>>無料でヒロアカを全話みる

【ワンパンマン】怪人王オロチの正体や強さを考察!オロチ戦を徹底解剖

こんにちは、こ―です!

今回は、村田版ワンパンマンに登場する怪人、「怪人王オロチ」の強さやその正体に迫ります!

怪人協会 vs ヒーロー協会編で初めてその姿を現した怪人王オロチはいったいどのような強さを秘めているのでしょうか?

怪人王オロチの「強さ」「正体」「災害レベル」などについて徹底的に深掘りしてお伝えしようと思います。

怪人王オロチは最強の怪人として、ワンパンマンに登場するキャラクターとしては特に注目したい人物の1人ですな!

では、まずは怪人王オロチについての基本的な情報をまとめてみましたのでどうぞ!

怪人王オロチとは

怪人王オロチとは、ヒーロー協会 vs 怪人協会編で登場した、ヒーロー協会及び人類を滅亡の危機に陥れた怪人協会のボスです。村田版にのみ登場しました。

普通の怪人の何十倍もあるような巨大な体格を有し、凶悪なパワーを有しています。顔を覆う不気味な仮面によりその素顔は不明です。

まさに怪人協会の長としてふさわしい風貌をしています。

性格は怪人協会のボスらしく、凶悪で残忍。同じ怪人であろうと、敗者には見境なく死を与えます。

ヒーローに負けてしまった怪人を容赦なく食べてしまうシーンが何回か描かれています。

そのため、怪人協会に所属する弩Sやフェニックス男などの一部の怪人達からは敬われているというより、恐れられています。

オロチに刃向かおうとする怪人はほとんどいませんが、しかし、「黒い精子」などの一部の強力な力を有した怪人は、ヒーロー協会との決着がついた暁にはオロチを倒し、自分が怪人の長になろうと画策している者もいました。

そんな、控えめに言っても足並みの揃っていない怪人協会が組織立って動けていたのもオロチの存在が大きかったと推察されます。

やべぇ….勝てるヤツいねぇよ….。

オロチの強さは他の怪人達とは比較になりませんね^^;

怪人王オロチの強さは

怪人協会のボスにして最凶の怪人とおぼしき「怪人王オロチ」。

怪人協会に所属していた「ゴウケツ」からは、「地球上に彼(オロチ)よりも強い化け物は存在しない」と評されています。

怪人王オロチの強さはどの程度のものなのでしょうか?劇中のオロチのが登場するシーンを交えてご紹介したいと思います。

災害レベル

ワンパンマンにおいて、怪人の強さを測る指標として以下のような「災害レベル」というのがあります。

災害レベル
  •  人類滅亡レベルの危機
  •  いくつもの町が壊滅するレベルの危機
  •  一つの町が機能停止するか壊滅するレベルの危機
  •  不特定多数の生命が脅かされる危機
  •  危険因子となる生物や集団の出現

しかし、怪人王オロチについては強すぎる故か、作中で明確に災害レベルが示されていません。

そのため、怪人王オロチの災害レベルは他の怪人達と比較して推察する他ありません。

考えられる災害レベルとしては、「神」までいっちゃうんじゃないかなと思っています。

理由としては、かつて怪人協会に属していた「ゴウケツ」の災害レベルが「竜」だったからです。ゴウケツは「地球上に彼(オロチ)よりも強い化け物は存在しない」といっていましたから、ゴウケツはオロチに手も足も出ずに負けてしまうほどに強さの差があるということになります。

ゴウケツの災害レベルは「竜」だったので、そのレベルの怪人が手も足も出ないとなったら、後は「竜」より災害レベルの高い「神」しか残っていませんね^^;

怪人協会編は、本当に人類滅亡の危機だったということですね(汗)

戦闘スタイル

怪人王オロチの戦闘スタイルは相手の強さによって段階的に変化します。

オロチの戦闘スタイルの変化
  • 通常状態
  • 準本気モード
  • 本気モード

強い相手になればなるほど形態変化を重ねて、怪人王オロチの本来の強さを発揮します。

オロチにとってさほど脅威にならない敵に対しては、通常モードで体中から生えた伸縮自在の角のようなものを自由自在に操って攻撃します。

でも、角による攻撃の強さは、メタルナイトの機体をあっさり貫くほど強力なもので、これだけでも充分強いことが伺えます。

敵が強くなってくると、オロチは自身の形態を変化させ、準本気モードに入ります。その際のオロチの姿形はまさに”大怪獣”といったもので、身体から大蛇か竜のような頭をいくつも生やし、まさに”オロチ”の名にふさわしい形相となります。

この形態では1つ1つの頭から、獄炎を放射することができ、並大抵のヒーローであれば瞬殺されてしまうのではないかと考えられます。

ヒーロー狩りのガロウと対峙した時に初めて見せた形態です!

サイタマと対敵した際は、オロチはサイタマの強さを見抜き、本気モードに突入!

