呪術廻戦 ネタバレ最新話確定速報 114話 遺志を継ぐもの

こんにちは、こーです!

2020年7月13日(月)発売予定の週刊少年ジャンプ32号で、呪術廻戦の最新話114話が掲載されました。

113話では、恵と甚爾の親子対決の様子が描かれていました。

甚爾の過去にも少し触れられ、最期は息子を想い自死…。

なんだか少し哀しくなるエピソードでしたね。

112話で描かれた、宿儺と漏瑚の対決は今回はお預けとなっていましたが、そちらも気になりますね!

 

今回は、呪術廻戦114話のネタバレ最新話確定速報をしていきたいと思います。

 

115話はこちら<<♦>>113話はこちら

 

以下、呪術廻戦の114話のネタバレを含む内容になっております。

 

呪術廻戦 ネタバレ最新話114話

恵の行動は

恵が甚爾の亡き骸を確認すると、甚爾の面影はなくなっておりオガミ婆の孫に戻っていました。

顔が変わっていることに驚く恵。

「自害したことといい、なんだったんだコイツは」

恵は、甚爾からやられた傷口を押さえながら家入のもとへ向かおうか、真希たちの無事を確認しようか考えていました。

その瞬間、何者かが恵の背後を斬りかかります。

 

これこれ、こーいうのよ!

こーいうのが向いてんのよ!

恵に攻撃を仕掛けたのは、伊地知を刺し、七海から戦闘不能にさせられた呪詛師でした。

まだ動けたんですね…!

恵、大丈夫でしょうか…?

パンダと日下部は

場面は変わって、23:01 渋谷ストリーム前。

パンダ・日下部サイドです。

日下部とパンダは、周辺の建物の中にまだ一般人が残っていないか調べていました。

パンダは、狗巻のおかげで一般人の非難は粗方済んだから五条のもとへ向かおう、と日下部に提案します。

しかし日下部は「世の中の人間は五条だけじゃないでしょう―が!」とパンダに叫びます。

「今まさにこの瞬間渋谷の片隅で震えてる命があるかもわからん」とパンダを説得。

納得するパンダに「各建物各階便座の裏まで調べろバカヤロー」とパンダに伝えます。

しかし日下部は、単純に五条のいる地下5Fに行きたくないと考えていました。

このままダラダラと時間を潰していたい

何故なら死にたくないから!!

あれ、日下部ってこんな感じのキャラなんですね(笑)

そういえば、登場時も「行きたくない」とは言ってましたね(笑)

以下、日下部の考えを。

「人がはけてパンダの鼻が利き始めたらコイツ一人で地下5Fに向かっちまう。

それも避けたい!今の渋谷で一人になりたくないから!

適当なタイミングで新南口から駅に入って、迷ったフリしてまた時間を潰そう」

潔いほどやる気ないですね。

「やってられるかアホらしい」

そう言い捨てる日下部の前に、

「高専の術師だな」と二人の呪詛師と思われる左目を隠した男と女が姿を現します。

二人共0巻に出てきた夏油の仲間たちですね。

日下部はパンダに「後ろに3人、たぶんもっと隠れてる」と伝えます。

「俺も殺されたくはないが、はいそーですかってわけにもいかんのよ。話を聞かせてくれ、長~いやつを」と日下部。

呪詛師は言います。

「私達は夏油様の遺志を継ぐもの。高専関係者ならそれ以上語る必要はないでしょう」

場面は、夏油の仲間たちの回想に移ります。

アイツに協力する?

菜々子が左目を隠した男に聞きます。

男は「あの偽物の目的も正体も定かではないが、五条悟が行動不能になり世が混乱に堕ちれば割を喰うのは非術師共だ」と伝えます。

それは夏油が望んだ世界なので協力する、ということです。

それが、遺志を継ぐということだ

菜々子は夏油の物語は終わったから、もう誰にも汚させないと反発します。

抗争になろうとするのを、マッチョな男が止めます。

夏油が一番望んでいないのは自分たちが傷つけあうことだと伝える男。

その男はラルゥという名前のようです。

ここでお別れしましょ。各々やりたいようにやりなさい」と伝えるラルゥ。

ラルゥはどっちにもつかないといいます。

ミゲルちゃんと同じ。

私はただ傑ちゃんを王にしたかっただけだもの。

でもみんな忘れないでね。

私達は家族。いつかまたどこかで一緒にご飯を食べるのよ。

宿儺vs.漏瑚?

回想は終わって再びパンダサイド。

「投稿するの?しないの?」と呪詛師が訪ねます。

「話がみじけーんだよクソっ」と文句を言う日下部。

しかし日下部は、「このレベルが仕切ってる集団だろ?」と考えています。

「旨すぎる。時間いっぱい適当にいなして、特級呪霊のあいてはせずにのらりくらりといこう。」

日下部は刀を構えます。

シン・陰流 居合「夕月」

眼帯男も「それが答えか」と構えます。

その瞬間、駅近くの建物かが爆発します。

ゲラゲラと聞き覚えのある笑い声が。

爆発から飛び出してきたのは、白目をむいて口から血を出している漏瑚とそれを追撃している宿儺の姿が。

そんなものか!?呪霊!!

ここまでが114話のネタバレになります!
ここからは最新話公開前に書いた114話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます!

呪術廻戦 ネタバレ最新話114話確定予想

恵が次に向かうのは?

