!

今回は、「MICHIURU ドライスキンホワイトミルク」の副作用について、成分を基に検証してみたいと思います。

MICHIURU ドライスキンホワイトミルクは「化粧水」「乳液」「クリーム」「美容液」「パック」「ボディケア」の6つの機能を一つのボトルにギュッと詰め込んだオールインワン化粧品です。でも…

使って肌荒れとか起きたらどうしよう…

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

肌に付けるものですから、できる限り副作用の可能性については解決しておきたいですよね。

本記事では、

本記事の内容
  • どんな成分が含まれているのか?
  • それらの成分に副作用の危険性はあるのか?

これらについて検証していきたいと思います。

ミチウル(MICHIURU)ドライスキンホワイトミルクに副作用を含む成分は入ってる?

では、早速MICHIURU ドライスキンホワイトミルクの成分から、副作用の危険性について調査してみましょう。

MICHIURU ドライスキンホワイトミルクに含まれている成分は、以下の通りです。

含まれる成分
  • ヘパリン類似物質
  • GK2
  • プラセンタエキス
  • スクワラン
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ヒト型セラミド

これらについて、人間への毒性や副作用の可能性について検証していきたいと思います。

ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物は、「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の3つの働きがあります。乾燥肌の方には嬉しい成分ですね。

ヘパリン類似物質の人の皮膚への刺激性を調査した研究では、ヘパリン類似物質の安全性が担保されています。

また、ヘパリン類似物質は化粧品の成分として50年以上の使用実績があるため、副作用の危険性はほとんど無いと言っていいでしょう。

GK2

GK2とは、「グリチルリチン酸2k」の略称で、主に抗炎症作用を目的に化粧品に配合されます。

人の肌に対する刺激が少ないうえに、強い抗炎症作用を持った物質です。

GK2の副作用に関する報告は見られませんでした。

プラセンタエキス

プラセンタは、美容面と健康面において効果が期待されている物質で、「MICHIURU ドライスキンホワイトミルク」においては、メラニンの合成を抑制しシミやそばかすの発生を防ぐ目的で配合されています。

プラセンタエキスについては、人の皮膚への刺激性はほとんどないことが分かっています。

また、化粧品の成分として30年以上の使用実績がありますので、副作用の危険性はほとんど無いと言っていいでしょう。

スクワラン

スクワランとは、最近(ここ10年くらい)になってよく化粧品に使用されるようになった成分で、使用目的は「保湿」です。実はこのスクワランは人間の皮膚にも存在している天然の成分です。

スクワランについては、元々人間の皮膚にも存在している成分であることに加え、皮膚刺激性のテストでは問題なく使用できることが確認されています。

また、10年以上の使用実績もありますので、副作用の危険性はほとんどないと言っていいでしょう。

ヒアルロン酸

化粧品の成分でよく耳にするヒアルロン酸ですが、副作用などの危険性はあるのでしょうか?

ヒアルロン酸は元々人間の皮膚に含まれている成分で、人間の皮膚への刺激性を検証するテストでは、問題なく使用できることが分かっています。

また、10年以上の使用実績もあることから、副作用の危険性はほとんどないと言っていいでしょう。

コラーゲン

ヒアルロン酸と同じくらい良く耳にする「コラーゲン」ですが、副作用の危険性などはあるのでしょうか?

コラーゲンも元々人間の肌を構成する成分の1つで、皮膚刺激性を検査するテストでは、問題なく使用できることが分かっています。

また、こちらも10年以上の使用実績があるため、副作用の危険性はほとんど無いと言っていいでしょう。

ヒト型セラミド

「ヒト型セラミド」は、人間の皮膚や髪の毛に含まれる「セラミド」とほぼ同じ物質で、安全性データを見る限り、化粧品に使用される場合は安全に使用できる物質であることが分かっています。

「MICHIURU ドライスキンホワイトミルク」には、特に副作用を起こすような物質は含まれていないことがわかりました。

ミチウル(MICHIURU)ドライスキンホワイトミルクは副作用はほとんど無いけど…

しかし、MICHIURU ドライスキンホワイトミルクの口コミや評判では、一件だけ「使用を開始してから肌が荒れた」という声がありました。

人間の肌環境は千差万別です。

成分的に副作用の危険性が全くない化粧品でも、使用者の肌環境によっては、極まれに肌荒れを引き起こしてしまうようです。

そんな時に役立つのが、パッチテストです。

パッチテストとは?

顔などに本格的に塗る前に、身体の見えない部分に商品を試し塗りすることで、自分の肌に合っているかどうかを確認するテストのことです。

具体的には以下の手順に沿ってやっていただければいいと思います。

パッチテストの方法
手順1
パッチテスト開始!
入浴後など、肌がキレイな状態で、二の腕の内側などの柔らかいところに、試したい商品を塗ります。
手順2
様子見
30分程度様子を見て、肌に異常が出なければ、そのまま24時間放置して、「赤み」や「かゆみ」「ただれ」が出ないか確認します。(この際汗などで塗った部分が濡れないように注意)
手順3
さらに様子見
24時間経過しても問題が無かった場合は、使用したい部位に塗って、問題が無いか確認します。
手順4
本格運用
肌に異常が無ければ本格運用しても大丈夫ですね^^
注意
パッチテストの段階で「赤み」や「かゆみ」「ただれ」が発生した場合は、すぐにテストを中止し、その商品は使わないようにしましょう。

敏感肌・乾燥肌の方は必ず実践してくださいね^^
万が一副作用が出てしまった場合は、返金保証を受けることができるので、安心してくださいね。

「MICHIURU ドライスキンホワイトミルク」では、「肌に合わなかった」という方のために「購入してから180日間の返金保証制度」を設けています。

ミチウル(MICHIURU)ドライスキンホワイトミルクに副作用はある?成分から検証 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、「MICHIURU ドライスキンホワイトミルク」の副作用の危険性について、成分から検証してみました。

本記事の内容をまとめると、MICHIURU ドライスキンホワイトミルクには以下の成分が含まれていて、どれも安全に使用できる成分ばかりでした。

含まれる成分
  • ヘパリン類似物質
  • GK2
  • プラセンタエキス
  • スクワラン
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ヒト型セラミド

ただし、肌環境によっては合わない場合があり、肌荒れなどが発生してしまう可能性もゼロではないので、その際は返金保証制度を使ってあげればいいということでした。

 

MICHIURU ドライスキンホワイトミルクの口コミや評判を見る

 

▼カサカサ肌をプルプルに▼

公式サイトで詳細を見る
/180日間の返金保証あり

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

 

 

MICHIURU

MICHIURU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です