>>無料でヒロアカを全話みる

呪術廻戦のネタバレ82話。真人vs.メカ丸 勝者は?

こんにちは、こーです!

今回は、呪術廻戦の82話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前回の81話では、メカ丸と真人の壮絶な戦いが繰り広げられました。

メカ丸の戦闘シーン、とてもかっこよかったですよね。

真人にダメージも与えていて、かなり優勢だったのですが、最終的に真人は領域展開を繰り出します。

 

今回は、そのメカ丸vs.真人の続きが描かれます。

窮地に立たされているメカ丸。この後の展開はどうなってしまうのか?

 

83話はこちら<<♦>>81話はこちら

 

以下、呪術廻戦82話のネタバレを含む内容になっております。

 

 

呪術廻戦のネタバレ82話

窮地のメカ丸…!いったいどうする?

 

はい、お終い

領域展開を発動し、自分の勝利を確信する真人。

「無為転変」を仕掛けます。

「ハロウィンまでざっと10日。俺が呪力をケチって領域まで使わないと思ったか?10日も休めば全快するよ」

作戦に夢と希望を詰め込むな、と真人は言います。

その瞬間、メカ丸が真人の後ろから攻撃。真人の腹部を指先で貫通させます

「は?」と少し驚いた様子の真人。

メカ丸は、操縦席の壁に突き刺さった筒状のものに「あの呪術」が封じ込められている、と解説します。

ストックは4本。1本目は失敗、2本目は操縦席を守るため、そして今3本目を使用…。残るは1本です

あの呪術」に関しての説明が始まります。

それは平安時代、蘆屋貞綱によって考案された

呪術全盛の時代、門弟を守りために編み出された技

一門相伝。その技術を故意に門外へ伝えることは縛りで禁じられている

それは、‘‘領域‘‘から身を守るための弱者の‘‘領域‘‘

メカ丸のアップになり、三輪を思い出しながら高らかに叫びます。

シン・陰流 「簡易領域」

熱い展開ですね!

ここで簡易領域!詳しい説明もしてくれました!

勝負は決したか!?最終局面!

相当なダメージを食らう真人。

メカ丸は、攻撃が決まったことを喜び、叫び声をあげます。

高みの見物中の夏油。「簡易領域」の使用に驚いています。

次の標的を夏油に絞るメカ丸

「嬉しい誤算だ。簡易領域1本、呪力9年分残して夏油と闘(や)れる」

勝てる!!皆に 会える!!

その瞬間、操縦席に巨大な拳が攻撃を仕掛けてきました。

驚きを隠せないメカ丸。

不気味な笑顔を見せてくる真人。

メカ丸は「仕留めそこなったか?」と瞬時に把握し、最後の1本である領域の筒を真人にぶち込もうとします。

叶う事のなかったメカ丸の夢。

視点が変わって、三輪。

動かないメカ丸の傀儡に話しかけています。

ねぇメカ丸、今度お見舞いいていい?

交流会をきっかけに、京都港の皆との距離が縮まった気がする、と三輪が言います。

今まではお互いどこか一線を引いていた、と。

仲良くなりすぎると、いなくなった時辛いもんね

泣けてきます…

三輪ちゃん…

私はメカ丸ともっと仲良くなりたい。

だから、いつか会いに行くからね。

再びメカ丸サイド。

血を流し、倒れこんでいる究極メカ丸試作0号の姿が。

「少し危なかったんじゃない?」と夏油が真人に聞きます。

「すべて計算。危ないことなんでないさ」と真人。

アレも簡易領域か。本番前に良いもん見れたんじゃない?

 

時は進んで、2018年10月30日。

渋谷のスクランブル交差点には人が1人もいません

 

呪術廻戦のネタバレ82話 まとめ

いかがだったでしょうか。

メカ丸の想い、そして三輪ちゃんの想い…。泣けてきます。

真人のあの笑顔は、本当に気持ちが悪くなりますよね…。

どこまでも呪いなんだ、と思い知らされます。

メカ丸は死んでしまったのでしょうか?

呪術廻戦は、「なめらかに人が死ぬ」漫画です。

期待は薄そうですが、実は生きていての再登場を楽しみにしています。

次週からはハロウィン編です。今後の展開にも目が離せません。

 

83話はこちら<<♦>>81話はこちら

 

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です