呪術廻戦のネタバレ76話 変わっていく日常

こんにちは、こーです!

今回は、呪術廻戦の76話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前回は禅院甚爾を倒した五条。しかし天内は殺害されてしまいました。

今回のお話は天内護衛任務とその一年後の話になります。

 

77話はこちら<<◆>>75話はこちら

 

以下、呪術廻戦76話のネタバレを含む内容になっております。

呪術廻戦のネタバレ76話

任務失敗

禅院甚爾の呪霊とであう夏油。

おそらくここで呪霊を取り込んだため、0巻にてものを格納する呪霊が登場する。

夏油は盤星教の本部へ向かい、天内の遺体を抱える五条にであう。周りには天内の遺体をみて拍手する盤星教信者。

五条「遅かったな 傑 いや早いほうか」

そう発する五条をみて夏油はただならぬ雰囲気を感じる。そう感じてしまうほど五条は呪力について覚醒していた。

天内の遺体を見て落ち込み帰ろうとする夏油。

五条「こいつら(信者) 殺すか?」

夏油「いい 意味がない」

自分たちの宗教のために天内を殺し、喜んでいる盤星教信者に二人とも怒りを露にするが、夏油は冷静に意味のない人殺しはしないと五条諭します。

過去編冒頭にもありますが、夏油は弱きものを助ける意義や、意味をきちんともとめるところがあります。

短い間でも同じ世代として一緒に過ごした天内の亡骸に対し拍手を投げかける信者に二人の怒りやあきらめの様子がうかがえます。

最強となった五条と夏油

一年後

五条に向かって消しゴムとペンを投げる夏油と家入。

すると五条の目の前でペンは止まったが、消しゴムはそのまま当たった。

無下限呪術のオートマ対象選択ができるようになったようです。

呪力の強弱だけでなく、質量形状から物体の危険度を判別する。

家入が無下限呪術を出しっぱなしにすることは疲労がかかると心配する。

しかし五条は同時に反転術式も回し続けることで無下限術式の疲労を常に回復し続けることで、常時無下限呪術が発動できるようになったと五条が言います。

アカと蒼の同時操作や瞬間移動の強化と名実ともに最強となっていく五条。それに対して暗い様子の夏油。

五条は元々自分のことを最強と名乗っていたのに一年間で呪術にさらに磨きをかけたようです。固い自信があった五条も天内の任務失敗を経てさらなる絶対的な強さを手に入れようと努力したのかもしれません。

夏油の心の声

―悟は最強になったー

悟は一人で任務をこなすようになった。硝子はもともと危険な任務で外には出ず 必然に私は一人でいることが多くなった。

今までは一緒に任務にあたっていたのに五条が最強となったことにより一人で任務を行うことができ、一人になる機会が増えた夏油。五条に置いて行かれているようなほの暗さを醸し出しています。

その夏は忙しかった 蛆のように呪霊が沸いた

祓う 取り込む その繰り返し

みんなは知らない 呪霊の味

吐しゃ物を処理した 雑巾を丸呑みしているような

誰のために?

術師として人々を救う選択をしてきたはずだ ブレるな 強者としての責任を果たせ

夏油「猿め…」

非術師のため、強者が弱者を救うといいう夏油の中の大義に従って行ってきたが、それ以上に自分の感情が露になり、非術師を見下す猿という言葉となって表れています。

ここでは夏油の心の葛藤が書かれています。五条に劣等感を感じながらも、任務に取り掛かるが呪霊を取り込むことは人知れずかなりきつそうです。

灰原と夏油

場面が代わり

休憩室のようなところでうなだれる夏油に話しかける高専新入生灰原

灰原「あ 夏油さん! お疲れ様です」

夏油「何か飲むか」

灰原「え 悪いですよ コーラで!」

断りながらも元気よくコーラを頼む灰原に微笑む夏油

近いうちに遠出の任務をすると話す灰原

夏油「そうか お土産頼むよ」

灰原「甘いのとしょっぱいのどっちがいいですか?」

夏油「悟もたべるかもしれないからあまいのかな」

五条はしょっぱいものが嫌いなのか甘いものが好きなようです。その場にいない五条の気もつかって頼む夏油。

神妙な面持ちで夏油が話します

夏油「灰原 呪術師やっていけそうか? 辛くないか?」

灰原「そー ですね 自分はあまり物事を深く考えないほうなので」

「自分にできることを精一杯頑張るのは 気持ちがいいです」

少し納得したような夏油

そこに謎の人物が現れる。

??「君が夏油君? どんな女が好みかな?」

新しいキャラ灰原君の登場ですね!灰原の人懐っこさや今できることを精一杯やるという言葉に少し夏油も心が軽くなった様子です!さらに最終コマには謎の人物の姿が映っています。どんな人物なのでしょうか。

呪術廻戦のネタバレ76話まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の76話のネタバレと感想について書かせていただきました。

任務失敗から一年。無下限術式を使いこなし最強となった五条。

そして五条への劣等感や何のために術師をやっているのか、大義と自分の感情がぶつかり合い思い悩む夏油。

そこに現れる新たな人物とどのような絡みが見れるのか楽しみです!

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

77話はこちら<<◆>>75話はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です