呪術廻戦のネタバレ75話 五条VS禅院甚爾 

こんにちは、こーです!

今回は、呪術廻戦の75話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前回は禅院甚爾が盤星教に天内の死体を届けたが、帰り道に反転術式で治療した五条と再度戦います。

今回のお話は五条と禅院甚爾の戦闘とその決着です。

 

76話はこちら<<◆>>74話はこちら

 

以下、呪術廻戦75話のネタバレを含む内容になっております。

呪術廻戦のネタバレ75話

五条VS禅院甚爾

五条の術式反転アカで吹き飛ばされた禅院甚爾

身体を動かして骨に異常がないか確認しています。

五条と戦うにあたって状況を整理する禅院甚爾

五条の技は

止める力 ニュートラルな無下限呪術(体の周りでモノが止まるやつ)

引き寄せる力 強化した無下限呪術 蒼(空間を飲み込む負の術式)

はじく力 術式反転 アカ(反転術式を流し込んだ正の術式)

それに対し禅院甚爾は対策を講じます。

禅院甚爾「すべて問題なし」

逆鉾をもちいることですべて解決できると考え戦闘態勢に入ります。

目の前にあらわれる五条

禅院甚爾は何か違和感を感じます。しかしこれでいいと飲み込んだ様子。

ハイになっている五条は天内のことを思い出すが、今の気持ちは怒りや憎しみではないといいます。

五条「天上天下 唯我独尊」

五条は反転術式を手に入れたことや、傷からか全能感によるハイになっている様子。

天上天下唯我独尊五条かっこいい。。どちらが敵かわからないほどハイになっている五条の姿は現在の姿からは想像できません。一度負けた禅院甚爾とどう戦うのでしょうか。

虚式 ムラサキ

現れた五条に対し、禅院甚爾は逆鉾を投げ攻撃します。近づかないことでアカや蒼の攻撃を警戒しているようです。

それに対し構えをとる五条。五条の術式は五条家

代々伝わる相伝の術式であるため術式の取説がある点がメリットだが、先ほどのように術式の情報が外部に漏れやすいことがデメリットです。

そのため禅院甚爾も五条の術式について対策できました。

しかし、五条は五条家のの中でもごく一部の人間しか知らない

順転と反転 それぞれの無下限術式を衝突させることで生成される仮想の質量を押し出す術式

「虚式 ムラサキ」

を打ち出します。

ムラサキは禅院甚爾を命中し、半身を消し飛ばしました。

ムラサキすごい。。負の術式正の術式の次は虚式がでてきました。一度は負けた禅院甚爾を一撃で倒してしまいました。

違和感

「違和感」

ただ働きなんて御免だね

いつもの俺ならそう言ってトンズラこいた

だが目の前には 覚醒した無下限呪術の使い手 おそらく現代最強の術師

否定したくなった ねじ伏せてみたかった 俺を否定した術師の頂点を

自分を肯定するために 自分を曲げてしまった その時点で負けていた

禅院甚爾は五条と会ってから感じていた違和感の正体がわかったようです。違和感は五条に対してではなく禅院甚爾の自分らしさが失っていることに対してでした。

半身を失った禅院甚爾

「自尊心は捨てたろ」

とつぶやきます。

五条「最後に言い残すことはあるか」

禅院甚爾「ねえよ」

少し考えて、息子恵の顔がよぎる

嫌っていた様子だったのに最後には恵のことを思い出した甚爾。

禅院甚爾「2,3年もしたら俺のガキが禅院家に売られる すきにしろ」

初めから禅院甚爾が感じていた違和感は自分のなかにある自尊心からきた行動そのものでした。
最初は狡猾に準備していたのに覚醒した五条と突発的に戦っていることからも違いが感じられますね。
最後には五条に恵を託した?形になりました。これが五条と恵が今の関係になるきっかけになりそうです。

呪術廻戦のネタバレ75話まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の75話のネタバレと感想について書かせていただきました。

呪術の核心を掴み最強となった五条。虚式 ムラサキにて禅院甚爾を倒しました。

そして禅院甚爾は最後に息子伏黒恵を五条に託すような言葉を残します。

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

76話はこちら<<◆>>74話はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です