100日後に死ぬワニが電通案件だったのはいつから?

こんにちは、こーです!

2020年3月20日で100日目を迎えた「100日後に死ぬワニ」のTwitter上での連載ですが、その後すぐ「映画化」や「書籍化」などはが発表され、「100日後に死ぬワニが「電通案件」だったことが明らかになりました。

これまでファンだった人も、「冷めた….」なんてことも言っており、

その後は、大炎上!

ここで筆者が気になったのが、「最初から電通案件やったんかい?!」ということです。

今回は、きくちゆうきさんのTwitterの情報から、いつ頃から電通案件だったのかを考えてみたいと思います。

 

100日後に死ぬワニが電通案件だったのはいつから?

「100日後に死ぬワニ」が電通案件だったのはいつからなのでしょうか?

参考になるのが、「100日後に死ぬワニ」の作者である「きくちゆうき」さんのTwitterの更新の仕方の変化です。

2019年12月12日に第一回目(1日目)の4コマが投稿されました。

それ以前は、きくちゆうきさんのプライベートな投稿が結構な頻度でされていましたが、連載開始以降はめっきり減っています。

連載開始後はこんな感じで黙々とマンガを投稿し続けています。

 

ちなみに連載開始前はこんな感じで、イベント関連やプライベートなことも1日か2日おきに投稿されていました。

 

これが意味するところは何なのか?

 

連載開始からしばらくたって電通の担当者に目を付けられたとしたら、ワニの投稿開始後もしばらくはプライベートな投稿は続くと勝手に予想。

決定的証拠ではありませんが、もしかすると、「100日後に死ぬワニ」の連載開始前からすでに「電通案件」となっていた可能性が高いですね。

商品のラインナップがとても100日間では準備できない

こちらのツイートをご覧ください。いつから電通案件となっていたのか、するどい視点で考察されていました。

100日後に死ぬワニの連載100日目(ワニが死んだ日)に「100ワニ追悼 POP up SHOP」ということで数々のアパレル関係の商品が発売されましたが、この商品ラインナップの数が、到底100日間の間では準備不可能ではないかと思われるほど豊富なのです。

このことから考えても、「100日後に死ぬワニ」が電通案件だったのは、少なくとも連載開始時前からだと予想できますね。

じゃあ具体的にいつからなの?

これに関しては、はっきり言ってエビデンスがないため、ここで言えるのは、先ほども言ったとおり、「連載開始前から」とした言えませんね…。

ただ、これだけの商品ランナップだったら、かなり前から練り込まれた戦略だったと考えられますね。
具体的にいつなのかは「きくちゆうき」さんと電通担当者のみ知るところですが…。

100日後に死ぬワニが電通案件だったことについてのTwitterの反応

ワニが死んだ直後に商品の販促などが開始されたことについて違和感覚える方が多いようですね….。

100日後に死ぬワニが電通案件だったのはいつから? まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、「100日後に死ぬワニ」がいつごろから電通案件としてステマしてたのかを考えてみました。

※本記事は今現在編集中です。随時更新してまいります。

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です