呪術廻戦のネタバレ106話。 存在しないはずの記憶

こんにちは、こーです!

今回は、呪術廻戦の106話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前回の105話では、虎杖vs.脹相の火花散る激闘が描かれました。

深手を負いながらも、自分の使命を全うしようとする虎杖。

弟たちの復讐に燃える脹相。

真っ向勝負の殴り合いならば、虎杖有利な展開が続くかと思っていましたが、さすが特級呪霊ですね。

一瞬の隙を見て、脹相に軍配が上がったようです。

しかし、そんな折に脹相の脳内に突然溢れ出してきた「存在しない記憶」。

これはいつかのあのシーンで登場したワードですが、どういうことなのでしょうか?

 

今回は、真希サイドのお話も進んでいきます。

五条を助け出すために動いている呪術師の面々。

物語はどのように進んでいくのか?

気になりますね。

 

107話はこちら<<♦>>105話はこちら

 

以下、呪術廻戦106話のネタバレを含む内容になっております。

 

呪術廻戦のネタバレ106話

突如流れ出す「存在しない記憶」

あの世で弟達に詫びろ

脹相が虎杖を見下ろしながら言います。

虎杖の中の宿儺も「下らん。この程度の下奴に負けるとは」とバカにします。

すると、宿儺が急に不思議そうな表情に。

その時、脹相は汗を流して頭を抱えて、何やら苦しそうにしています。

ふらふらとその場を離れる脹相。

脹相の脳内に「存在しない記憶」が溢れ出しています

九相図3兄弟と虎杖が、楽しそうに食卓を囲んでいます。

テーブルの上にはおいしそうな料理と、6つの試験管のようなものが。

試験管は、九相図の残りの兄弟たちですかね?

これって、虎杖の能力なんですかね…?

だとしたら強すぎですよね…

脹相は、ありえない記憶の混在に、頭が混乱しています。

そんな瀕死の状態の虎杖の目の前に現れたのは、菜々子と美々子。

生きてるよね?」と確認を取り、「始めるよ」と言います。

手には、布で巻かれた棒状のものが。

宿儺の指ですかね?

何を始めるつもりでしょうか…?

そのころ七海は…?

場面は変わって、真希・直毘人・七海サイド。

井の頭線 渋谷駅 アベニュー口。

五条が封印されたことについて話していました。

直毘人は、このまま五条家が衰退してくれることを少し喜んでいるような態度を取っています。

やる気がないなら帰れ」と注意する真希。

それに対して直毘人は「帰るとするならお前の方だ」と言い返します。

七海もこの意見には賛成のようで、真希に対して帰るように促します。

しかし真希は「酔っ払いよりは役に立つさ」と直毘人が飲酒していることを指摘。

直毘人、余裕ですね(笑)

ぶつかる、海の呪霊

そんな3人の前に現れたのは、濡瑚達と一緒にいたタコのような呪霊。
「私が」と武器を構える七海。が、しかし…

お前たち、ちと鈍すぎるな

直毘人がカードのようなものの中に、呪霊を封じ込めていました。

そしてそのまま、カードを殴りつけ、呪霊にダメージを与えます。

動きを封じて攻撃、と言った感じですかね?

それにしても、早すぎませんか…?

苦しそうにしている呪霊。

突然大量の人間の骨を吐き出ます。

その量に直毘人も「何人喰ったんだ?」と驚いています。

さみしそうな表情を見せ、濡瑚、真人、花御の名前を呼ぶ呪霊

よくも よくも花御を 殺したな!!

そう叫ぶと、身体を突き破り、中から何かが出てきました

直毘人が出てきたものを見ながら言います。

成程、弱いはずだ。まだ呪胎だったというわけか

 

そこには筋骨隆々な呪霊の姿が。

 

呪術廻戦のネタバレ106話 まとめ

いかがだったでしょうか。

京都姉妹校交流会での虎杖vs.東堂で一度出てきた「存在しない記憶」というワード。

あれはもしや、虎杖の術式が開花した伏線だったのでしょうか?

東堂の個性的なキャラクターによってギャグ要素だと思われていたシーンが伏線だったとするならば、この漫画の奥深さを見直さなければならないかもしれません。(笑)

記憶の改ざんが能力ならば、かなり強いですよね。

虎杖サイドの続きも気になります。

そして、ついに現れた海の呪霊!

今までは、濡瑚達と一緒にいるシーンしかなかったので、単独の登場は今回が初となります。

真の姿にも変身し、見るからに強そうですが、七海たちは大丈夫でしょうか…?

次回も楽しみです。

 

107話はこちら<<♦>>105話はこちら

 

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です