清野とおるさんがトゥレット障害になったのはなぜ?理由は?

2019/11/22、”いい夫婦の日”に結婚を発表した清野とおるさんと壇蜜さん。

今回は、清野とおるさんが「なぜトゥレット障害になってしまったのか?」に焦点を絞って調べてみました。

清野とおるさんはなぜトゥレット障害になってしまったのか?

トゥレット障害とは?

まず、トゥレット障害が何なのか、原因は何なのかを確認してみましょう。

(以下、引用)

トゥレット障害(トゥレットしょうがい、英語: Tourette syndrome)またはトゥレット症候群とは、チックという一群の神経精神疾患のうち、音声や行動の症状を主体とし慢性の経過をたどるものを指す。小児期に発症し、軽快・増悪を繰り返しながら慢性に経過する。トゥレット症候群の約半数は18歳までにチックが消失、または予後は良いとされている。
(引用元:Wikipedia

トゥレット障害を理解するためには、まず「チック」とは何なのかを理解する必要があるようですね。

(以下、引用)

チック症(チックしょう)、チック障害(チックしょうがい、英語: tic disorder)とは、チック(突発的で、不規則な、体の一部の速い動きや発声を繰返す状態)が一定期間継続する障害。

チックの分類
  • 一過性チック障害 : 運動チックおよび音声チックの両方またはいずれか一方の症状が4週間以上12カ月未満持続する障害。
  • 慢性チック障害 : 運動チックと音声チックどちらか一方の症状が12カ月以上持続し、3カ月以上持続してチックが消失することがない障害。慢性運動性チック障害、慢性音声チック障害とも。
  • トゥレット障害 : 多種類の運動チックとひとつまたはそれ以上の音声チックが1年以上にわたり続く障害。

(引用元:Wikipedia

つまり、トゥレット障害とは、「チック」の中の1つに分類されて、「”クセ”のようなものを無意識に一定時間継続してしまう。」というもののようです。

トゥレット障害の原因

(以下、引用)

原因は確定していないが、基底核におけるドーパミン系神経の過活動仮説が提唱されている。また双生児研究などから、遺伝的要因の関与も示唆されている。

統合失調症や自閉症と同じようにかつては「親の養育」「家族機能」などに原因を求められたこともあったが、現在では前記2疾患と同様、それらの説が否定されがちである。しかしながら、精神的ストレスで悪化するなど、症状の増悪に環境要因が関与しているのは事実である。

また、左利きの者に対する矯正などがストレスとなり、発症することがあるとも言われている。
(引用元:Wikipedia

 

つまり、トゥレット障害は「遺伝による影響が大きい」ということですね。

 

もしかすると、清野とおるさんは生まれながらにこの障害を患ってしまっていたのかもしれません。

 

だから、トゥレット障害に”なってしまった”というよりも、ご本人の”特性”として持って生まれてきたのかもしれません。

清野とおるのトゥレット障害による苦い思い出

前項では、トゥレット障害の原因と、清野とおるさんが産まれながらにしてこの障害を患ってらっしゃった可能性について述べました。

清野とおるさんには、この障害による幼少期の苦い思い出があるようです。

(以下、引用)

少年時代は強迫観念による幻聴に悩まされており、幻聴の命令に従わないと激しい頭痛に襲われたという。「友人を殴る」「水溜りを飲む」「答案を破く」「小学校を脱走する」などトゥレット障害による奇行が多くなり、小学校を早退させられて脳波検査を受けた事を明かしている。漫画家になってからも原因不明の吐き気から抗精神病薬を服用していた時期がある。

(引用元:Wikipedia

 

幼少期には、このようにトゥレット障害による「奇行」に走ることがあったようで、ご本人もかなり苦しまれたようです。

清野とおるさんの詳しい過去については下記記事でまとめていますので是非ごらんください。

清野とおるはトゥレット障害になぜなってしまったのか、理由は? まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回は、壇蜜さんと結婚された清野とおるさんがなぜトゥレット障害になってしまったのかについて考察させていただきました。

 

まとめると、

「清野さんはトゥレット障害に”なった”わけではなく、産まれ持った”特性”として、その障害と向き合ってこられた。また、幼少期にはこの障害により苦しむこともあった」

ということですね。

 

壇蜜さんと幸せな家庭を築いて、幸せになっていただきたいですね^^

 

 

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です