アンデッドアンラック ネタバレ最新話確定速報39話 左手なくても漫画は描ける

こんにちは、こーです!

2020年11月9日(月)発売予定の週刊少年ジャンプ49号で、アンデッドアンラックの最新話39話が掲載されました

前回は、安野雲の居場所を特定し、本人に会いに行く話でした。

存在自体は1話から明らかになっていましたが、ここにきて本人登場の記念すべき回となりましたね!

なかなか強烈なキャラクターのようで、これからの絡みが楽しみですね!

とんとん拍子で進んでいくアンデッドアンラック。

次はどのような展開が待っているのでしょうか?

 

今回は、アンデッドアンラック39話のネタバレ最新話確定速速報をしていきたいと思います。

 

40話はこちら<<♦>>38話はこちら

 

以下、アンデッドアンラックの39話のネタバレを含む内容になっております。

 

それでは、見ていきましょう!

アンデッドアンラック ネタバレ最新話39話前のあらすじ

前回のあらすじを簡単に確認しておくと…

  • 安野雲の居場所を見つけろ
  • カナダへ急行!
  • 姿を現す安野雲

となっていましたね。

新キャラクターである安野雲もついにその姿を現し、また魅了的なキャラクターだな…!といった感想ですよね。

『安野雲』という名前はペンネームであることが分かりましたが、何やらその存在を認知することができないような描写もされていました。

古代遺物を使って漫画を描いている人物であることは分かっていますが、何かしらの否定者である可能性も出てきましたね…。

まだまだ謎が多いキャラクターではありますが、UMA・オータム捕獲の課題もスタートしました。

今後の展開はどうなっていくのでしょうか?

 

毎週楽しみですよね!

 

アンデッドアンラック ネタバレ39話注目ポイント

39話の注目ポイントはコチラになります!

  • 安野の目的
  • UMA・オータム
  • 修業編スタート?

以上の3つのポイントをチェックしていきます!

それぞれの注目ポイントと共に詳しい内容も確認していきましょう!

アンデッドアンラック39話のタイトル名

アンデッドアンラック39話のタイトル名は

左手なくても漫画は描ける

UMA・オータムの捕獲がスタートしました。

何やらもう近くにいる雰囲気でしたよね…?

どのような能力なのか…?

どうやって捕獲するのか…?

久々のUMA戦ということで、ワクワクしますね!

それでは見ていきましょう!!

 

アンデッドアンラックネタバレ39話

安野の目的

「秋(オータム)と戦い、己を知り、キミ達はもっと強くなれる!!」

安野雲が言います。

「オレはその」

と言いかけた時、アンディが安野の首に刀を構えます。

「手助けがしたいんだ」

「答えろ」とアンディ。

「お前は未来を知っているのか?知っているなら何故隠した。目的は何だ」

アンディがそう言い終わると、目の前に安野の姿はありませんでした。

「はい、返すね原稿」

と安野は風子の目の前に。

「うわ!?いつの間に!?」

「自己対象…任意か?古代遺物の可能性もある…」

と状況を考えているアンディ。

「面倒だな」

「秋(オータム)と戦い…って、いるんですかオータムが…!!」

「いるよ、多分そろそろ…」

と安野が言った瞬間、「ギャアアア!!」と森の中から叫び声がします。

「誰かいる!!」

風子は声の方に走っていきます。

「ああちょっと、待って風子ちゃん!!今のキミ達じゃ勝てないよ!!

