呪術廻戦のネタバレ91話。旧友との再会

こんにちは、こーです!

今回は、呪術廻戦の91話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前回のお話は、五条悟と夏油がついに再会し、最強の五条悟が封印されることになりました。

今回のお話は、発動条件が”五条悟の封印”だったメカ丸が復活し、冥冥班の虎杖に「与幸吉がもう死んでいること」「五条悟が封印されたこと」をつたえ、「五条悟の奪還」の作戦を提案します。

 

92話はこちら<<◆>>90話はこちら

 

以下、呪術廻戦91話のネタバレを含む内容になっております。

呪術廻戦のネタバレ91話

メカ丸復活

明治神宮前から地下を使って渋谷に向かう冥冥班・虎杖の耳に異変が起こります。

聞こえるカ?虎杖悠仁

突然、自分の耳に現れた物体に話しかけられ、驚きの虎杖はそれをはがして握りつぶそうとしました。

その物体は焦り「自分は京都高のメカ丸ダ!」と説明し、単刀直入に言います。

五条悟が封印されタ

最強の五条悟が封印されたなど到底信用できないという様子の冥冥班。

証明ができないと言いつつ、その根拠を”自分がココにいることだ”とし、その理由と合わせて、こう説明しました。

  • 自分は10月19日に特級呪霊の真人に殺されている
  • 今の自分は生前遺した”保険”に過ぎない
  • 高度な”保険”であり、発動条件を”五条悟封印後”に限定するしかなかった
  • 不発のリスクを下げるためこの傀儡を忍ばせるのも三か所までにした
  • 虎杖悠仁は高専所属で最も内通者の可能性が低い
  • 索敵に長けている冥冥が暗躍せずに明治神宮前に派遣されているから

以上のことから、五条は封印され、冥冥も虎杖も敵の内通者でないとし、虎杖の耳に出現した、としました。

意地悪な冥冥は「自分が内通者でない理由が足りない」と言います。

メカ丸は最後の理由をこうしました。

では何故、アンタを始末するための呪詛師がここに向かっていル?

その言葉に虎杖と冥冥は暗闇の奥に目をやります。

虎杖の判断では「多分さっきのバッタより強い」という呪霊と呪詛師がこっちに向かってきているよう。

冥冥はそんなレベルの連中がウヨウヨいることに疑問を持ちつつも、呪詛師を無視して五条の安否確認をしようとしますがメカ丸に止められます。

その理由は敵が渋谷に降ろした結界です。

現在渋谷には4枚の”帳”といわれる結界が降りており、結界術としては格上。

内側から

  1. 一般人を閉じ込める帳
  2. 五条悟を閉じ込める帳
  3. 術師を入れない帳
  4. 一般人を閉じ込める帳

である。

今のままでは、渋谷には入れない

「頼む。俺の指示に従ってくレ」そういうメカ丸を冥冥は信用したようです。

「分かった。言ってごらん」

冥冥の言葉を受けて、メカ丸はすぐさま指示を出します。

「虎杖は明治神宮前に戻り地上から渋谷にむかってくれ。五条封印を術死全体に伝達し”五条奪還”を共通目的に据えろ」

「冥冥は虎杖が抜ける隙を作ってくれ。呪詛師撃退後は線路を押さえておいてほしい」

五条が消えれば呪術界も人間社会もひっくり返る。済まないが命懸けで頼ム

指示が出たころ呪詛師が現れます。

両者臨戦態勢。

”メカ丸復活”の為の”縛り”が”五条封印”だったわけですね。
”縛り”のリスクが大きければ大きいほど”術式”のリターンが大きくなるというのが呪術界の原理原則です

死んでも発動するっていうあり得ないリターンには、五条が封印されるというもっとあり得ないリスクが必要だったわけね。

封印完了

渋谷駅地下構内。夏油と”獄門彊(ごくもんきょう)”にとらわれた五条

「おやすみ。五条悟。新しい世界でまた会おう」

余裕の偽夏油が五条に話しかけます。

五条は相手にせず自分の親友である夏油に話しかけます。

いつまでいい様にされてんだ。傑(すぐる)

途端、偽夏油の右手が自らの首を絞め始めました

偽夏油は嬉しそうに「こんなの初めて」と笑っています。

合流した真人にこの現象を見せました。

「君は魂は肉体の先に在ると述べたが、やはり肉体は魂であり魂は肉体なんだよ。でなければ、この現象にも入れ替え後の私の脳に肉体の記憶が流れてくるのにも説明がつかない。」

「それって一貫しないといけないこと?俺と夏油の術式では世界が違うんじゃない?」

術式が世界という真人の意見に「いいね素敵だ」と答えている夏油にほったらかしの五条が「やるならさっさと」と急かします。

閉門(へいもん)

夏油が唱えると10cm正方形くらい箱にもどり、夏油の手の平にのります。

こうして、五条封印が成りました。

この”獄門彊”は店員が一名で、中の人間が自死しない限りはもう一度使えません。

五条悟の期待

そこへ、五条の領域展開”無量空処”から覚めた漏湖と脹相が合流し、今後の流れを相談しようとした夏油の右手の獄門彊に異変が起きます。

カタカタと震えだし、急に重くなりました。

ズンッっとあり得ないほど重い感触に夏油の手を離れ、地面へめり込む獄門彊

「なんて奴!!」

予想外の出来事に余裕だった夏油の顔が一瞬曇ります。

獄門彊の中で五条が何らかの圧力をかけたようです。

「まずかったよなぁ、色々とヤバかったよなぁ」

五条は獄門彊の中で少し反省していました。

しかし、五条の気持ちはすぐさま仲間への信頼に変わります。

期待してるよ。皆。

封印されても最強五条は一筋縄ではいかん!動かせなくなったぞー

獄門彊の中では物理的な時間は流れていないようです。
封印とは別で保存にも使えそうですね。

呪術廻戦のネタバレ91話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の91話のネタバレと感想について書かせていただきました。

メカ丸が復活し、冥冥班に作戦を託しますがそこには冥冥の命を狙う呪詛師が現れます。

虎杖は無事に渋谷に行き「五条封印」を伝達することができるのでしょうか 。

一方、封印された五条は悪あがきとして獄門彊の中から圧力をかけて動かせなくしました。

夏油らは今後の作戦を変更せざるをえません。

夏油は多彩な呪霊を持っています。
もしかしたら、獄門彊を運べるような呪霊がいるかもしれません。
術師たちは、なるべく早くこの場に集まりたいですね。

以上、呪術廻戦のネタバレ91話についてお伝えしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

92話はこちら<<◆>>90話はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です