>>無料でヒロアカを全話みる

呪術廻戦のネタバレ103話。メカ丸助太刀。

こんにちは、こーです!

今回は、呪術廻戦の103話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前回の102話では、弟の死に際の様子を脹相は虎杖に問います。虎杖は弟達と戦った様子を思い返しながら、特に言い訳もせずに

「泣いていた」

と脹相に伝えます。失ってしまった弟たちのことを思い…脹相は戦意以上に敵意を虎杖に向けてきます。他方で冥冥は疱瘡神との戦いで最初は苦戦はするも、相手の呪術を見抜き見事に勝利し、再び夏油と戦うつもりのようです。

今回のお話は、虎杖と脹相が激しい戦いがメインになっています。そして最後は久しぶりにアイツも登場します。

 

104話はこちら<<◆>>102話はこちら

 

以下、呪術廻戦103話のネタバレを含む内容になっております。

呪術廻戦のネタバレ103話

虎杖VS脹相…ラウンド2

虎杖と脹相は激しく戦いあっています。遠距離攻撃主体の相手に距離を取られた虎杖は、穿血の構えをする脹相の攻略法について考えます。


「音速を超える血の矢を勘で避けるのは、余りにも危険」

そう結論付けた虎杖は、攻撃の瞬間を自分で誘う為にあえて少しジャンプします。明らかな誘いですが…脹相は敢えて乗り攻撃を仕掛けます。


撃たれた血の矢は虎杖の頭部に音速を超えた速度で迫ります。しかし虎杖は首を捻ることでなんとか血の矢を回避し、一気に距離を詰めて近距離千に挑みます。


ですが、脹相は近距離線のポテンシャルも高いことが此処で明らかになります。穿血が避けられて為の二の手を持っていたのです。実は撃たれた血の矢はムチのように手元に繋がっており、それを振り下ろすことが出来たのです。

しかし、手元で操作する為か流石に音速の速度は出せない様子です。それを虎杖は見逃さず、相変わらずの身体能力で余裕でかわします。

この流れは呪術廻戦あるあるの…。

ゴリラ廻戦の流れですね…。

うまいこと近距離まで迫った虎杖は、このまま近距離戦に持ち込むはずでした。

しかし脹相は

「超新星」

と唱え…手の中で既に圧縮していた血の塊を爆発させることで、血のショットガンを虎杖に浴びせます。

見事に虎杖に血のショットガンが命中させ、動きを止め…更に左足の甲に血で刃を突き刺す追撃を脹相は繰り出します。

しかし宿難を宿す虎杖はダメージを気にせず傷ついた足でそのまま反撃に移ります。

劣勢に追い込まれる虎杖

傷つきながらも何とか接近戦に虎杖はいよいよゴリラ決戦が始まります。まずは左足で脹相の動きを止めて、右足でカカト落としを食らわせていきます。


虎杖のカカト落としが脹相の頬に直撃して吹き飛ぶ脹相、即座に距離を詰めますが…脹相は至近距離にもかかわらず穿血の構えを取ります。


「まさかタメなしで撃てるのか?」と躊躇してしまう虎杖。

しかし構えはブラフでした。遠近両方の攻撃に翻弄され隙ができた虎杖の腹部目掛けて脹相は強打を放ち、直撃します。


そして再び二人の距離が離れた為に脹相は赤鱗躍動を使い、血のタメを作り始めてしまいます。

いやらしい戦法をとってくるなあ!

遠距離技を持ってる奴の基本戦法ですね…。

接近戦オンリーの虎杖を接近戦で圧倒した脹相は、今度こそ「穿血」の構えを取り…血矢を撃ちます。避ける間もなく、至近距離でそれを食らった虎杖は大きく吹き飛んでしまいます。

ですが、腹部に命中したはずの血の矢は、初撃に比べて威力で大きく劣っていました。実は脹相は無意識の内に、虎杖の中の宿難のプレッシャーにより、血を圧縮しきれていなかったのです。

なんとか命拾いしたものの遠近両方での戦闘能力は明らかに脹相が圧倒的です。

メカ丸助太刀。

劣勢に追い込まれる中で突然に、虎杖は通信機から誰かの声を耳にします。「どういう状況ダ」という声の主はメカ丸だった

呪術廻戦のネタバレ103話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の103話のネタバレと感想について書かせていただきました。

いつからか呪術廻戦はゴリラ廻戦とも呼ばれるようになりましたが、正に今回はゴリラ色の強い近接メインの激しい戦いでした。

 

にしても今回は遠距離主体ですが接近戦も十全にこなす脹相の強さが色濃く出ています。近接ですら虎杖を上回るのであれば、虎杖が勝つ確率はかなり低いかもしれません。メカ丸がどうサポートするのか気になる終わり方です。

 

以上、呪術廻戦のネタバレ103話についてお伝えしました。

 

104話はこちら<<◆>>102話はこちら

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です