タカハシマイの年齢・身長は?過去にスピッツと共演も

スラッと長い手足、子顔にクリッとした大きな目が印象的でかわいらしい、バンドマンでありモデルでもある「タカハシマイ」さん。

2019年7月7日、タカハシマイさんと、タカハシさんと同じバンドに所属する武井優心さんが結婚するとの公表がありました。

今回の記事では、タカハシマイさんのことについてフォーカスして書かせていただきました。年齢や身長など基本的な情報や、スピッツとの共演についての事についてお話します。

タカハシマイさんについて

身長は165cmもあり、体重は45kgと、まさに”モデル体型”というのがふさわしいステータスですね。

また、年齢については26歳とまだまだお若いタカハシさん。

モデル活動とバンド活動を両立させる凄いお方です。

タカハシマイさんの過去

タカハシマイさんの過去について、簡単にまとめました。

タカハシマイさんと椎名林檎さんと音楽

タカハシマイさんは、幼少の頃から歌うのが大好きで、歌手に憧れていたようです。ただ、当時はバンドというものの存在を知らず目標にしていたのは”テレビに出てくる歌い手さん”だったようです。

タカハシマイさんが音楽にハマッたのは小学六年生の時で、きっかけは椎名林檎さんの音楽を聴いたからのようです。当時の印象は、「全く聴いたことのない音楽」だったとのこと。

椎名林檎さんの音楽はタカハシマイさんに影響を与え続けているようで、タカハシさんが中学生の頃から『加爾基精液栗ノ花』というアルバムを聴き続けているようです。

タカハシマイさんとファッション

タカハシマイさんはバンド活動だけでなく、モデルとしても活動されていますよね。

これは僕自身の考察なんですが、タカハシマイさんのモデル活動のルーツは、幼少のころにあると思うんです。

タカハシさんが小学生のときの7つ上の従姉妹が雑誌『Zipper』を読んでいて、よく古着を着ていたそう。タカハシさんは、これを見てファッションに興味を持ったらしいです。特に個性的なデザインの服に興味を惹かれたようです。

高校卒業と同時にモデル活動を開始したタカハシマイさんですが、当時はよく古着系の雑誌に出ていたようです。コーディネイトも古着を連想させる色合い・スタイルのことが多いです。

こうしたタカハシマイさんの服のコーディネイトや好み、また、モデルを始めたきっかけも、幼少の頃の経験がルーツになっているのではないでしょうか。

タカハシマイさんはスピッツと共演したことがある

昔からスピッツの音楽が大好きだったタカハシマイさん。そんな彼女になんとスピッツからオファーがかかり、スピッツのアルバムの中の一曲にコーラスとして参加することになったんです^^

共演した曲は、アルバム『醒めない』(2016年7月27日発売)のに収録された、「子グマ!子グマ!」です。

当時のインタビューで、タカハシマイさんは以下のように語っていました。

(以下、「スピッツ新作にチェコ・タカハシマイがコーラス参加「人生で一番驚いた」」からの引用です)

「スピッツさんからコーラスのお話をいただいたときは本当に本当に信じられず、人生で一番驚いた出来事でした。今もまだ実感がわいておらず、CDを買って初めて聴くその時がとても楽しみです!」

(引用元:「スピッツ新作にチェコ・タカハシマイがコーラス参加「人生で一番驚いた」」より)

子供の頃から敬愛していたアーティストからの共演依頼とのことで、タカハシさんも大喜びだったようです^^

タカハシマイさんの性格は?

タカハシマイさんは見た目に反して男勝り?

見た目はゆるふわ系のタカハシマイさんですが、性格は男勝りな面があるようです。

バンドの楽曲の収録などで、スタッフからダメ出しをくらったときも、反骨精神を燃やして「やってやる!」と意気込んだり、向上心を強く持っていて、過去のインタビューでも「自分自身もっとスキルアップしたい」とか「もっとライブに出たい」と思っているようです。

でも、実は根はネガティブだったりするようですが、詳しくはわかりませんでした^^;

タカハシマイさんは天然なところも

タカハシマイさんは天然らしいです。いくつか天然エピソードがあったのでご紹介します。

(以下、Wikipediaからの引用です。)

  • 『スラムダンク』の桜木花道のことを”速水もこみち”と言い間違える
  • 『象は英語で?』という質問に「ヌー」と答える
  • 差し入れの寿司を食べるときに、透明なフィルムがかかっているのにその上から醤油をかけて食べようとしたりする。

(引用元:Wikipedia

タカハシマイさん、おっちょこちょいなんですかね^^

でもかわいいから許す!ww

タカハシマイさんと音楽

タカハシマイさんと旦那の武井優心との出会いは音楽

高校時代はバンドをしていたというタカハシマイさん。ですが、18歳のときにバンドは解散し、それからしばらくは一人で歌ったりしていたようです。

タカハシマイさんの旦那の武井優心さんとはその時期に出会ったようです。当時、ソロで活動していたタカハシマイさんの元には、ソロデビューの話が来ていたようです。しかし、タカハシさん本人は自分のしたい音楽ができる環境ではないと思い、「このままデビューしていいんだろうか」と悩んでいたそう。(それは、10円ハゲができるくらい悩んだそうです。)そして、そのことを武井さんにも相談していたそうです。

同時期、武井さんが所属していたバンドも、メンバーの脱退により進退を考える時期にあったようで、そんなときにタカハシマイさんが、「チェコを手伝うよ!」と武井さんに言ったのがきっかけでメンバーになったそうです。

二人のタイミングがばっちり合いすぎて運命と言わざるを得ませんね^^(笑)

タカハシマイさんは武井優心への喝入れ役

そんなこんなでタカハシマイさんは、2012年からCzecho No Republicにサポートとして参加するようになりました。

しかし、武井優心さんがネガティブなことばかり言うので、第一印象はあまり良くなかったようです。

  • 「俺、かっこよくないしなあ」
  • 「ボーカルに自信がない」

武井優心さんはこんなことをライブの空き時間によく呟いていたそうです。

そんな彼を見かねてタカハシマイさんが話を聞いてあげても、武井さんのぼやきは一向に収まらないので、ブチ切れることもあったそう(笑)

そんなタカハシマイさんのことを、武井さんは、「タカハシがいなかったらとっくに解散してました(笑)」と評価しています(笑)

タカハシマイの年齢・身長は?過去にスピッツと共演も

いかがだったでしょうか。今回は、バンドマンとして『Czecho No Republic』で活動しながらモデル活動まで行うタカハシマイさんについての身長・体重やスピッツとの共演、その他のお話させていただきました。

印象的だったのは、彼女が実は男勝りな性格だったということです。

旦那の武井優心さんが喝を入れられていたという話は調べていて面白かったです(笑)

タカハシマイさん、良い家庭を築いてくださいねー!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です