【ワンパンマン】タツマキの強さや技まとめ!敗北無しのヒーローガール!

こんにちは、こ―です!

今回は、ワンパンマンに登場するS級2位ヒーロー、「戦慄のタツマキ」の強さや技についてまとめてみました!

ぱっと見では極端な話小学生に見える風貌ですが、見た目からは想像できないその強さは「サイタマの次に強いのでは?」といった議論があるほど!

最強のサイコキネシスを操るタツマキは、ヒーロー協会にとって欠かせない存在ですね。

本記事では、彼女の強さや能力・技といったところを劇中の描写を交えてご紹介するとともに、彼女の過去についても触れてみようと思います。

【ワンパンマン】戦慄のタツマキとは

  • 本名      タツマキ
  • ヒーローネーム タツマキ
  • 年齢      28歳
  • 身長      不明
  • 体重      不明
  • 所属      ヒーロー協会
  • 階級      S級(2位)

ワンパンマンに登場するキャラクターで、ヒーロー協会に所属する現役ヒーローです。現時点でS級ヒーローの中でランク2位に位置しているとっても強い女の子。

見た目はちっさなお子様ですが、実年齢は28歳のお姉さん。ガキ扱いされるとめっちゃ怒ります。特に呼び方には注意が必要(””お嬢ちゃん”は若く見られるとしてOKらしいです)

B級1位にランクインしている「地獄のフブキ」の実姉で、妹に対してはキツく当たることが多いですが、内心はめっちゃ妹思いの良いお姉ちゃん。(キツく当たるのは妹を思ってのこと)

ヒーローネームの「タツマキ」は、彼女の強力かつ凶悪ともいえる「サイコキネシス」の能力から命名されました。

性格

かなりプライドが高く、人の手を借りることを極端に嫌い、基本的に仲間同士での共闘はせずに、「自分1人いれば事足りる」と豪語し、単独行動が目立ちます。行動だけ見ればただのお子様です。

見た目と性格が謎に一致しています(笑)

他の人間やヒーローに対しての配慮などは無く、常に自分本位の行動をとります。

怪人に苦戦している仲間のヒーローを見かけると容赦なく怒鳴り散らし、「ヒーロー辞めれは!」といった暴言を吐くこともしばしば。

このキツい性格のために、ヒーロー協会内ではタツマキに対して何等かの不満や苦手意識を持っているヒーローも何人かいます。

ただ、そうは言ってもS級2位ヒーローです。危険に陥った一般人を見かけると積極的に助けにいくなど、ヒーローとしての自覚と責任感を感じさせるシーンもあります。

正義感がかなり強く、ヒーロー活動には積極的で、休日など関係なく仕事(ヒーロー活動)に勤しむ真面目な一面もあり、ヒーロー協会からの信頼も厚い模様。(彼氏とかいないのかね?(笑))

歳からかけ離れた見た目

タツマキ本人の見た目は小学生(?)に近い感じで、自分の幼児体形がタツマキのコンプレックスとなっている様子です。

腰から深いスリットが入った真っ黒のロングドレスという特徴的なヒーローコスチュームを身に着けていますね。

このコスチューム、実はタツマキが少しでも”大人っぽさ”を演出しようとした結果こうなったらしいです。

タツマキはこの見た目により、たまに子供扱いして貶されることがありますが、そういった者を決して許すことはありません。

少しでも大人っぽく見せようとするために、単行本の挿絵などでは紅茶やカクテルを好んで飲む姿が描かれることがあります。

【ワンパンマン】タツマキの強さとは

S級2位の強さを徹底解説します!

タツマキの能力

タツマキの能力は強力な「サイコキネシス」です。

「サイコキネシス」という名前のイメージ通り、物体に触れることなく物を浮かせたり移動させたり、自由自在に操ることができます。

操る物体の大きさや重量に限界があるのかは現時点では不明です。(劇中でそういった描写が無いため)

劇中でタツマキがサイコキネシスを使用して操作した物で最も大きなものといえば、宇宙空間を移動していた小型の隕石でしょうか。こんなことができるなら、その気になればタツマキ1人だけで地球を壊滅状態に陥らせることも可能かもしれません。

このようにでたらめな能力を有するタツマキは、怪人対策担当のシッチから「「正攻法で彼女に勝てる生命体はこの世にいない」と太鼓判を押されるほど、強さに置いては信頼されています。

彼女のわがままが事実上黙認されているのも、実力と実績があるからでしょう。

戦闘時

戦闘時はサイコキネシスを最大限使用して相手を圧倒します。

劇中でよく見るのは、巨大な瓦礫などをサイコキネシスで操って敵にぶつけるというシンプルといえばシンプルな技です。

ただ、サイコキネシスで操作できるものの数・重量ともに際限がないため、シンプルながら驚異的な破壊力と場の制圧力を発揮します。

ダークマター編では、突如地球へ飛来した巨大宇宙戦艦からの一斉砲火による何百発もあるであろう巨大な砲弾をサイコキネシスで全て停止させ、それをそのまま戦艦に高速で撃ち返すという他のヒーローを圧倒する実力を見せました。