本気モードに入ったオロチの姿は、準本気モードの時と比較すると少しおとなしめで、ぱっと見は人間の姿に似ています。

頭からは数本の角が生え、背中からは十数本の大蛇の頭を生やしています。

どういう原理かはわかりませんが、この形態のオロチは重力を無視して浮遊することが可能です。

背中に生えた大蛇からは相変わらず熱線のような超火炎を放出します。その威力は恐らく一回で都市1つを丸ごと消滅させることができるほどのものだと考えられます。

また、頭の角は先端がこれまた竜の頭に変化させることができ、火炎は吐きませんが、オロチ本体に接近した敵に対して効果を発揮します。近接戦闘用のものだと考えられます。

元々の戦闘センスもズバ抜け

ワンパンマンの中で元シルバーファングの弟子だった、ヒーロー狩りのガロウがいますが、このガロウが怪人王オロチと戦闘になった際は、先述の通り「殺さない程度にぶちのめす」ために”準本気モード”で戦いました。

ガロウはオロチの猛攻をよけながら善戦しますが、それでも重い一撃をくらってしまいます。

「肉体の差は、技で埋める」

元々戦闘におけるセンスは抜群!それに加え「流水岩砕拳」の使い手でです。オロチにヤられると感じ取ったガロウは、力の差を技で埋めようと、流水岩砕拳の構えを取ります。

しかし、オロチはガロウのその構えを見ただけでガロウの拳術をコピーしてしまったのです。

最終的にはガロウは怪人王オロチにボコボコにやられてしまい、怪人協会に身柄を拘束されることとなってしまいました。

戦闘センス抜群のガロウのその上をいく戦闘センスを持つオロチは、まさにつけ入る死角の無い強敵だと言えるでしょう。

最後はやっぱりサイタマにやられる

ガロウには圧勝だった怪人王オロチ。しかし、人類最強と思われるサイタマの前には全く歯が立ちませんでした。

先述の通り、怪人王オロチがサイタマと対峙した際には、一目見ただけでサイタマの異常な強さを察知し、”本気モード”に形態変化し、サイタマに猛攻撃を仕掛けます。

しかし、元々の耐久力が異常なほど高いサイタマの前には、あらゆる攻撃が効きません。

劇中では激闘のようにみえましたが、サイタマの方は負った傷といえば”マントが焦げた”くらいで、外傷は全くありませんでした。

最後には、サイタマの”普通のパンチ”により、身体に風穴を空けられてしまい、顔だけになるほど全身が粉々になり、絶命したように見えました。

オロチはとっても強い。しかし、戦う相手がサイタマだったのが運の尽きでしたね(笑)

結局オロチは弱いのか?

サイタマに一撃で葬られてしまった怪人王オロチは、結局のところ強いのか、弱いのか考えてみましょう。

まともに怪人王オロチの戦闘シーンが描かれたのは、

  • ガロウとの戦闘
  • サイタマとの戦闘

これらのみなので、はっきりいって判断材料がほとんどありません。

しかし、怪人王オロチとガロウが戦った際は、ガロウはいくつもの死線を超えてきて、初登場時よりもかなり強くなっていましたね。しかも、この状態のガロウに対して”準本気モード”で戦って圧勝したということは、おそらくヒーロー協会のS級ヒーローでも怪人王オロチを倒すことは不可能に近いと考えられます。

一方、サイタマ戦では怪人王オロチの攻撃は全く通用することが無く、サイタマの”普通のパンチ”一発で消し飛んでしまいました。

これらから考えると、単純に言えば

サイタマ > 怪人王オロチ > ガロウやS級ヒーロー

ということになりますが、サイタマはもはや全宇宙で最強かもしれませんので、

サイタマ > >>>怪人王オロチ > ガロウやS級ヒーロー

ということになると思います。

ですので、サイタマにやられはしましたが、怪人王オロチは決して弱いわけではなく、

サイタマが強すぎただけ。相手が悪かった。

といえるでしょう。

怪人王オロチの正体とは

オロチの正体は、実は元々は普通の一般人だったことがギョロギョロの発言によって判明しました。

人間だった頃の怪人王オロチは、常に自身の中に破壊衝動を秘めていたらしく、彼の前に現れたギョロギョロの本体「サイコス」にそれを見抜かれ、怪人としての道を歩み始めることになります。

その当時、ギョロギョロは怪人をさらに強くするための実験を行っていて、遂に怪人強化の方法の確立に成功します。

それは、「何度も何度も「死」を乗り越え、凄まじい執念で知能の低下なども起こさずに次のステージに進みつづける」というもの。

この実験結果に基づき、怪人王オロチは現在の地上最凶生物にまで進化を遂げたということです。

劇中のガロウの成長過程を見ても、敗北する度に強くなっていってる気がしますよね。あれは伏線だったということでしょうか。

しかし、それにしてもサイタマの強さについては不明点が多すぎますね(笑)サイタマの強さは、死線を乗り越えてきたわけでもなく、普通のトレーニングで獲得したものです。

この件については、また別の記事で考察してみたいと思います。

【ワンパンマン】怪人王オロチの正体や強さを考察!オロチ戦を徹底解剖 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、村田版ワンパンマンに登場する、怪人協会のボス「怪人王オロチ」の強さや正体、災害レベルなどについて徹底解説させていただきました。

サイタマには”普通のパンチ”であっさりと仕留められてしまいました。しかし、繰り返しになりますが、

戦う相手が悪かった

この一点に尽きると思います(笑)

実際、怪人王オロチ vs ガロウのシーンでは、すでにかなりの成長を遂げていたガロウを圧倒していましたからね。

オロチが弱いんじゃないよ!サイタマが強すぎるだけだよ!

今後怪人王オロチはどのようにヒーロー協会に立てつくのでしょうか!?活躍が期待されるキャラの1人でしたね^^

ワンパンマンのキャラ中でオロチの強さはいかほどか?下記記事で解説していますのでどうぞ。

合わせて読みたい

 

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です