呪術廻戦のネタバレ78話 元親友たちの邂逅

こんにちは、こーです!

今回は、呪術廻戦の78話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前回は夏油の心の変化と闇落ちでした。

今回のお話は事件の発覚と五条と夏油の邂逅です。

 

79話はこちら<<◆>>77話はこちら

 

以下、呪術廻戦78話のネタバレを含む内容になっております。

呪術廻戦のネタバレ78話

五条に事件が知らされる

五条に夏油が起こした事件が知らされる。

夜蛾から親友の夏油が事件を起こしたことを知らされる五条。

五条「…は?」

夜蛾「傑の実家はすでにもぬけの殻だった ただ血痕と残エからおそらく両親も手にかけている」

五条「んなわけねぇだろ!」

五条は事実を飲み込めず熱くなるが、夜蛾先生もパニックの様子で頭を抱えている。

この日まで一緒に活動してきた親友が起こした事件に戸惑いますよね。。クールな先生も信じられない様子です。

場面変わって街中で煙草をすう家入

家入のもとに逃亡中夏油が現れる。

夏油「や」

家入「犯罪者じゃん 何か用?」

「運試しってとこかな」と夏油。そして夏油に火を貸す家入。家入は五条ほどは取り乱してはいない様子。

家入はかつての仲間夏油本人を目の前にして、事件は冤罪でないのか、どうしてそんなことをしたのか家入らしく尋ねる。

家入「一応聞くけど冤罪だったりする?」

夏油「ないね 残念ながら」

家入「重ねて一応 何で?」

夏油「術師だけの世界を作るんだ」

家入「ははっ 意味わかんねー」

夏油「誰でも理解してほしいとは思わないさ」

そして夏油が罪を認めたため、話をしながら携帯を取出しすぐに五条に連絡する。

家入「夏油いたよ そ 新宿 ヤダよ殺されたくないもん」

家入たばこ吸うんですねw
興味なさそうにふるまっているけど、一応と言いながら冤罪の可能性や理由を聞いているところに優しさを感じました。

五条と夏油の邂逅

目を出した状態で怒りを露にする五条

「説明しろ 傑」

事の顛末と自分の考えを説明する夏油

五条「夏油の考える非術師を殺して術師だけの世界を作る!?無理に決まってんだろ」

「できもしねぇことをセコセコやんのを意味ねぇっつーんだよ」

夏油の理想に対し真っ向から批判し、できない意味がないをいう五条。

その五条の言葉に対し、

夏油「君にならできるだろ 悟」

「自分にできることを 他人にはできやしないと 言い聞かせるのか?」

「君は五条悟だから最強なのか 最強だから五条悟なのか」

夏油がなにを言いたいのかわからない五条

夏油「生き方は決めた あとは自分にできることを精一杯やるさ」

背中を向けて去る夏油にアカの放出体制をとるが、かつての親友を五条は殺すことができなかった。

夏油は五条の強さが羨ましかったのではないでしょうか。
五条ならできることを自分ができるかやってみたいという感情の側面もあるのかもしれません。
夏油を撃てない五条の背中に悲しさを感じます。

五条、夏油のその後。そして現在へ

場面が代わり夜蛾先生と五条

夜蛾先生は五条になぜ夏油を追わなかったのか問うが、野暮な質問だったと反省する。

五条「俺だけ強くても駄目らしいよ」

「俺が救えるのは 他人に救われる準備がある奴だけだ」

夏油の最後の言葉を五条なりに解釈した様子。

一方、夏油側

夏油は盤星教を乗っ取ろうとしている場面

現在の夏油が纏っている和装に袖を通した姿で現れる。

そして大勢の会員信者の前で演説を始めた様子。

しかし反対が多数となる、そこで一人壇上に呼び出し、全員の目の前で殺して見せる。

このとき殺害された園田は、天内に懸賞金をかけた本人だと思われる。

そして

夏油「私に従え 猿ども」

―猿は嫌い それが私の選んだ本音―

ある日ー

五条「伏黒恵くんだよね」

父によくにた恵をみた五条は父にそっくりだと嫌悪感を抱きます。

この出来事で夏油と五条が現在につながるんですね。
最後にでてきたのは幼少期の伏黒です!五条との出会いはどのようなものになるのでしょうか!

呪術廻戦のネタバレ78話まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の78話のネタバレと感想について書かせていただきました。

罪を犯した夏油と対峙する五条。かつての親友へのとまどいを隠せない五条が人間らしく切なくなりましたね。

また最後には幼少期の伏黒が登場しました!伏黒と五条の出会いが始まるのでしょうか。楽しみですね。

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

79話はこちら<<◆>>77話はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です