ワンパンマンのネタバレ170話 超能力の頂上決戦

こんにちは、こーです!

今回は、ワンパンマンの170話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前話で、ガロウとクロビカリが対戦し、ガロウに覚醒の兆しがありましたね。

今回のお話は、タツマキとサイコスが対戦する話です。

 

【171話】公開日未定<<◆>>【169話】はこちら

 

以下、ワンパンマン【170話】のネタバレを含む内容になっております。

ワンパンマンのネタバレ【170話】

激突するタツマキとサイコス

S級ヒーロータツマキは怪人ギョロギョロを倒し、微かに残った念波を頼りに
その本体の居場所を見つけ、真の支配者と称して地下深くに隠れていた
サイコスを引きずり出そうとしていました。

その力に耐え、そんなことは不可能だ…と高を括っていたサイコスの体を
緊縛すると、簡単だと言って一気に引き上げます。

しかしサイコスも負けておらず、逆にタツマキを引きずり降ろします。

一方…前回から引き続き、トロッコに乗って怪人王の元へ向かうサイタマと
S級ヒーロー閃光のフラッシュ。

せっかくだから…と、サイタマはトロッコの運転と道案内をさせている一つ目の怪人にガイドらしいことをするよう求めます。

渋々ガイドを始め、右手側を見るように誘導した瞬間、
ドォンと大きな音を立てて地面が突き破られました。

突然の出来事に意識を失う一つ目の怪人、驚くフラッシュ、冷静なサイタマ。

ここでフラッシュは「何だ今のは…!?」と言っているのに対し、サイタマは(人間…?)と視認できているね。

こんなところにも力の差を感じさせる描写が出てきてるね。
それにしてもガイドのタイミングがドンピシャ(笑)

お互いを引きずり合い、球状の障壁でバチバチと音を立てながら
ぶつかり合うタツマキとサイコス。

引きずり出されたことで激しく怒るサイコスに対し、
知ったことではないと軽く流し、最高幹部の息子以外にもう1人存在する
人質の行方について質問します。

再生を始めるオロチ

怪人協会によって人質となり、後にガロウによって助け出されたタレオは、
S級ヒーローキングと出会っていました。

キングエンジンが鳴り響く中、キングはタレオを凝視します。

戦闘態勢に入ると鳴り響くと言われているキングエンジン…

その正体は、ただの極限状態によって起こる
心臓の鼓動音っていうやつね…。

助けに来てくれた、と喜びながら駆け寄ってくるタレオに
「動くなッ」と叫び、静止させる。

目を細め、全てお見通しと言わんばかりに凄まじい形相でタレオを睨み付け、
既に正体に気付いていると言い放ちます。

恐怖のあまりタレオの後ろで透明化していた怪人が姿を現し、
どうしてバレたのか理解できずにいましたが、キングエンジンと
キングの睨みに耐え切れず、降参して逃げて行きました。

キングは臆病って話だけど、鳴り響くほどの鼓動音って
相当大きな音だろうから、やっぱりタダ者じゃないね…。

その音や威圧感、存在だけで敵を退けるなんて
十分すごいし、才能だよね。さすがキング!

キングは息を整えると、タレオと手を繋ぎながら先へ進みました。

 

キングの元から逃げて行った怪人は、道端に落ちていた怪人王オロチの
一部と思われる肉片に取り込まれてしまいます。

再生のために血を求め、あらゆる場所で怪人を無差別に取り込み始めました。
タツマキとサイコス両名の強い力の波動を感じたオロチは、
さらなる力を求めてそこへ向かおうとします。

オロチって確かサイタマのワンパンチを食らって
死んだはず…まさか生きてるなんて…!!

