呪術廻戦のネタバレ97話。「あべこべ」攻略。

こんにちは、こーです!

今回は、呪術廻戦の97話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前回のお話は、五条の誕生をきっかけに人生を狂わされた粟坂とオガミ婆の昔話と、栗原の能力について色々わかってきた。という話でした。

今回のお話は、栗坂の能力「あべこべ」を見破り撃破した虎杖と伏黒。しかし、二人の先輩でもある猪野は降霊術により降りた伏黒の父が憑依した孫に瀕死にされてしまいます。

 

98話はこちら<<◆>>96話はこちら

 

以下、呪術廻戦97話のネタバレを含む内容になっております。

呪術廻戦のネタバレ97話

タコ殴りにされる猪野

ビルの屋上。

猪野が二人の呪詛師を相手にしています。

オガミ婆が降霊術を使って孫に憑依させたのは、禪院甚爾だった

禪院甚爾を知らないはずの猪野ですが、その立ち姿だけで只者ではないことを悟りました。

「四番、竜…」

すぐさま術を出そうとした猪野の目だし帽が外されてしまいました。

あまりの速さに驚き、振り向こうとした猪野の顔面を禪院甚爾(孫)の拳が深くえぐります。

禪院甚爾(孫)は倒れそうになる猪野の胸ぐらを掴みタコ殴りに。

死を直観させるほどに激しく殴りつけました。

圧倒的な強さです。こんなにすごい術なら、リスクも高そうですね。大丈夫なんでしょうか?

猪野先輩…。これはもう手遅れじゃないんか…。

粟坂の術式のカラクリ

ビルの下では、虎杖・伏黒と粟坂の戦いが加速しています。

伏黒は大量のウサギで栗坂を覆い視界を奪っていました。

栗坂はそこから出ようとしません。

呪式が解かれた後の一撃に備える栗坂。

フッと、呪式が解かれました。

虎杖・伏黒の姿はありません。

「いねぇ!!逃げたのか!?」

栗坂は言いますが、すぐさま頭上の大きな影に気づきます。

”満象”!!大きな象を召喚した伏黒がのしかかりました。

しかし、栗原はノーダメージ。

伏黒は象を消します。

「出したり消したり忙しない。男ならハッキリしろい!!」

栗原は挑発しますが、「そういうのは俺の役割じゃない」と伏黒は虎杖の方を指さした。

激しく乗用車を投げつけた虎杖にタフな栗坂も肝を冷やします。

さらに虎杖・伏黒は同時に必殺の一撃を繰り出しました。

出てきたときからずっと、栗原のおっさんタフすぎるやろ。

多彩な召喚で栗原を翻弄しつつ、攻撃を加速させる伏黒には策があるようですね。

「あべこべ」攻略

伏黒は作戦を立てていました。

栗坂の術式は「あべこべ」だと断定したからです。

  • 虎杖の攻撃よりタイミングを外された自分の攻撃が効いていた
  • 脱兎にぶつかって傷を負っていた
  • ビルから落ちてもピンピンしている

などの理由から、強い攻撃は弱く、弱い攻撃は強く伝わる能力だと推理しました。

「じゃあ、デコピンで倒せる?」

そういう虎杖に説明します。

規格外の五条の討伐に加わっていないことや空気抵抗で自滅していないことを理由に、「あべこべ」には上限と下限があるので”弱すぎる”のはダメだと。

「となると、同時だな」

その通りですが、栗坂には気づかれては意味がありません。

伏黒の作戦は、全力で自分たちの馬力をアピールし、栗坂の「あべこべ」が最大に高まった状態で”弱すぎない”攻撃を打ち込むというものでした。

「あべこべ」がバレていることに気づいていない栗原は二人の必殺の一撃を待っていました。

必殺の一撃を当てた後のカウンターを躱せた者は経験上、一人もいなかったからです

「ここで仕留める」

二人の必殺の一撃を「あべこべ」で受け栗原はそう決めますが、その顔は苦痛に歪み始めます。

腹に虎杖と伏黒のものではない”弱すぎない”一撃があったからです。

栗坂は血を吐き、顔からは脂汗が吹き出します。

伏黒の式神”ガマ”の一撃でした。

ここから虎杖と伏黒は一気に畳みかけます。

栗原の左右から連続で”強い攻撃”と”弱すぎない攻撃”を織り交ぜながら殴り続ける虎杖・伏黒。

二人の包囲から抜け出そうとドスを振り回し栗坂は吠えます。

この程度で調子に乗るなよガキ共ォ!!

その後ろで虎杖が殺気を出しました。

反応した栗坂は切りつけますが、虎杖は躱し右のカウンターを栗坂の左頬に打ち込みます。

「あべこべ」で受けた栗坂でしたが虎杖のカウンターは寸止めでした。

虎杖の”弱すぎない”パンチを「あべこべ」で頬に受けた栗原は吹っ飛び、気絶します。

「オマエ意外と器用だよな」

伏黒が珍しく感心しています。

最後は虎杖の”一人時間差攻撃”が炸裂しました。技ありでしたね。

呪術廻戦のネタバレ97話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の97話のネタバレと感想について書かせていただきました。

栗原の術式「あべこべ」を見事なコンビネーションで攻略した虎杖と伏黒。

成長した二人の強さはまだまだ底が見えません。

しかし、心配なのは

禅院甚爾が憑依した孫にタコ殴りにあってしまった猪野の生死は?

あまりにも強すぎる禅院甚爾を降ろすという降霊術。リスクは高いんじゃないのか?

先の展開が気になりますね。

猪野先輩の生死が本当に心配ですね。猪野先輩の現状を知った虎杖と伏黒は冷静でいられるんでしょうか。
そして、伏黒と禅院甚爾は親子です。出会う展開はあるのでしょうか。

以上、呪術廻戦のネタバレ97話についてお伝えしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

98話はこちら<<◆>>96話はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です