甚爾との対峙は、甚爾の自死によって幕を閉じました。

この戦いの最中、甚爾の過去にも少し触れられましたが、妻からの「恵をお願いね」という言葉を思い出しながらも、恵を禪院家に渡そうとしている甚爾。

「もうどうでもいい」と全てに関心をなくしている様子でした。

しかし、己を取り戻し、恵に名前を尋ね、「伏黒」であることを確認できると、自ら命を絶つ――。

最後に息子自身も取り戻すことができたと感じたのでしょうか。

「自分の役割は終わった」という風に考えたのか、最期の甚爾は少し楽な表情にも見えましたね。

目の前の強敵を、自分の父親だとわかる事もなく、戦闘を終えた恵。

彼は、次はどこへ向かうのでしょうか?

まず初めに向かいたいのは、恵が「自分のアドバンテージ」だと考えていた家入のもとですよね。

ある程度のダメージは家入が回復できるため、自分の身体を犠牲にして甚爾を倒そうとしていました。

脇腹付近に「游雲」を喰らってしまったため、今後の渋谷での戦闘を考え、まずは回復に向かうと考えられますね。

その後向かうとすると、甚爾との戦闘中に感じた『宿儺の指』の気配

あれほど大きな気配を感じ、「どうなってるんだ渋谷は!」とも言っていましたし、次の目的地にそちらを選択する可能性は高いと思います。

 

家入硝子と夜蛾学長

今回の113話で、家入硝子が渋谷に来ていることが判明しました。

負傷した伊地知さんを連れていったはずの七海が素早く前線に復活できたのも、家入が渋谷まで出て来ていたからだということです。

ここで、家入硝子の能力ですが、自分の傷を治すことの出来る反転術式を他人にも使用できるというものです。

この能力は呪術廻戦の前日譚である0巻で、乙骨優太が使っていた能力でもあります。

今回判明した内容で、この反転術式を使って他人を治すという行為は、「五条悟にさえできないこと」ということです。

家入と乙骨の凄さが改めてわかるシーンとなりましたね!

ここで気になる事は、家入が七海から連絡をもらう前にもう渋谷来来ていたということです。

家入の能力はかなり貴重なもので、この能力の存在が敵側に判明すれば、まずは奪っておきたいと殺しにくるでしょう。

そんな家入を学長である夜蛾は、五条が封印され渋谷が混沌として来る前に現地に向かわせた、という点。

京都姉妹校交流会から、その行動に少し疑問点が挙げられており、もしかすると呪詛師側のスパイなのではないかとウワサされている存在の夜蛾。

今回の家入をいち早く渋谷に派遣した行動も、「五条が封印されることを分かっていた」からという考え方もできますね。

親友の夏油だけでなく、担任であった夜蛾も呪詛師サイドの人間だったとすると、同期である五条と家入の心情にも辛いものがありますね…。

気になる他の場面

現在物語が進行しているのは、宿儺(虎杖)サイド恵サイドの2つ。

パンダや冥冥、色々な場面が今どうなっているのか、かなり気になりますよね。

冥冥は偽夏油と戦闘中です。

前回も書かせていただきましたが、この渋谷で偽夏油が倒されるということはないと思いますので、冥冥も生死が心配なところ…。

パンダは現在どこで何をしているのかも、正直判明していません。

パンダと行動を共にしているのは、1級術師の日下部篤也

日下部の強さはまだ判明していませんが、冥冥が以前虎杖に対して「術式なしでこんなに強いのは日下部以来だ」という風なことを話していましたので、その強さは冥冥のお墨付きということですね。

かなりの強さの予感もします。

そしてその2人の消息がわからない状態なので、この混沌とした渋谷を救うかなり重要な存在になるのではないでしょうか?

その活躍に期待大ですね!

 

七海たちは…?

陀艮との戦闘を終えた後、漏瑚によって焼かれてしまった七海・真希・直毘人の3名。

あれだけの怪我を負ってしまったため、もしかすると死んでしまったのではないかと考えていましたが、家入が渋谷に来ていることが分かった今、すぐに家入のもとへ連れていけば復活できるかもしれません!

近くにいるのは恵。

漏瑚の気配にも気付いて、甚爾との戦闘を終え、まず彼らの様子を見に行けば早期の発見で、助かる見込みはあるかも知れません。

ただ、そんな都合のいい様に進んでくれないのが呪術廻戦の面白いポイントでもあります。

戦闘を終えたばかりの恵ですが、突如彼の前に現れたのは虎杖の身体を乗っ取った宿儺――。

何ていう展開も待っているかも知れませんね。

 

呪術廻戦 ネタバレ最新話114話のTwitterでの予想

113話を読んでの感想と今後の展開予想をしていたツイートの一部をご紹介します。

 

来週の展開は、宿儺サイドか冥冥サイドか…。

皆さんの予想も割れていますね!

呪術廻戦 ネタバレ最新話114話確定速報 まとめ

依然として、混沌とした状態の渋谷。

視点も多いので、物語の歩みも遅くはなってしまいますが、毎回見逃せないハラハラとした展開が続いています。

宿儺と漏瑚の戦いにも進展がありましたね。

今のところ漏瑚が圧倒されているようですが…(笑)

来週は誰が犠牲になってしまうのでしょうか?

気になりますね。

 

115話はこちら<<♦>>113話はこちら

 

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です