>>無料でヒロアカを全話みる

呪術廻戦 ネタバレ最新話確定速報 110話 殺戮人形、禪院甚爾

こんにちは、こーです!

2020年6月15日(月)発売予定の週刊少年ジャンプ28号で、呪術廻戦の最新話110話が掲載されました

109話では、陀艮の領域から脱出を図る伏黒たちが描かれていました。

七海は左目が潰れて、直毘人は右腕を損傷。

呪術師サイドにダメージはかなりありますが、領域外に出られれば勝機はあります。

一瞬のスキを突き、恵が陀艮の領域に小さな穴を空けて、皆で脱出しようとしたその時…!

その穴を通って領域内に侵入してきた伏黒甚爾の姿が…!

今回は、呪術廻戦110話のネタバレ最新話確定速報をしていきたいと思います。

 

111話はこちら<<♦>>109話はこちら

 

以下、呪術廻戦110話のネタバレを含む内容になっております。

 

呪術廻戦 ネタバレ最新話110話

突如領域内に現れた甚爾。救世主へとなるのか…?

 

誰だ…?人間…術師か…?

 

領域内に侵入してきた甚爾の姿を見て、恵・真希・七海は戸惑っていました。

陀艮もまたその一人で、恵たちの作戦は領域から脱出することではなく、新たに術師を招き入れる事だったのか、と考えています

空中にいた甚爾は、一瞬にして真希の持っている特級呪具「游雲」を掴みます。

その速さと「游雲」を掴む握力に驚いている真希。

甚爾は「游雲」を振り上げて真希を吹き飛ばし、自分のものとします。

 

呪力をまるで感じなかった!ただの力比べで負けたのか!?この私が!?

恵の心配をする七海。

恵は、穴が完全に塞がれたと伝え、もう簡単に空けさせてもらえないと考えています。

直毘人は、甚爾の姿を確認。

眼全体が黒くなっており、異様な空気を醸している甚爾にゾクッとします。

ここで、オガミ婆の降霊術についての説明。

彼女の降霊術は死後も継続していました。

しかし、それは永遠ではありません。

器である孫の呪力が尽きた時点で降霊も終わるハズでした。

しかし、初めから甚爾の肉体に上書きされた孫の魂に呪力はなく、その肉体はさらに呪力を消費しないものです。

術式は終了する契機を失いました

重なったイレギュラーによる術式の暴走

今、禪院甚爾は器が壊れるまで本能のまま戦い続ける

殺戮人形と化した!!

その牙は常に

強者へと向かう

自分でも制御出来ていない感じですかね…?

ただただ強者を求めての行動だったんですね!

始まる、甚爾vs.陀艮

何だこの男…呪力がない?

甚爾の存在を不思議がっている陀艮。

「言うには及ばんな」と式神で甚爾を攻撃します。

その式神を破壊するや否や、甚爾は「游雲」で陀艮をボコボコにしていきます。

「何だ!?今の力は!!」

困惑しながらも、反撃を何とか繰り出そうとする陀艮。

しかしそんな陀艮の術式も、甚爾はどんどんと破壊していきます。

「当然の様に水面を駆ける!以前呪力は感じられない!だがしかし!」

上がり続ける速度!!

さすが甚爾、強いですね…!

五条先生を追いつめた男ですからね!

今までにない大きさの式神を繰り出す陀艮。

「硬度も攻撃力も今までの式神とは違うぞ!」

しかし、そんな陀艮のとっておきの式神も、甚爾はあっという間に真っ二つにしてしまいます。

ここで、「游雲」の説明が。

「游雲」は特級呪具の中で唯一術式効果が付与されていない

純粋な力の塊

それ故にその威力は

持つ者の膂力(りょりょく)に大きく左右される

そんな甚爾の戦いを見て、真希は衝撃を受けていました。

同じ呪力がない存在。今まで自分が使っていた武器。
参考になる動きの連続って感じですかね?

もしやこれキッカケで真希さん覚醒か…!?

研ぎ澄まされた特級呪具、陀艮の頭部を撃つ。

https://twitter.com/RoughShip_AP/status/1272325056115339264

「ジジイ、誰だアレは」真希は直毘人に問い、直毘人は鼻で笑い「亡霊だ」と答えます。

七海は恵に領域展開がもう少し持つかを確認します。

「はい」と答える恵。

そして七海は「彼に賭けます」と甚爾の陀艮討伐に託すことを決めます。

甚爾は「游雲」同士をぶつけあって、「游雲」の先を鋭利な形に変形させました。

負けるのか?私が…?呪力のない人間に!?

相当なダメージを負った陀艮が敗北を想像してしまいます。

しかし陀艮は、恵の領域が薄まっているのを感じ、必中効果を取り戻せば全員殺せると考え直します。

時間を稼ごうと上空に逃げたその時。

滞空できるんだもんなぁ

もう一度言おうか?

陀艮の上には直毘人の姿が。

直毘人が陀艮を抑え、地上から甚爾が攻撃を仕掛けます。

鋭利に研がれた「游雲」の先端が陀艮の頭部を突き刺す——

ここまでが110話のネタバレになります!

