>>無料でヒロアカを全話みる

呪術廻戦のネタバレ89話。五条封印計画、最終局面

こんにちは、こーです!

今回は、呪術廻戦の89話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前回の88話では、真人もついに大量の改造人間を連れて渋谷駅に到着しました。

五条先生の活躍で収束しかけていた渋谷駅がまた混沌としてきましたね。

 

今回のお話は、加速する五条悟封印計画!

呪霊たちと五条先生の火花散る攻防に目が離せません。

 

90話はこちら<<◆>>88話はこちら

 

以下、呪術廻戦89話のネタバレを含む内容になっております。

呪術廻戦のネタバレ89話

放たれる大量の改造人間

一斉にホームへと飛び出していく改造人間。ホームにいた一般人たちが大騒ぎを始めます。

そんな様子をみて、五条は少し戸惑った様子を見せます。

 

ヤケになったのか!?人間が減って困るのはお前らの方だろ!?

そんな五条を真人が直接狙ってきます。

しかし五条の術式により、真人の攻撃は当たりません。

ハハッ マジで当たらない!!

自分の攻撃が五条に当たらないことを直接確認しに来たようです。

そういえば、この二人は今回が初対面なんですね!

五条の反撃をかわしながら、真人は「人間のキショい所はいっぱいいる所」だと言います。

その言葉と同時に、先ほどまで花御が塞いでいた吹き抜けから大量の人間が落下してきました。

呪霊たちの不可解な行動に五条は…

目的の分からない行動に少し苛立ちを見せる五条。

渋谷に閉じ込めている一般人を次々に投入するつもりか!!

次々の意味の分からない行動…怖いですね…。

大量の人間が落ちてきているタイミングで、脹相と真人が同時に技を繰り出します。

2人の大技によって、五条の周りの人たちが次々と殺され、周りは血の海に。

そのタイミングで、上から漏瑚もパンチを浴びせますが、攻撃は当たらず。

五条は漏瑚の腕をパッと掴みますが、漏瑚はすぐに腕を切断し逃走します。

五条悟は虎杖悠仁と違って冷酷さを持ち合わせている、と真人は考えます。

「ある程度」の犠牲を前提として確実に俺らを払いに来るだろう。

しかし、この混沌とした状況では「ある程度」の天秤は機能しなくなります。

五条が今すぐにしなければいけないことは、「無量空処」を展開するこして、領域内の呪霊と人間を皆殺しにして領域外の人間たちを救うこと。

しかし、濡瑚は「それは出来ないだろう」と考えます。

五条の想定している「犠牲」は呪霊に殺される人間であって、「五条悟に殺される人間」ではないからです

考えろ!!迷え!集中するのだ!!

五条先生、どうするんでしょうか…?

改めて、呪霊の怖さを再確認できますね…

現代最強術師の本気!そしてついに獄門疆が…!?

するとその時、驚いたような表情を見せる脹相と濡瑚。

真人は汗を流しながら「マジか?」と焦りの表情。

そして、五条が言い放ちます。

領域展開 無領空処

キタ――!

かっこよすぎですね!

五条は、一か八か0.2秒の領域展開を放ちました。

この0.2秒という設定は、非術師が廃人にならず後遺症も残らないであろう無量空処の滞在時間として、五条が勘で設定したもの。

これだけで約半年分の情報が流し込まれるんだから、すごいですよね!

息を切らす五条の目の前に現れた「小さな箱」。

そして、どこからか夏油が言い放ちます。

獄門疆 開門

 

呪術廻戦のネタバレ89話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の89話のネタバレと感想について書かせていただきました。

いつ見ても五条先生の無量空処はかっこいいですね!

五条先生の純粋なフィジカルの強さも圧巻でした。

そして気になるのは、ついに開門してしまった獄門疆!

はたして五条先生は封印されてしまうのか!?

次回が気になります。

 

90話はこちら<<◆>>88話はこちら

 

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です