心臓部のみだったけど、さすが怪人王なだけあるね。

オロチとの結合

タツマキとサイコスの戦闘は周りへの被害を考慮せずに繰り広げられており、
攻撃に巻き込まれた怪人は消し飛んでしまいました。
タツマキは障壁でガードし、質問に答えるようサイコスを緊縛しました。

 

一方で、タレオを連れて階段を上り地上を目指すキングは、
あまりにも長い階段地獄に息切れし、息も階段も上がれば上がるほど
キングエンジンは大きく鳴り響いていました。

本人は必死に階段を上ってるだけなのに、タレオには
常に戦闘態勢に入ってると思われてる(笑)

イメージ崩さないよう弱音吐かずに頑張ってるね。
顔は崩れてるけど(笑)

タレオはエレベーターを発見し、息も絶え絶えになっていたキングは、
天の恵みに命拾いしたという表情で乗り込みました。

オロチの肉片が這いずりながら近付いていることに気付かずに…。

 

その頃、タツマキは得意のねじ切り技でサイコスの体を封じ、
人質やアジト内の部外者について吐かせました。

タツマキは発信機に搭載されていた通話機能で他のヒーローに呼びかけたが、
返答があったのはA級ヒーローアマイマスクただ一人。

 

アマイマスクは怪人に洗脳されてしまった傭兵部隊を救えなかったことを
報告してきました。

しかしタツマキは、救えなかった理由を説明するアマイマスクに
「アンタに落ち度がある」と言って突き放します。

それに対し、「誰にも救えなかった」「人員を割けばこの作戦そのものが
失敗していた」と答えるも、そもそもアマイマスクに言い争いをしている
暇はなく、厄介な敵幹部と交戦中のため応援が欲しいと伝えます。

そんなに厄介な怪人なの!?

相手は怪人「ブサイク大総統」で、アマイマスクは極度の
ブサイクを見ると動けなくなってしまうからね…。

タツマキは応援要請を断る際、さきほどアマイマスクが
言った言葉をそっくりそのまま使い、人員は割けないと返します。

言い争いが絶えないどころか助けに来る気配もないので、
アマイマスクは別のヒーローに助けを求めるけど、
誰からの返答もありませんでした。

タツマキは他のヒーローを非力だと見下してるし、
作戦会議のときアマイマスクに文句言ってたもんね。
無視されてたけど…あ、だから余計怒ってたのか。

突入直前もアマイマスクは「自分で何とかできないなら
帰ってくれる?」ってタツマキの意見に同意してたからね。
自業自得なとこあるから仕方ないね。

そんな言い争いをするほど余裕のあるタツマキを見て、勝った気でいる今なら
隙がある…と周りを見渡したサイコスは何かに気付きます。

「まだ…勝機はあるぞ!!」

すると、四方八方からタツマキを狙った集中攻撃により、
サイコスの緊縛が解除されてしまいます。

そしてその攻撃は、全てオロチの肉片が怪人を食うことで得た血肉により
成長した姿で、サイコスは生きていたオロチのその姿に歓喜しました。

「さあ来い…結合するんだ」

タツマキに勝つため、サイコスはオロチとの結合を自ら望み、
両手を広げながらオロチの元へと落ちていきました。

ワンパンマンのネタバレ170話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ワンパンマンの170話のネタバレと感想について
書かせていただきました。

まさかのオロチ復活とは…
しかし、そうでなくては面白くありませんね!

タツマキは人質の存在を気にしていたので、
それさえ解決すれば本領発揮しそうですね。

以前、怪人ジャガンを倒すときに、周りのヒーローを
巻き添えにして文句言われてたけど、タツマキは
「何で私がアンタ達を守らなくちゃいけないの?」って
言ってたから、自分の身は自分で守れって思ってそう。

オロチとサイコスは結合し、完全復活するのか?
タツマキはオロチ&サイコスを倒せるのか?

キングはタレオを安全な場所まで送り届けることができるのか?
サイタマはその場に間に合うのか?

そして、アマイマスクはピンチを乗り越えられるのか?

続きが気になりますね。
今後の展開に期待しましょう!

 

【171話】公開日未定<<◆>>【169話】はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です