タツマキの技

上記以外にもいくつかタツマキお得意の技があるのでご紹介します。

テレキネシス・浮遊

自分自身や物体を浮遊させる技で、タツマキは常に自分を浮遊させて移動しています。

先述の通り、操作する物体の大きさ・重量・数などには際限が無く、使いようによってはとっても凶悪な技となり得ます。

質量弾・隕石群

上記のテレキネシスからの派生技です。本記事のタツマキの能力の所でも解説したやつですね。

巨大な瓦礫や大岩などをサイコキネシスで操って相手にぶつけるシンプルな物理攻撃技です。当然ですが、操作するものの大きさや重量によって威力が変わってきます。

隕石を宇宙空間から持ってきて落としたりと、かなり異次元な使用方法ができます。

タツマキの戦闘シーンで最も多く見られる技ですね。

衝撃波

手をかざして衝撃波を放ち、相手を吹き飛ばす技です。

本気の衝撃波を放てば、災害レベル「竜」クラスの怪人までも倒すことができ、サイタマを吹っ飛ばすほどの威力を有します。

ただ、サイタマは吹っ飛ばされはするものの無傷でしたが(笑)

握撃

村田版ワンパンマンにのみ登場した技です。

衝撃波と同様に手をかざし、対象を浮遊させ、手を握る動作で対象を握り潰すという、怪人や人間に使ったらえげつないことになるであろう技。

捻じ切り

敵の一部に干渉し、その者を竜巻状に捻じって殺します。

先述の「握撃」同様凶悪度MAXな技。”タツマキ”というヒーローネームの由来ともなった技です。

バリアー

サイコキネシスを応用したのか、原理はよくわかっていませんが、自身の周りに球体の障壁を発生させ、敵からの攻撃を防御します。

S級ヒーローですら被弾するとひとたまりもない、エビル天然水の高圧水鉄砲をも防ぐ防御力を有します。

タツマキに弱点はあるのか?

強力なサイコキネシスで異次元の強さを持つタツマキ。彼女には全く死角が無いように見えます。

しかし、そんな彼女にもいくつかの”弱点”や”つけ入る隙”があるようです。

それは、

  • 頭を強打すれば一定時間の間能力が不安定になる
  • 能力の使用中は他の事への意識が少し散漫になる

というものです。

ヒーロー vs 怪人協会編のサイコス戦では、この弱点を突かれピンチに陥りました。

【ワンパンマン】タツマキに敗北はあるのか?

驚異的な強さを誇るスーパーヒーローガールのタツマキ。彼女と真正面から戦って勝てる相手はいるのでしょうか?

タツマキが全力を出して戦った唯一のシーンが、ヒーロー vs 怪人協会編で黄金精子や覚醒ガロウと戦った時です。

最終的に覚醒ガロウに敗北する形になりましたが、覚醒ガロウと戦う前には、サイコスや黄金精子との死闘を繰り広げており、覚醒ガロウと戦う時には能力の全力を出すこともままならない程消耗していました。

もし仮に覚醒ガロウと全力のタツマキがガチバトルした場合には、筆者の予想ではタツマキが勝利すると思いますね。

恐らく、タツマキに触れることも無く終わると思います。

ですので、タツマキに勝てる相手としては、やっぱりサイタマか、まだ姿を見せていないブラストかのどちらかになると思います。

タツマキに敗北はほとんど無いと言っていいでしょう。

余談ですがブラストの強さがきになりますねぇ~。早く登場してくれないものか。

【ワンパンマン】タツマキの過去とは

タツマキの過去を語るには、幼少期まで遡る必要があります。

子供の頃から超能力を有していたタツマキは、科学者に目を付けられ様々な実験を受けさせられていました。

実験が上手くいくと大人たちから褒められることもありましたが、幽閉に近い環境下により孤独感や外に出たいという欲求に苛まれるようになり、能力の行使を戸惑うようになってしまいます。

このことをよく思わない科学者は、タツマキを牢獄へ閉じ込めるようになりました。

そんな時、同じ施設に研究対象として閉じ込められていた怪人が檻から脱出し、暴れまわるという事件が発生します。

科学者を含む大人達はタツマキを残し即刻非難を始め、タツマキは檻に1人残されてしまいます。

自分の能力を使えば檻からの脱出も容易であるはずのタツマキは、上記の精神状態により力の行使を躊躇し、じっと誰かの助けを待っていました。

その時に現れたのが、当時趣味でヒーローをやってた、現S級1位のブラストです。

 

「何故力を使わなかった?」

 

というブラストの質問に対し押し黙ってしまうタツマキ。

そんなタツマキに対し、

 

「いざという時、誰かが助けてくれると思ってはいけない」

 

という言葉だけを残し、ブラストは去っていきました。

この経験はタツマキに大きな影響を与え、今のタツマキの性格がああなってしまったのもこのことが原因だと考えられます。

タツマキには壮絶な過去があったんですね。こんな経験をすればあんなキツい性格になってしまうのも無理はないかなと思ってしまいますね….。

【ワンパンマン】タツマキの強さや技まとめ!敗北無しのヒーローガール!

いかがだったでしょうか。

今回は、ワンパンマンに登場するS級2位ヒーローの「戦慄のタツマキ」の強さや能力・技といったところについて紹介させていただきました!

「タツマキに敗北はあるのか?」のところでは、タツマキに勝てる相手をかなり考えてみましたが、宇宙最強かもしれないサイタマか、S級1位のブラストくらいしか思いつきませんでした。

それくらいタツマキの能力の強さが絶大だということですね。

今後、タツマキを単独で苦戦させる敵は登場するのでしょうか?

その展開は展開でアツいな!

今後のタツマキの活躍に期待しましょう!

ワンパンマンの中の登場キャラで、タツマキの強さはいかほどなのでしょうか?

ワンパンマンの強さランキングTop20」で全キャラ中何位なのか、解説も含めてご紹介していますので、ぜひご覧ください^^

 

 

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です