ここからは最新話公開前に書いた110話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます。

呪術廻戦 ネタバレ最新話110話確定予想

再会する親子

領域内に侵入していたのは伏黒甚爾。

恵の父親です。

それだけではなく、甚爾の旧姓は「禪院」

直毘人は甚爾の存在を知っているでしょう。

天与呪縛によって、全く呪力を持たずして生まれ驚異的な身体能力を授かった、禪院家からするとかなり特殊な人間である甚爾

再び相対する直毘人と甚爾は、どのような反応を見せるのでしょうか…?

甚爾の行動は?

領域内にいるのは、特級呪霊の陀艮、七海、直毘人、真希、恵、甚爾の6名。

そして、真希は特級呪具の「游雲」を所持している状況です。

身体能力だけで考えると、学生時代の五条に一度勝利を収めている甚爾が、頭一つ抜きん出ていると思います。

もし甚爾が真希の持っている「游雲」を奪い取った場合、その場にいる誰よりも強い存在になると思います。

呪霊である陀艮はもちろんのことですが、甚爾の行動は読めないところがあるので、もしかすると直毘人始め、七海などにも危険が及ぶ可能性は十分にあります。

このまま上手くいっていれば、全員で領域を抜け出せて勝機が見いだせていたのですが、状況は一変しそうですね。

せっかくナナミンの生存が確認できたと思ったら、またピンチですかね…?

そして気になるのは、恵と甚爾の親子の再会ですね。

再会と言っても、恵に甚爾の記憶はないでしょうし、甚爾も過去編では「恵って誰だっけ?」と言っていたくらいなので、すぐに自分の息子だとは気づかないのではないでしょうか?

一つ考えられるとすると、七海が恵を「伏黒君」と呼んでいることから、何かの拍子に七海が恵に話しかけた時、「名字が伏黒という人間」という点で気付く可能性はありますね。

その頃、冥冥は…?

場面は一転して、冥冥サイド。

現在彼女は夏油と対峙しています。

構図的には冥冥&憂憂vs.夏油の2対1というものなのですが、憂憂の戦闘能力血もまだまだ未知数で、冥冥的には憂憂は対領域展開用だという事なので、実質的には冥冥と夏油のタイマンのような形になるかと思われます。

ここで夏油がやられてしまうという事はまずないので、冥冥が無事でいるのかが気になる所です。

冥冥もそう簡単にやられるキャラクターではないと思いますが、夏油相手では、直毘人同様、五体満足では終われない気もします。

日下部班、真人・濡瑚サイドは…?

高専2年生のパンダと日下部の動向も気になる所です。

また、虎杖を殺そうと動いている真人、逆に殺さず宿儺の指を食べさせようとしている濡瑚。

この2体の特級呪霊たちも動機は違いますが、虎杖を捜索中です。

脹相との戦いに敗れ、戦闘不能になってしまった当の虎杖も、今どうなっているか分かりません。

重症の虎杖の前に夏油の仲間である菜々子と美々子が現れたところが虎杖サイドの最後のシーンとなっています。

その菜々子の手には何やら宿儺の指とも思えるものが握りしめられていました。

その宿儺の指を虎杖に食べさせて宿儺の力が上昇することで、虎杖復活の流れなのか、弱った虎杖の身体を宿儺が乗っ取って一暴れするのか…。

後者の方が可能性が高いかもしれませんね。

そして、存在しない記憶が溢れ出している脹相は、虎杖と親密な関係だったと思い込んでいるハズです。

脹相の思考としては「そんな虎杖が我が家族を殺すわけがない。夏油が虚偽の情報を渡して、こちらを錯乱させたのではないか?」という考えに至ってもおかしくありません。

そうなると、脹相の敵は夏油になるのかな?

 

夏油としても、呪霊たちと組んでいるのは「五条悟の封印」と言う目的のためなので、その目的が達成された今、呪霊は祓っても問題ないとも思っているハズ。

夏油のいる場所に脹相が到着して、目的の一致による一時的な冥冥との共闘なんて事もあるかも知れません。

 

呪術廻戦 ネタバレ最新話110話のTwitterでの予想

109話を読んでの感想と今後の展開予想をしていたツイートの一部をご紹介します。

 

https://twitter.com/everydaykafun/status/1269879442337230849

呪術廻戦 ネタバレ最新話確定速報110話 まとめ

甚爾の強さは健在でしたね。

真希が少しショックを受けているような印象ですが、この出会いがまた真希を強くさせるのではないでしょうか?

この陀艮戦ではあまり見せ場のなかった真希の今後のパワーアップにも期待大です。

そして陀艮はこのまま祓われてしまうのでしょう?

陀艮撃破後の甚爾の行動はどうなるのでしょうか?

単純に強者を求めているのであれば、その場にいる直毘人・七海あたりが次のターゲットになってもおかしくありませんが…

次回も目が離せません!

 

111話はこちら<<♦>>109話はこちら

 

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です