能力を十分に扱えなければオータムは」

「勝ち負けじゃないでしょ!!一度UMAに変えられた人間はもう戻らない!!」

安野の忠告を聞かずに、風子は走っていきます。

「一人でも、多く!!助けないと!!」

「ああ…打算のないなんてピュアな台詞…さすが主人公…!」

風子の言葉に感動している安野。

「お前も来い」と安野を掴んで、風子の元へアンディも急ぎます。

 

UMA・オータム

「確かに今進むのに必要なのはその勢いだよ」安野は言います。

「でもね、時に立ち止まって鍛えないと…」

 

越えられない、壁がある

 

目の前には巨大な昆虫のような姿のUMA・オータムが。

「…あれが」と驚く風子。

「そ」と安野が言います。

「あれがUMA・オータム。人の人生を喰らうUMA」

「…さっきの声の人は…いた!!」

と男性がオータムから攻撃を受けていました。

「あ…あ…」と男性の頭が本へと変化していきます。

その変化した本を読んでいる様子のオータム。

「人を本にして読んでんのか?」とアンディ。

「ツマラナイ」とオータムがしゃべり始めます。

「チョウダイ、チョウダイ。トッテモ面白イ物語。

教エテ、教エテ。誰モ知ラナイ、物語。

見セロ、見セロ。オ前ダケノ、物語!!」

 

修業編スタート?

「くるぞ、つかまれ風子!」

「あい!」

アンディは風子を担いでオータムに近づいていきます。

「バーンの時と同じ作戦だ!不運を貯めて奴の中に入りダメージを与えて捕獲する!!」

とその時、オータムの顔面の穴がすべて閉じていきました。

「体内に入れないように!?穴が閉じた!!」と風子。

「なら…こじ開ける…!!」

とアンディは『紅蓮弾(クリムゾンバレット)』準備をします。

「ムリだ、工夫(アイディア)が足りない」と安野。

オータムの頭部に『紅蓮弾(クリムゾンバレット)』を喰らわすも、キズ一つ付いていませんでした。

すかさず反撃を仕掛けるオータム。

アンディの足にヒットします。

「足が本になってくよ!!」と風子。

「問題無え、斬り落とす!」

地上で二人の攻防を見ている安野。

「だからムリだって言ったのに」

その手には大きな鎌を持っていました。

「キミ達は理に縛られすぎだ。『こうだ』と思い込むあまり、自分でさらに理(ルール)を設けてしまう。

否定者の性てやつなんだろうけど」

と持っていた鎌で、自分の左腕を斬り落とす安野。

空中に『DEAD EN…』のような文字が書かれた筋肉質な腕を描きました。

実体化する腕。

その腕を斬り落とした左肩に着け、腕が使えるようになっています。

「オレからすれば、否定者が理(ルール)に縛られてどうすんのさ。

成長に必要なのはいつだって、正しい努力と一瞬の閃きだよ!!

 

紅火山弾(ボルケーノバレット)!!

 

痛烈な一撃がオータムに直撃します。

続けて飛行機を空に書く安野。

「何今の!?先生がやったの!?」と驚いている風子。

「乗って!!」と安野が叫びます。

「ハハ、全然効いてないね!!退散退散!!」

実体化した飛行機に乗り、その場を後にする3人。

「ふ―危ない危ない、いやー冒険って感じだねー」

と左肩から出血しながら安野が言います。

「お前、その腕戻るのか?」とアンディ。

「?いや?戻んないよ。俺が描いて具現化できるのは一つまでだからね」

風子が慌てて服を脱ぎ、止血しようします。

「なんでこんな事…」とアンディ。

「こーでもしないときいてくれないでしょ」と安野は答えます。

「大丈夫だよ?左手なくてもマンガは描けるし!!

さぁ、恩も売ったことだし、二人の修業編スタートー!!」

と左腕を上げるようなそぶり。

「あ!左手なかった!!アハハ!!」

安野の左腕からは血が噴き出していました。

 

かなり強烈なキャラですね…。

 

アンデッドアンラック ネタバレ最新話39話確定速報 まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に、注目ポイントをまとめると

  • 安野の目的 
  • UMA・オータム
  • 修業編スタート?

となっていましたね。

話がどんどん進んでいきますね!

次回からは修業編がスタートするようです。

どのような修行の内容になっているのでしょうか?

そして、『己を知る』とはどのような意味なのでしょうか?

今回の修業編でかなりの事が起こりそうですね…。

安野の目的も何なのか?

気になることだらけです!!

 

40話はこちら<<♦>>38話はこちら

 

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です